鍋に入れる人参の切り方は?超オススメの場面別3パターン!


鍋に入れる人参の切り方を3パターン、
それぞれの切り方を用いるオススメの
シチュエーションとともに紹介します!


鍋 人参 切り方


鍋料理に鮮やかな彩りを与えてくれる
という意味で、欠かせない野菜といえば
人参(にんじん・ニンジン)!

…なんですが、他の具材と比べて火が
通りにくい&固い
ので、切り方に悩む、
なんて人も多いのではないでしょうか。



実際僕自身も、料理に慣れないうちは
切り方を間違えて、人参だけ生煮え…
なんて経験を何度もしてきたので(笑)



そこでココでは、あなたが僕と同じ
失敗をしないように、鍋に入れる
人参の切り方を全部で3パターン

それぞれの切り方を用いる場合の
おすすめシチュエーション(場面)も
あげながら、ドドン!とまとめました。



なお、こちらも鍋の定番具材である、
しいたけと白菜の切り方については、
以下の別記事で解説していますよ^^↓

しいたけの切り方!鍋に入れるならコレ!わかりやすい動画も!しいたけの切り方!鍋に入れるならコレ!わかりやすい動画も!

しいたけを鍋に入れるときのオススメの切り方について、動画も交えながら解説しています。さらに記事内では、しいたけの傘に切り込みを入れる理由(3つ)もご紹介していますよ。

鍋に入れる白菜の切り方は?コレじゃないとクレームが!?鍋に入れる白菜の切り方は?コレじゃないとクレームが!?

美味しくて、さらに鍋パーティーの参加者から「芯が硬い!」なんてクレームも出ないオススメの白菜の切り方を、解説と動画を交えながらご紹介しています。


まずはさっそく、定番中の定番である
「いちょう切り」の切り方とオススメ
シチューションから見ていきましょう!


スポンサードリンク


用途別!鍋に入れる人参の切り方オススメ3パターン!


切り方1. いちょう切り:迷ったらとりあえずコレ!




【いちょう切りの手順】

  1. 皮をむいて、十字に切る
  2. 切り口を下にしておき、
    一定の幅になるように切る

【おすすめのシチュエーション】

  • どんな場面でも使える、
    オールマイティーな切り方!


鍋に入れる人参のオススメの切り方、
まず1つ目にご紹介するのは、
おなじみのイチョウ切り。



鍋に使う人参の切り方としては、
かなりテッパンですが、もう1つの
定番の切り方・短冊切りと比べると、

切る厚さ・大きさにもよりますが、
火が通りやすく美味しく食べられるのが
よりイチオシできるポイント。



なお、切るときは上の動画のように
縦半分ずつ、まとめて切っていくと、
効率よく作業を進められますよ。

目新しい要素こそありませんが、
鍋に入れる人参の切り方で迷ったら
まずはコレ!という定番の方法ですね^^


続いてご紹介するのは、とくに
お客さんをおもてなしするとき
オススメの、あの切り方です。


スポンサードリンク


切り方2. 飾り切り:鍋でおもてなしをするならコレが最強!




【飾り切りの手順】

  1. 厚さ1cm程度の輪切りにする
  2. 花(梅型がGood!)の型で抜く
  3. 中心から花びらのあいだに
    向かって切り込みを入れる
  4. 上の動画のように切り込みを
    斜めに削(そ)いでいく

【おすすめのシチュエーション】

  • 来客(ゲスト)に鍋でおもてなしを
    するなら、この切り方が最強!


鍋用人参のオススメの切り方、
続いては飾り切り(花形・飾り人参)。

輪切りにした人参を、型抜きを使って
梅のカタチにし、上の動画のように
切り込みを入れていきます。



ちなみに、切り込みを入れるのは
火が通りやすくなる、とかそういう
意味ではなくて


シンプルに花びらが立体的になって
綺麗に見えるというのが、大きな
理由のようですね。



(とはいえ、多少は人参の表面積が
 増えるので、火の通りも良くなる
 と思いますが)



今回ご紹介している、ほかの2つの
切り方と比べ、少し手間と時間
かかりますが、

友達夫婦や旦那さんの仕事仲間などを
自宅に招き、鍋でおもてなしをするとき
には、やっぱりこの飾り切りが最強!



実際、僕も人様の家にお呼ばれした際
飾り切りされている人参の入った鍋が
出てきたら、声には出さずとも、



「お~スゴい!綺麗でオシャレ!」



と、心の中で毎回叫んでますからね。



もちろん、梅の花のカタチ以外にも
そのときのシチュエーションに合わせて
桜やハートの型にくり抜くのも、

いつもの鍋とはまた違った可愛らしさや
華やかな雰囲気がプラスされるので
Goood!です。



ちなみに、このとき使う型抜きとしては
下のようなプラスチック製のキャップ
付いたアイテムだと、

型抜きをする際に、手で強くギュッ!
と押さえても痛くないし、手に跡も
つきにくいのでオススメですよ^^↓



⇒型抜きのとき痛くない&食器洗い
 乾燥機対応!野菜の型抜きセット



そして、最後にご紹介するのは、
個人的に一番のオススメである
ピーラーを使った超簡単な切り方です!


切り方3. ピーラー剥き:個人的に一番のオススメ!




⇒大げさじゃなく感動の切れ味!
 貝印のT型ステンレスピーラー



【ピーラーを使った切り方の手順】

  1. ピーラー(皮むき器)を使って、
    ひたすら人参を薄く削いでいく
  2. 以上!笑

【おすすめのシチュエーション】

  • 友達との鍋パーティーや、子供と
    一緒に料理をするときに大活躍!


鍋に入れる人参のオススメの切り方、
最後にご紹介するのは、ピーラー
(皮むき器)を使って、

人参を「切る」というより、
ひたすら薄く「削ぐ」やり方。



ココまでの2つの切り方もイイんですが
それだと冒頭でもチラッと触れた通り

人参自体が火の通りにくい食材のため、
ちょっと仕上がりが固くなってしまう
ケースがあるのも事実なんですよね^^;



ソレに比べて、ピーラーで人参を
薄く削いでいくこの方法なら、鍋に
入れる人参が極限まで薄くなるので、

火がすぐに通って柔らかく&食べやすく
なりますし、鍋のダシ(味)もジュワッと
染み込んで最高にオイシくなります。



さらに、この切り方は食べたときの
美味しさだけにとどまらず

鍋の準備をするときも、何かと便利で
楽しいのが、オススメできるポイント!



例えば、友達がたくさん家に集まって
鍋パーティーをするとき、みんなで
下ごしらえをするコト、ありますよね。



そんなとき、動ける人の数と包丁の数が
釣り合わず、中には手持ちぶさたな人
どうしても出てきちゃうと思うのですが、

この切り方を採用するのであれば、
ピーラーさえあれば、とりあえず
一人分の役割が確保されます(笑)


スポンサードリンク



コレなら普段料理をしない子にも、



「とにかくピーラーで薄く削いで、
 このボウルの中に入れてって!」



てな感じで、カンタンにお願い
(あるいは指示)できますしね。



同様に、少し大きくなったお子さんが
いらっしゃる家庭なら、ママやパパが
他の具材を包丁で切っているあいだに、

子供にピーラー(皮むき器)を託して
人参の下ごしらえをやってもらう
っていうのもアリですよね。



ただしその場合、100均などの安い
ピーラーだと、人参の表面で刃が
スベって
ヒヤリとすることがあるので、

この章の最初に載せたような、
専門メーカーの信頼できるアイテムを
前もって用意しておくと良いでしょう。



で、この切り方だと鍋に入れる前は
フワッとした見た目になるので、相当
ボリュームがあるように見えますが、

いざ鍋に入れて火を通せば、すぐに
しんなりして
イイ感じに落ち着き、
しかもバッチリ美味しく仕上がります。



参考までに、僕はよく女の子も含めた
4,5人程度で鍋パーティーをすることが
あるのですが、

この切り方なら、スーパーで売っている
大きめサイズの人参丸々1本が、いつも
あっという間になくなっちゃいますよ^^



一度、今回の内容をまとめましょう!


スポンサードリンク


まとめ&鍋がさらに美味しくなる4つの裏ワザ!


今回は鍋に入れる人参の切り方を、
全部で3パターン

具体的な手順と、その切り方を使う
オススメのシチュエーションとともに
ご紹介してきました。


最後にもう一度、今回ご紹介した
人参の3つの切り方をまとめておくと、
こういったカタチになりますね。


人参の切り方おすすめの場面
いちょう切り迷ったらとりあえずコレ!
飾り切り鍋でおもてなしするならコレが最強!
ピーラー剥き個人的にイチオシ。鍋パーティーなどに!


ちなみに、鍋のシメにラーメンを
入れる場合も多いと思いますが、
そのときはラーメンの麺ではなく、

焼きそばの麺を使うと、伸びずに
美味しく食べられるので一押しですよ。



このあたりは、下の「いつもの鍋を
もっと美味しくする4つの裏ワザ」

記事の中でくわしく解説しています。



…とはいえ、4つのうち1つ
今回の切り方についてですし、
もう1つは今の「麺」についてなので、

残る裏ワザは実質2つ
なっちゃうんですけどね(笑)↓

鍋の美味しい作り方!いつもの鍋が簡単にウマくなる裏技4選!鍋の美味しい作り方!いつもの鍋が簡単にウマくなる裏技4選!

いつもの鍋がもっと美味しくなる、4つの裏ワザ(コツ)をご紹介しています。どれもカンタンに実行に移せるものばかりですので、ぜひ今晩の鍋から試してみてくださいね。

スポンサードリンク
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ