鍋の美味しい作り方!いつもの鍋が簡単にウマくなる裏技4選!


「いつもの鍋を、もっと美味しく
 作る方法って、何かないかな?」


なんて、悩んでませんか??


鍋 美味しい 作り方


寒くなってくると、途端に
食べたくなるのが、カラダがぽっかぽかに
温まる、美味しい鍋ですよね!


で、この鍋、市販の鍋つゆパッケージの
裏に書いてある、あのシンプルな作り方
とおりに作っても、もちろん美味しいんですが…

作り方に、ちょっとした工夫を加えることで、
いつもの鍋が、もっと美味しくなるって、
知ってましたか??


そこで今回は、自宅で、
美味しい鍋を食べたい、あなた必見!

いつもの鍋を、もっと美味しくするために、
簡単にできる、4つの裏技(コツ)について
まとめました!

スポンサードリンク


いつもの鍋をもっと美味しく!簡単4つの裏ワザとは?


裏技1. 野菜はそれぞれに合った切り方で切るべし!




いつもの鍋を、もっと美味しく作るための
ちょっとした裏技、1つ目は、野菜を
それぞれに合った切り方で切ること。


例えば、しいたけだったら、上の
動画のように、そぎ切りにするか…

下の記事で1ステップずつ、くわしく
解説しているように、かさの表面に
切り込みを入れる切り方で。

しいたけの切り方!鍋に入れるなら
 コレ!わかりやすい動画も!



白菜(の芯)なら、同じくそぎ切りか、
以下の記事で解説しているような、
よりカンタンにできる、千切りで。

鍋に入れる白菜の切り方は?コレじゃないとクレームが!?鍋に入れる白菜の切り方は?コレじゃないとクレームが!?

美味しくて、さらに鍋パーティーの参加者から「芯が硬い!」なんてクレームも出ないオススメの白菜の切り方を、解説と動画を交えながらご紹介しています。


そして人参なら、こちらも別記事で
くわしく解説しているように、
鍋のシチュエーションに合わせて、


  1. いちょう切り
  2. 飾り切り
  3. ピーラー剥き(オススメ!)


この3つのうち、いずれかで。

鍋に入れる人参の切り方は?
 超オススメの場面別3パターン!



こんな感じで、それぞれの食材に
合った切り方をするだけで、いつもの
鍋が簡単に美味しくなっちゃいます。


基本的には、野菜の断面の表面積を
できるだけ大きくすることを心がけると…

鍋のダシが具材に染み込みやすく
なるので、これをポイントとして
頭に入れておいてくださいね^^


裏技2. お肉はダシが沸騰してから入れるべし!


鍋 美味しい 作り方01


いつもの鍋を、もっと美味しく作るための
ちょっとした裏技、2つ目は、
お肉を、ダシが沸騰してから入れること。


お肉は火が通るのに、時間がかかる分、
なるべく、早く入れたくなるのが
人情(?)なんですが…

ダシが沸騰する前に、肉を入れてしまうと、
肉が引っ付いたまま、鍋が完成してしまって
食べづらくなってしまうことも^^;


でも、ダシが沸騰してから、お肉
(特に豚バラ肉)を入れると、あら不思議!

驚くくらいカンタンに、鍋つゆの中で
肉がはがれて、とっても食べやすくなるんです^^


「グツグツ沸騰しているところに、
 お肉を入れると、すぐに固くなるのでは?」



と心配になる方も、いるかもしれませんが、
肉がほぐれたあと、野菜をサッと入れれば、
鍋つゆの沸騰もすぐに収まるので、特に問題なし。


「肉は、鍋つゆが沸騰したタイミングで入れる」


このコツを、頭に入れておくだけで、
いつもの鍋のお肉が、グッと食べやすく
そして美味しくなりますよ♪

スポンサードリンク


裏技3. ネギは立てて入れるべし!


鍋 美味しい 作り方02


いつもの鍋を、もっと美味しく作るための
ちょっとした裏技、3つ目は、ネギは
立てるようにして、鍋の中に入れること。


ネギって、鍋の中に入れたときに、
煮崩れしやすい、代表的な具材の一つ
ですよね^^;


これは、鍋の底から上がってきた
気泡が、ネギを直撃し、そのカタチを
崩してしまうため。

こんな、悲しい事態を防ぐためには、
あらかじめ、ネギを鍋に入れるとき、
縦に立てるようにして、置くのがGood。


こうすることで、気泡がネギのあいだを
すり抜けやすくなり、煮崩れする可能性も
グッと低くなるというわけ。

同じような理由で、水菜なども立てて
入れると、シャキシャキ感を残したまま、
火を通すことができます。


また、こちらも煮崩れしやすい、
代表的な鍋の具材である豆腐は、
極力鍋のすみっこに置くようにすると…

これまた気泡や、鍋の中でぐらぐら
動く野菜たちが、豆腐にキズを付けるのを
防ぎやすくなるので、オススメです^^


裏技4. シメには焼きそばを使うべし!


鍋 美味しい 作り方03


いつもの鍋を、もっと美味しく作るための
ちょっとした裏技、4つ目は、シメには
焼きそば(焼そば)の麺を使うこと。


「鍋のシメには、ラーメン!」


という方も、きっと多いと思うのですが、
ラーメンの麺って、すぐに伸びてしまうのが、
玉にキズなんですよね^^;


そんなときには、焼きそばの麺を、
代わりに使うのが、ファンタスティック!

こうすることで、麺が伸びることなく、
美味しいまま、シメのラーメンを
いただくことが、できるんです^^


鍋のときに使える、伸びにくいラーメン
売っているお店もありますが…

コストパフォーマンス(コスパ)的に見ても、
個人的には、シメの麺には焼きそばを
使うのが、最強ですね♪

スポンサードリンク


この記事のまとめ!


今回は、鍋の美味しい作り方と題して、
いつもの鍋が、さらに美味しくなる
ちょっとした裏技を、5つご紹介してきました。


最後にもう一度、今回ご紹介した裏技(コツ)を
まとめておくと、こういった感じになりますね。


  1. 野菜はそれぞれに合った切り方で切るべし!

  2. お肉はダシが沸騰してから入れるべし!

  3. ネギは立てて入れるべし!

  4. シメには焼きそばを使うべし!


今回の記事の内容と、1つ目の裏技
(コツ)でご紹介した、3つの野菜の
切り方
についての記事を参考に…

(下の関連記事のところにも、
 それぞれの記事へのリンクを
 載せておきますね^^)

いつもの鍋を、さらに美味しい
ごちそうへと、簡単&華麗に
変身させちゃってください♪

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ