バレンタイン!生チョコで有名なブランドは?ベスト5ランキング!


2017年のバレンタインに使える、有名&
人気の生チョコブランドを、ベスト5の
ランキング形式にしてシェアします!


生チョコ(有名ブランド)


生チョコって、比較的カンタンに手作り
できるコトもあって、チョコの中でも
相当メジャーな存在だと思うのですが、

じゃあ、生チョコレートを取り扱う
ブランドも、沢山あるのかというと、
実はそうでもないんですよね^^;



そこでココでは、バレンタインデー
プレゼント(本命チョコや友チョコなど)
にはもちろん、自分チョコにも使えちゃう、

生チョコレートの取り扱いがある、
有名&人気ブランドを、ベスト5
ランキング形式にしてまとめました^^



ということで、さっそく第5位には、
ニューヨーク土産の定番ともいわれる、
あの生チョコレートが登場します!


スポンサードリンク


バレンタインに使える!有名生チョコブランドベスト5!


第5位:5th Avenue Chocolatiere




5th Avenue Chocolatiere
6個入り生チョコ



バレンタインに使える、生チョコの
有名&人気ブランドランキング、
第5位は、5th Avenue Chocolatiere。

日本語で、
フィフスアヴェニューチョコラティア
と読む、アメリカNY発のブランドです。



で、5thアヴェニューチョコラティアは
もしかしたら知名度的には、まだまだ
それほど高くはないかもしれませんが、



  • ニューヨーク土産の定番アイテム
    として良く知られている
  • 国際線の機内食のデザートとして
    出されている(ANAやJALのNY発
    ファースト&ビジネスクラス)
  • CA(キャビンアテンダント)からの
    人気もバツグン


こんな感じで、プレゼントしたくなる
(or自分で買って食べてみたくなる)、
魅力的なポイントが盛りだくさん!

…にもかかわらず、日本国内には
常設店舗がないという、「レア」
チョコレートです(生チョコだけに)。



ただ、上にあげたポイント以外にも、
5thの生チョコはパッケージがキレイ
舌触りも滑らか(&セクシー)ですし、

(ニューヨークのブランドというだけで
「SATC(セックスアンドザシティ)感」
 出るのも、お洒落でイイですよね)




バレンタインシーズンにもなれば、
高島屋などの催事場にも並ぶくらい、
味や品質についても間違いないので、

未だ(いまだ)5thの生チョコ未体験、
という人は、今年のバレンタインに
ぜひ一度食べてみてもらいたいですね。



なお、5thアベニューチョコラティアは
ブランド名が長くてややこしいため、
ネットで商品を検索しようと思っても、

文字揺れなどで、上手く検索結果に
出てこないときがある、というのが
悲しいあるあるネタだったりします(笑)



あっ、コレを読んでいるあなたは、
この章の最初にのせた画像から、
販売ページにジャンプできますよ^^

続いて第4位は、神戸に本社をおく、
あの国内有名ブランドの生チョコ!


スポンサードリンク


第4位:モロゾフ (Morozoff)

Shingoさん(@shingo_ike)が投稿した写真



バレンタインに使える、生チョコの
有名&人気ブランドランキング、
第4位はモロゾフ(Morozoff)。



「モロゾフ自体は知ってるけど、
 生チョコなんて売ってたっけ?」



と思われた人も(以前の僕を含め)
きっと多いと思いますが、

モロゾフには、
「ル・ショコラ(Le Chocolat)」という
名前の生チョコシリーズがあります。



で、モロゾフの生チョコは、
チョコの「厚み」が絶妙なのが、
オススメできるポイント!



というのも、
上の画像を見てもらっても分かる、
厚すぎず薄すぎない、絶妙な厚みが、

口に入れたときの滑らかさや、
溶けていくときの幸福感を、さらに
アップさせてくれるんですよね。



ちなみに、
気になるフレーバーは、



  • ミルク (ベーシック)
  • セミスイート (コニャック風味)
  • グリーンティー (抹茶入り)


この3種類あって、これら全てが
詰め合わせになったアソートメント
あるので、買うならソレが一押しかな。



なお、1つ豆知識をご紹介しておくと、
日本で初めてバレンタインチョコを
発売したのは、実はモロゾフ。

実際にモロゾフのWebサイトには
こんな記載があるんですよ。↓


モロゾフが生まれたのは1931年(昭和6年)8月。西洋文化の洗礼を受けた港町神戸で、お洒落でハイカラなチョコレートの製造販売を始めました。翌1932年には日本で初めてバレンタインチョコレートを発売。

出典:http://www.morozoff.co.jp/quality/valentine/


「お洒落でハイカラ」っていう文面が、
当時の雰囲気をよく表している感じが
して、何かスゴくイイですよね^^

続いて第3位は、ネットで大人気&
TVや雑誌でも良く取り上げられている、
(こちらも)神戸発のブランド!


スポンサードリンク


第3位:神戸フランツ




神戸魔法の生チョコレート(R)
プレーン



バレンタインに使える、生チョコの
有名&人気ブランドランキング、
第3位は神戸フランツ。

神戸フランツは、



  • 魔法の壺プリン (←オススメ!)
  • 半熟チーズケーキ
  • 神戸苺トリュフ


などなど、生チョコ以外にもたくさんの
売れ筋商品を抱える、ネット通販で相当
有名な、お取り寄せブランド



そして、生チョコについても、
神戸フランツのソレは、
文句なしにクオリティ抜群。



具体的には、まずは口に入れた瞬間の
表面にまとわれた、ココアパウダーの
上品なほろ苦さ

続いて、メインとなる生チョコの、
心の底まで幸せな気分で満たされる、
やさしい甘さ



そして最後に、口の中で生チョコが
スッーと消えていくのがわかる、
滑らかな口どけの良さと、

1粒で3度の「美味しいハッピー」
味わえる、イチオシの生チョコです。



神戸フランツは、メディアへの露出も
多いぶん、逆に「食わず嫌い」
なっている人も多い印象がありますが、

一度食べれば、その美味しさに
納得すること間違いなし!



ですので、プレゼントにはもちろん、
未経験の人はぜひ一度、ご自身の舌でも
その味を確かめてもらいたいですね。



なお、章冒頭にのせたのは、シンプルな
プレーンですが、イチゴと抹茶も入った、
下の3種類セットもおすすめ。

特にイチゴはプチプチとした食感と
甘酸っぱさがクセになるので、
個人的に推したいフレーバーです^^↓



生チョコレートタワー


第2位は、モロゾフ同様、生チョコの
取り扱いがあるのを知らない人も多い、
ベルギーの高級チョコレートブランド!


第2位:ピエールマルコリーニ (PIERRE MARCOLINI)


ピエールマルコリーニの生チョコ


バレンタインに使える、生チョコの
有名&人気ブランドランキング、
第2位はピエールマルコリーニ。



ピエールマルコリーニは、チョコの
リサーチをチョコッと(!)でもした
経験のある人ならご存知のとおり、

ココ数年で一気に知名度を上げてきた、
「超」が付くほど有名な、ベルギーの
高級チョコレートブランド。



…なんですが、モロゾフ同様、意外と
ピエールマルコリーニに生チョコがある
コトを知らない人も多かったりします。

ただ、ピエールマルコリーニは、
僕らの期待を裏切らず、生チョコに
ついてもその品質の高さはピカイチ。



例えばなんですが、
一般的な生チョコレートって
冷蔵庫に入れて保存しておくと、

取り出してから、食べごろの
柔らかさ
になるまでに、どうしても
少し時間がかかりますよね。



でも、ピエールマルコリーニの
生チョコは、冷蔵庫から取り出して
スグのタイミングでも、

スッと滑らかにピックが挿(さ)せて、
極上の口溶けを堪能(たんのう)する
コトができちゃうんです。



コレも、ピエールマルコリーニが
生チョコに使う原材料に、一切の妥協を
許していない証(あかし)ですよね。



それから以前、テレビ番組
TOKIOカケル(だったはず)のゲストに
女優の真木よう子さんが出ていて、

ソコで真木さんがこの生チョコを食べて
超幸せそうな表情を浮かべていたのも、
個人的にはスゴく印象に残ってます^^


スポンサードリンク



そして、栄光のランキング第1位は、
百貨店の北海道物産展でもおなじみの、
あの国内ブランドの生チョコレート!


第1位:ロイズ (ROYCE’)




ロイズ ROYCE’
生チョコレート オーレ



バレンタインに使える、生チョコの
有名&人気ブランドランキング、
第1位はロイズ(ROYCE’)。



ロイズは、北海道生まれ
日本のブランドで、



「生チョコといえば、ロイズ!
 ロイズといえば、生チョコ!」



というイメージを抱いている人も
メチャメチャ多い、生チョコメイン
超有名ブランドですよね。



個人的には、日本人の奥さんと
結婚した、スイス人の旦那さんが、



「日本には、(スイスにあるような)
 美味しいチョコなど存在しない!」



と思っていたのにも関わらず、あるとき
ギフトとして貰ったロイズの生チョコを
食べてみたら、スゴく気に入って

気づいたら、奥さん以上にパクパクと
食べていたっていう、知る人ぞ知る
エピソードが大好きです(笑)



ただ、ロイズの生チョコが持っている、
唯一の欠点(ウィークポイント)として、

種類が豊富すぎて、初めて買うときに
どれを選べばよいのか迷ってしまう人が
かなりいるという点があげられます。



そこで、ロイズの生チョコについては、
人気&おすすめの種類を、こちらも
ランキング形式(ベスト10)にして、

それぞれのフレーバーの特徴や、
イチオシポイントと一緒にまとめた、
別の特集記事をご用意しました。



なので、今年のバレンタイン候補
ロイズの生チョコも入っている(or
コレを読んで今入った!)という人は、

以下の記事も、どのブランドの
生チョコを最終的にゲットするかの
判断材料に使ってくださいね^^↓

ロイズの生チョコランキング!人気の種類は?おすすめは?ロイズの生チョコランキング!人気の種類は?おすすめは?

人気&おすすめのロイズの生チョコの味の種類を、その特徴やイチオシポイントとともに、ベスト10のランキング形式にしてまとめています。「種類が多くて迷っちゃう…」という人は必見です。


…実は、今回の記事は
メルティーキッスを食べながら
せっせと書いていたのですが、

文章が長くなったこともあり、
気がついたら箱の中身が
空っぽになっていました(笑)



ということで(?)、一度記事の内容を
スッキリとまとめましょう!


まとめ&オシャレでフォトジェニックなチョコはこちら!


今回の順位、覚えてますか??

バレンタインデーに使える、
有名かつ人気の生チョコブランドの
最終結果(ランキング)はこちらです。


  • 第1位:ロイズ (ROYCE’)
  • 第2位:ピエールマルコリーニ (PIERRE MARCOLINI)
  • 第3位:神戸フランツ
  • 第4位:モロゾフ (Morozoff)
  • 第5位:5th Avenue Chocolatiere


あと、美味しいけど知名度的にどうかな
という点で、今回惜しくもランク外
なった生チョコ(ブランド)もあります。



例えば、どちらも国内ブランドですが、
大阪の北堀江を拠点とする、
ル・ピノー(LE PINEAU)や、

マルセイバターサンドで有名な、
北海道・六花亭の「雪の大地」という
生チョコはイチオシですね。



しかし、今年もジェイアール名古屋
タカシマヤのバレンタインイベント・
アムールドゥショコラはスゴかった。

普通の平日に行ったんですが、
特にオードリー(春日じゃないよ)の
待機列は相当長かったですね。



聞こえてくる会話の内容から察するに、
贈答用ではなく、自分用のチョコ
買いに来ている人が多そうでしたが。

…まあ、何を隠そう、この僕自身も
自分チョコを買いに行ったみたいな
トコロもあるんですけどね(笑)



生チョコにとどまらず、オシャレで
フォトジェニックなチョコレートも
欲しいな、なんて考えている人は、

美味しいだけでなく、見た目にも
お洒落なチョコレートたちを厳選して
ご紹介している、こちらもどうぞ^^↓

バレンタインのチョコレート!おしゃれ&フォトジェニックなベスト5!バレンタインのチョコレート!おしゃれ&フォトジェニックなベスト5!

バレンタインに使える、おしゃれでフォトジェニックなチョコたちを、ベスト5のランキング形式にしてまとめています。本命や自分チョコはもちろん、義理チョコ用に使えるオシャレチョコも!

バレンタインのおすすめ関連記事

バレンタイン特集2017!手作り派も購入派も注目のまとめ【18記事】バレンタイン特集2017!手作り派も購入派も注目のまとめ【18記事】

手作り派のあなたにも購入派のあなたにもきっと役立つ、今年2017年のバレンタインデーに関連する記事を全部で18コ、ドドン!とまとめてご紹介しています。

スポンサードリンク
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ