コートを着たまま運転するのはアリ?他人の車に乗る場合は?


「外が寒いとき、ロング丈のコートを
 着たまま運転するのって、アリかな?」


コート


本来は、外の寒さをしのぐために
着るはずの、



  • Pコート
  • チェスターコート
  • ダッフルコート


などといった、コート類。



…なんですが、冬の朝の出勤時など、
車の中がとても寒かったりすると、
コートを脱ぐのも億劫になって、

そのままシートベルトを締めて、
車を動かしたくなることだって、
あったりしますよね^^;



そこで今回は、コートを着たまま
運転する場合のメリットとデメリット
のそれぞれについて、まとめました。


スポンサードリンク


コートを着たまま運転するのはアリ?ナシ?


コートを着たまま運転するメリットは?


○(マル)マーク



コートを着たまま運転するメリット

  • エアコン(暖房)をつけなくても暖かい
  • いちいち脱いだり着たりする手間がない


まずはコートを着たまま、車の
運転する場合のメリットについて。

何よりも、(ある程度はですが)
エアコンをつけなくても暖かさを
保てるっていうのが一番ですよね^^



車によっては、暖房をつけるのと
つけないのとでは、燃費に1.5倍
ほどの差がつく場合だってあるので、

ガソリン代も含めて考えると、
コートを着たまま運転することの
メリットは、かなり大きいです。



また、本来は時間に余裕を持って
出勤やお出かけをしたいところでは
ありますが!



運転前にコートを脱ぐのはまだしも、
会社や駅、お出かけ先に着いたときに、
いちいちコートを着るのは、

何だか時間をムダにしているようで、
もったいなく感じる、という人も
少なからずいらっしゃいますね。



ということで、ガソリン代を含めた
コストや、コートを脱ぎ着する時間
などの「節約」にこだわるなら、

コートを着たまま運転することは、
かなりのメリットがあることが
わかります。


スポンサードリンク


コートを着たまま運転するデメリットは?


×(バツ)マーク



コートを着たまま運転するデメリット

  • シートベルトを締めると窮屈に感じる
  • コートの丈がシワになりやすい
  • 周りから見ておしゃれに見えない
  • 途中で暑くなってくることも


一方、車の運転をコートを着たまま
するときの、デメリットについても
考えてみましょう。

まずは、経験済みの人もきっと
多いと思いますが、シートベルト
を締めたときの窮屈感ですね。



外を歩いているときは全然
気にならなくても、運転席
シートに座ろうと、

カラダを少しかがめただけで、
圧迫感を覚えてしまうこと
だってあります^^;



またチェスターコートなど、
ロングコートの場合は特にですが、
コートを着たまま運転すると、

お尻の下にコートを敷いたまま
運転することになるので、
コートにシワができやすいです。



スカートで椅子に座るときのように、
キレイに丈を直してから運転席に
座れば、大きな問題にはなりませんが、

急いでいて、そのままグチャッ!
座って長時間運転をした後なんかは、
コートがしわくちゃなんてことも。



あとは、まわりから見たときに、
コートを着たまま運転している姿は
あまりオシャレに見えない。



それから、コートを着ていると、
最初は良くても、途中で逆に暑く
なってくるというのもありますが、

こちらは、信号のない高速道路を
走り続けるならまだしも、それ以外
なら問題なく対応可能でしょう。


スポンサードリンク


参考までに!私の場合はこうしています!


雪とタイヤ


で、私はどうしているかというと、
運転する前にコートを脱ぐことが
多い
です。



コートを着たまま運転するのは、
いつにも増して寒く、見た目など
気にしてられないときか、

目的地がすぐそこで、コートを
いちいち脱いだり着たりする時間が
アホらしく感じるときくらいですね。



コートを脱いだり着たりする場所
については、真冬だったら車内。



それ以外の時期だったら、
車の外でコートを脱いでから、
車に乗り、

目的地に着いたら、一度車を
降りてから外でコートを着る
というパターンが多いです。


スポンサードリンク


他人の車に乗せてもらうときはどうする?


ドライブ



  • 家にお邪魔するときにコートを脱ぐように、
    車に乗る前にもコートを脱ぐのがオススメ!


他人の車に乗せてもらうときは、
普段自分がどうしているかは
関係なく!



友人宅にお邪魔したり、あるいは
就職活動のときなどに、コートを
家や会社の外で脱ぐように、

車に乗るときは、あらかじめ
コートを脱いでおくのが、
スマートって感じがしますね。



このとき、クルマの中に余計な
ホコリや花粉が入らないように、

ササッとコートを手ではらい、
裏地が表(おもて)にくるように
たためば、なおカンペキです。



もちろん、友人との関係によっては
コートを着たまま、車に乗っちゃう
ことだってありますけどね^^;

(友人がコートを着たまま運転する
 タイプで、かつエアコンもつけずに
 運転すると分かっている場合など) 




⇒1番安い自動車保険が無料で今すぐ
 わかる!「保険スクエアbang!」


まとめ&冬用インナーを着れば問題は解決!?


今回は、コートを着たまま車の
運転をするのはアリかナシか

メリットとデメリットをそれぞれ
あげながら、考察(?)してきました。


最後にもう一度、コートを着たまま
運転する場合のメリット・デメリットを
まとめておくと、こうなりますね^^


メリット
デメリット
  • エアコン(暖房)をつけなくても暖かい
  • いちいち脱いだり着たりする手間がない

  • シートベルトを締めると窮屈に感じる
  • コートの丈がシワになりやすい
  • 周りから見ておしゃれに見えない
  • 途中で暑くなってくることも


そもそも、ある程度の心の余裕
ない限り、こういった類の記事って
読まないと思いますから(オイ)、



「クルマの中=室内」



という認識で、基本的には車の
運転をするときはコートは脱ぎ
時間&金銭的に余裕がないときだけ、

着たまま運転して、少しの時間や
お金もムダにせず活かすというのが、
一番無難な気がしますね。



なお経験上、肌着にヒートテックや
ソレに似た冬用インナーを着ておけば、

少なくともクルマの中で過ごす時間に
限れば、コートを脱いでいても寒さを
感じない
場合がほとんどですよ^^↓

ヒートテックの類似品!楽天で買えるメンズ向けおすすめランキング!ヒートテックの類似品!楽天で買えるメンズ向けおすすめランキング!

楽天で売っている、ヒートテックに似たメンズ向け冬用インナーの中から、おすすめのアイテムを厳選し、それぞれの一押しポイントとともにランキング形式にしてまとめています。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ