ししとうの栄養価と効果は?調理法のオススメはコレ!


「ししとうに、含まれている栄養や、
 その効果・効能って、どんなの?」


なんて疑問を、抱えてませんか??


ししとう(シシトウ)


7月から8月にかけて旬を迎える、
夏の野菜・ししとう(シシトウ・しし唐辛子)!

たま~に、メチャメチャ辛いモノに当たって、
ウギャッ!となってしまうこともありますが、
それも含めて好き、なんて人も多いですよね^^


今回は、そんなししとうに
含まれている栄養や、その効果効能

さらには、ししとうの栄養を効率よく
摂取するための、オススメの食べ方&
調理法
について、ドドン!とまとめました♪

スポンサードリンク


ししとうの代表的な栄養成分5つ!効果&効能も!


1. ビタミンC


レモン


ししとうに含まれている栄養素で、
まず押さえておきたいのが100グラム中
90mgと豊富に含まれているビタミンC!


ビタミンCには、私たちのカラダの
免疫機能を高め、疲労を回復してくれる
効果・効能があると言われているので、

風邪の予防や、ししとうの旬にもあたる
夏バテ防止のためにも、積極的に摂りたい
栄養素ですね^^


また、ビタミンCにはメラニン色素
分解してくれるはたらきもあるので、

シミなどが気になる方にはもちろん、
夏の日焼け対策にも効果が期待できるのが
うれしいトコロ!


こう考えると、ししとうを食べるのに
オススメの時期は、やっぱり旬の夏だと
言えそうですね♪

スポンサードリンク


2. β-カロテン(カロチン)


葉付き人参(にんじん・ニンジン)


また、ししとうには体内でビタミンAに
変化する、βカロテンも豊富に含まれていて、
このベータカロテンには、

活性酸素の作用を抑える働きがあるので、
私たちのカラダが、老化(酸化)するのを防ぐ
効果・効能があると言われています。


それから「ビタミンA」という
キーワードを聞いて、ピンときた方も
いらっしゃると思いますが、

βカロテンは、目や髪の毛の健康を
維持するのに、とても大切な栄養素。

ほかにも、βカロテンにはビタミンC同様、
免疫力を高めて風邪を予防したり、動脈硬化
予防にも効果があると言われているんですよ^^


3. カプサイシン


唐辛子(とうがらし)


先のビタミンCやβカロテンももちろん
大切な栄養素ですが、より「ししとうらしい」
という意味では、

このカプサイシンという成分を
見逃すわけにはいきませんね^^


ししとうには「獅子唐辛子」という
名前からも想像できるように、唐辛子と
同じく、カプサイシンが含まれているので、

私たちのカラダの新陳代謝を促進して、
脂肪を燃焼させてくれる、ダイエット効果
期待できます。


ちなみに、トウガラシの前についている
「獅子」は、ししとうの先端(先っぽ)の
カタチが、獅子の頭に似ていることから、

この名前がついたと、言われています♪


4. カリウム


バナナ


それからししとうには、ミネラルの
一種であるカリウムも、100グラムあたり
370mgと、たっぷり含まれています。

カリウムには、私たちの体内の余分な
ナトリウム(塩分)を排出してくれる
はたらきがあり、むくみ高血圧に有効。


またシシトウの旬である、夏の時期には、
汗とともにカリウムが体外に出てしまい、
コレが夏バテの原因になることもあるので、

夏バテ知らずのカラダを作るためにも、
ししとうをしっかり食べて、カリウムを
バッチリ補給したいですね^^


5. ビタミンK


納豆


こちらはちょっと聞きなれないかも
しれませんが、ししとうにはビタミンK
という名前の栄養素も含まれていて、

このビタミンKには、血液を固めて
血を止めたり、カルシウムの吸収を助けて
骨を丈夫にしてくれる働きがあります。


コレをふまえると、ビタミンKは夏休みに
外で遊びまわり、転んでケガをすることもある
子供たちに、ぜひ摂ってもらいたい栄養素。

シシトウ単体では、なかなか好んで食べる
お子さんも少ないと思うので、このあと
ご紹介するオススメの食べ方なども参考に、

毎日の食卓に、ししとうを上手いカタチで
取り入れていきたいですね^^


もちろん、外出の機会は少なくとも、
どうしても年を重ねるごとに、
骨が弱くなってしまう高齢者の方にも!

このししとう(ビタミンK)は、
カルシウムを含む食材と一緒に
積極的に食べてもらいたいトコロです♪

スポンサードリンク


その他の栄養素もチェックしておこう!



  • 食物繊維
  • ナイアシン
  • ビタミンP


そのほかにもシシトウには、腸内の
掃除をしてくれる食物繊維や、糖質や
脂質の代謝に働きかけてくれるナイアシン

さらには、毛細血管を丈夫にしてくれる
ビタミンPなど、数多くの栄養素が含まれています。


特にビタミンPは、シシトウにたっぷりと
含まれているビタミンCのはたらきを助け、
さらに強くしてくれる効果もあるので、

ししとうの栄養素を語るうえで
ぜひとも押さえておきたい、
イチオシの成分ですね^^


ししとうの栄養価を損なわないオススメの調理法は?


調理するときに注意したいポイント


鍋とコンロ(沸騰したお湯)


で、ししとうの栄養価を効率よく
摂取するための調理ポイントは
短時間で、チャッと加熱すること!

ししとうには、熱に弱い栄養素が多く
含まれているので、熱を通す時間を
極力短くすることで、

それらの栄養素が失われてしまうのを、
ある程度防ぐことができます。


また、加熱しすぎるとシシトウの
せっかくの鮮やかな色や香りが、
損なわれてしまうので、

これも、シシトウに熱を通す時間を
できるだけ短くしたい、理由の1つです。


ただし先ほど2番目に説明した
βカロテンは、油と一緒に炒めると
吸収率がアップしますし、

最後のほうに出てきたビタミンPには、
熱に弱いビタミンCを、その熱から
守ってくれるはたらきもあるので!

個人的には、火を通す時間に対して、
そこまで神経質になる必要はない
思いますね^^


具体的なオススメメニュー




で、今言ったことをふまえたうえで、
ししとうを使った、具体的なオススメの
メニュー
(料理)をあげるなら、

油でチャッと炒めたししとうを、
いつもの料理にアクセント的に
加えて食べるのが、イチオシ!


ですので、


  • 夏野菜カレー(上の動画を参考に!)
  • ししとうと茄子(ナス)の味噌炒め
  • チンジャオロースならぬ、豚肉&ししとうの炒め物


このあたりは、ししとうとの相性も
バツグン
で、かなりオススメですね^^


ちなみにシシトウは、そのまま
加熱すると中の空気が膨張して、
破裂してしまうことがあるので、

それを防ぐために、熱を入れる前に
竹串などを使って、あらかじめ数か所に
穴をあけておくとGood!です♪

スポンサードリンク


まとめ&こちらも夏が旬!オクラと冬瓜の栄養は?


今回はししとうに含まれている
栄養と、その効果・効能に加え、

ししとうの栄養素をより効率的に
摂取できる、オススメの調理法
メニューについてご紹介してきました。


最後にもう一度、今回の内容を
ギュッ!と凝縮してまとめると、
こういったカタチになりますね。


ししとうの代表的な栄養成分と効能は…

  1. ビタミンC:夏バテ防止・日焼け対策
  2. カロチン:アンチエイジング・動脈硬化予防
  3. カプサイシン:新陳代謝の促進
  4. カリウム:むくみ解消・高血圧の改善
  5. ビタミンK:カルシウムの吸収を助ける

栄養を効率よく摂取できるおすすめメニュー

  • 夏野菜カレー
  • ししとうとナスの味噌炒め
  • 豚肉とシシトウの炒め物


ちなみにスーパーなどで、美味しい
シシトウを選ぶときのポイント
(選び方・見分け方)は、

なるべく緑色が濃くて、カタチは
細く小さめのモノをチョイスすること。


さらに見た目にツヤがあり、ニオイを
嗅いでみて香りがハッキリとしていれば、
なおカンペキです^^

逆に、あまりに大きかったり
硬くなってしまっているモノは、風味や味が
落ちていることが多いので注意しましょう。


ということで引き続き、こちらも夏が旬の
野菜である、オクラと冬瓜の栄養と効能
気になる人は、以下の2記事をどうぞ^^

オクラの栄養!夏バテに効果的なのは?オススメの食べ方は?オクラの栄養!夏バテに効果的なのは?オススメの食べ方は?

ネバネバが特徴の夏が旬の野菜・オクラに含まれる栄養素と、その効果や効能、さらにはオクラの栄養を効率的に摂取&活かすための、オススメの食べ方についてご紹介しています。

冬瓜の栄養と効能は?旬の夏にはこんな食べ方がオススメ!冬瓜の栄養と効能は?旬の夏にはこんな食べ方がオススメ!

みずみずしい食感とサッパリとした味わいが人気の、冬瓜に含まれる栄養や、その効果・効能、さらには旬の夏に食べたい、オススメの食べ方やレシピについてまとめています。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ