卒業ソング!カラオケで男性向けなのは?3月に超歌いたくなる13曲!


「カラオケで男が歌える、人気&
 定番の卒業ソングが知りたい!」


なんて、思ってませんか??


卒業証書と桜(卒業式)


まさに今年、最終学年
迎えている、卒業生はもちろん、

それ以外の学生や社会人だって、
3月にカラオケに行くと、無性に
卒業ソングを歌いたくなりますよね。


そこで今回は、卒業の季節に
カラオケで歌いたい、男性向け
人気&定番の卒業ソングを、

全部で13曲、カラオケで
歌うときのポイントやコツと
ともに、まとめました。


かなり長い記事構成になっている
ので(スミマセン^^;)、目次
(もくじ)
で気になる曲を見つけたら、

曲名をクリック(タップ)し、
ピンポイントでチェックする
のも、オススメです^^

スポンサードリンク


男性向け!カラオケで歌いたくなる卒業ソング13選!


1. 桜の季節 (EXILE ATSUSHI/2015年)






  • NHK全国学校音楽コンクール・中学校の部の
    課題曲にもなった、しっとり系の新卒業ソング!


男性向けの、カラオケで
歌いたくなる卒業ソング13選、
最初の1曲目は「桜の季節」。

NHK全国学校音楽コンクール
中学校の部の課題曲にもなった、
しっとり系の卒業ソングです。


合唱曲として使われているので、
EXILEファン以外からの知名度も
高く、カラオケで入れやすいのが◎。

PVを見ても分かるとおり、少し
泣ける系の歌なので、カラオケの
後半部分に持ってきたいですね。


カラオケでのポイント!


  • 声を遠くに飛ばすのではなく、
    顔の前に優しく置くイメージで歌う!


桜の季節を歌うときのポイント、
というか、ATSUSHIさんっぽく
歌うためのコツを1つあげておくと、

声を遠くに飛ばすのではなく、
顔の前に優しく置いていくように、
声を出して歌うのがポイント。


こうすることで歌声が柔らかくなり
ATSUSHIさん独特の、あの抜ける
ような声が、出しやすくなります。


ただ「優しく」を意識しすぎると、
今度はついついラクをして、
口先だけで歌うようになり、

弱々しい声になってしまうので、
腹式呼吸をしっかりすることだけは、
忘れないようにしたいトコロです^^;


2. 道 (EXILE/2007年)






  • 歌唱力に自信があるならコレ!カラオケの
    シチュエーションによっては泣ける卒業ソング!


男性向けの、カラオケで
歌いたくなる卒業ソング13選、
2曲目はEXILEつながりで「道」。


EXILEは、普段からカラオケに
行き慣れている人でないと、
歌いこなすのが難しいですが、

「道」も泣ける系の曲なので、
卒業シーズンになると、
無性に歌いたくなります^^


カラオケでのポイント!


  • サビ部分が平坦にならないよう、
    しっかりと強弱をつけて歌うのがポイント!


「道」をカラオケで歌うときの
コツは、超ピンポイントですが、
サビの最初の、


今日も青空です


「す」の部分を、
少し強調して歌うこと。


サビが流れるようなメロディに
なっているので、ついつい平坦な
歌い方
になってしまいがちですが、

最後まできちんと声を出すことで、
歌声にメリハリが出て、一段と
カッコよく聞こえるようになります。


3. 友 〜旅立ちの時〜 (ゆず/2013年)




  • NHK音楽コンクールの課題曲にもなった、
    幅広い世代から愛される卒業ソング!


男性向けの、カラオケで
歌いたくなる卒業ソング13選、
3曲目は「友 〜旅立ちの時〜」。

センチメンタルな気分のときは、
イントロのピアノを聴いただけで、
ちょっと泣きそうになります。


1曲目の「桜の季節」がNコン
(音コン)の2014年度の課題曲なら、
こちらは2013年度の課題曲ですね。


「最近の卒業ソングを歌いたいけど、
 どんな曲があるか分からない!」



という人は、こういった所から
選曲をするのが、一番無難
間違いないと思いますよ^^

スポンサードリンク


カラオケでのポイント!


  • カラオケでカッコよく歌いたいなら、
    合唱らしさを捨てて、ゆずに寄せるべし!


「友 〜旅立ちの時〜」をカッコよく
歌いたいなら、合唱バージョンの
イメージは頭の中から捨て去って

上のYouTube動画などを参考に、
思い切り、ゆず(=北川悠仁さん)
側に寄せたほうがイイです。


簡単に言うと野太い声じゃなくて、
北川さんの高い声を強く意識して
歌うってコトですね!


個人的には、できれば、
初めのサビが終わったあとの、


「Wow Wow Wow…
 (ウォウ ウォウ ウォー!♪)」



の部分も完コピして、
ゆずらしさを出したいです。


もちろん、場の雰囲気によっては、
あえて合唱コンクールさながらの
声で歌うのも、大いにアリですよ^^


4. 遥か (GReeeeN/2009年)






  • 上京した経験のある人には特に刺さる
    感動ソング!GReeeeNの中では音域低め!


男性向けの、カラオケで
歌いたくなる卒業ソング13選、
4曲目は「遥か(はるか)」。


ほとんどの曲が卒業シーズンに
合わせた、3月にリリースされる中、
「遥か」は異色の5月リリース。

とはいえ、映画「ROOKIES -卒業-」
の主題歌になっていることもあり、
文句なしの卒業ソングですよね^^


カラオケで本人映像(というかPV)
は、なかなか見当たりませんが、
ミュージックビデオも感動します。

スポンサードリンク


カラオケでのポイント!


  • 「GReeeeN=声が高くて無理」という
    メンタルブロックを外せば意外といける!


「遥か」はGReeeeNの曲の中では、
高い部分が案外少ないので、


「GReeeeN=声が高くて無理」


というメンタルブロック(先入観)を
外して、リラックスして歌うのが
カラオケでのポイント。


「高い高い」と思っていると、
無意識のうちにノドが縮こまって、
さらに声が出づらくなりますからね^^;


5. 奏(かなで) (スキマスイッチ/2004年)






  • 「卒業=恋の思い出」という人からの支持が
    ハンパない歌!カラオケでも歌いやすい!


男性向けの、カラオケで
歌いたくなる卒業ソング13選、
続いて5曲目は「奏(かなで)」。


カラオケ曲としての人気も高く、
卒業シーズンに関係なく
この曲を歌う男子も多いですが、


「卒業と聞くと、当時(学生時代)の
 恋の思い出が、よみがえってくる」



なんて人には、ドンピシャ
マッチする名曲ですよね。


カラオケでのポイント!


  • サビの裏声の部分に「2回」
    波を作ると、大橋さんっぽく歌える!


カラオケで歌うときは、


君が大人になってく


の「なってく」の「な」
部分を発音するあいだに、


「になーーーってく」
(→↗↘↗↘→)



こんなイメージで、
「2回」波を作るのがコツ。

(上の矢印、お使いの端末に
 よっては、うまく表示されない
 かもしれません^^;)


ここさえクリアできれば、
他は比較的歌いやすいので、
ぜひ挑戦してみてください^^


6. 青いベンチ (サスケ/2004年)






  • カラオケのモテ曲の1つ!高音さえ出れば、
    歌いやすさも◎な、甘酸っぱい卒業ソング!


男性向けの、カラオケで
歌いたくなる卒業ソング13選、
続いて6曲目は「青いベンチ」。


高音さえ出せれば、カラオケで
高得点も狙いやすい曲なので、

こちらも先ほどの「奏(かなで)」
同様、卒業シーズンに限らず、
歌われることの多い人気曲です。


10代の若い世代の人や、
ジャニーズファンにとっては、

2011年にリリースされた
テゴマスのカバーVer.のほうが
馴染み深いかもしれませんね。

スポンサードリンク


カラオケでのポイント!


  • 気持ちを込めたくなるところを、
    あえて脱力系で歌うのがポイント!


サスケの「青いベンチ」は
歌詞がスゴく甘酸っぱくて、
しかも共感しやすいので、

歌っているうちに、
ついつい気持ちに熱が入って
声も強くなってしまいがち。


ただし、よりサスケっぽく
歌いたいなら、熱くなる
心をグッと押さえて

脱力系(=少しやる気のない
感じ)の声で歌うのがポイント。


これだけで、サスケらしさが、
カンタンにアップします。


もちろん、


「カラオケは、とにかく自分が
 気持ちよく歌うのがイチバン!」



という人は、思い切りココロを
込めて
、熱唱しちゃいましょう^^


7. 大切なもの (ロードオブメジャー/2002年)






  • メロディの走りも軽快で、カラオケで入れやすい
    卒業ソング!ただしサビが高く難易度は少し高め!


男性向けの、カラオケで
歌いたくなる卒業ソング13選、
続いて7曲目は「大切なもの」。

20代前半からアラサー世代あたり
の人にはたまらない、ロードオブ
メジャーの超代表曲ですね。


メロディラインも軽快で、
ノリのよい曲なので、カラオケの
1曲目にも、余裕で持ってこれます。


カラオケでのポイント!


  • 「こーのーそらのしたーー♪」の
    「た」の部分に、魂を込めて歌おう!


「大切なもの」の一番の難関が、
サビの最初の、


この空の下


「た」の部分。


で、この「た」を出すためには、
「た」の部分を一番強くして
歌い(叫び)ましょう。


特に、はじめのうちは、
「このそらのし」までは、
声を温存しておき、

「た」の部分で、一気に爆発
させるようなイメージで歌うと、
声が出しやすくなりますよ^^


8. さくら(独唱) (森山直太朗/2003年)






  • 正直カラオケで歌うには難易度高め!
    裏声を使いこなす自信があるならチャレンジ!


男性向けの、カラオケで
歌いたくなる卒業ソング13選、
8曲目は「さくら(独唱)」。

桜の歌には卒業と新スタートの
2パターンがありますが、コレは
モロに卒業ソングですよね。


…と言いつつ、Wikipediaには、


その年以降の卒業式や予餞会で多く歌われたというが、元々は森山の友人の結婚をきっかけとして作られたものである。


こんな記載があったりするのも、
知る人ぞ知る、「さくら」に
関する雑学・トリビアです。


カラオケでのポイント!


  • 裏声はいきなり綺麗に出そうとせず、
    「大げさ」から徐々に戻すイメージで!


「さくら」に限らず、カラオケで
綺麗な裏声を出すためには、やはり
それなりの練習と経験が必要です。


練習するときは、いきなり綺麗な
裏声を出そうとするのではなくて、


「ちょっとやり過ぎかな?」


と自分で思うくらい、大げさ
色々な声を出してみましょう。


ノドを痛めない程度に、女の子が
「キャーッ!」と叫ぶ時のような、
金切り声を出してみたり、


(僕自身、[Alexandros]の
 「ワタリドリ」を歌うときは、
 初めこのイメージで練習しました)


ミッキーマウスの声をマネして
みるのも、人によっては裏声の
コツが掴める分岐点になったりします。


9. 3月9日 (レミオロメン/2004年)




  • アラサー世代にはドンピシャでハマる、少し
    センチメンタルな気持ちになる、卒業ソング!


男性向けの、カラオケで
歌いたくなる卒業ソング13選、
9曲目は「3月9日」。


アラサー世代の友達と、3月の
卒業シーズンにカラオケに行くと
(かくいう僕もアラサーです)、

ほぼ100%の確率で、誰かが
この「3月9日」を入れて、
その瞬間、まわりの全員が、


「いやー!ソレいいねー!」


と盛り上がるトコロまでは、
もはや毎回の恒例行事(?)と
なっています。笑


カラオケでのポイント!


  • メロディが分かりやすく歌いやすい曲!
    サビの部分だけ注意すれば問題なし!


「3月9日」はカラオケソングの
中でも、かなり歌いやすい
部類に入るので、初心者でも安心。


あえて言うなら、サビの、


まぶたのうらに


「の」の部分が、
少し出しにくいですかね。


ココも先ほどの「大切なもの」
でご紹介したように「まぶた」
までは、声を温存して歌い、

「の」の部分で一気に声を
張る
と、歌いやすさが増すので、
ぜひ試してみてください^^


10. C.h.a.o.s.m.y.t.h. (ONE OK ROCK/2011年)




  • 英語詞と日本語詞のバランスがCOOL!
    カラオケでカッコよく歌いたい卒業ソング!


男性向けの、カラオケで
歌いたくなる卒業ソング13選、
10曲目はワンオク「カオスミス」。


英語詞と日本語詞のバランス
丁度よくって、カッコつけすぎて
ないけど、カッコいいのがCOOL。

日本語詞もスゴく良くて、英語の
意味がイマイチ分からなくても(!)
感動できちゃうのもNice!です。


カラオケでのポイント!


  • 英語詞の部分は、省略できる部分を
    とにかく省略して歌うのがポイント!


ワンオクに限らず、英語詞
ある曲は、ソコをいかにカッコよく
歌うかで印象が違ってきますよね。

上手く歌うには、英語の発音を
できるだけ短く区切って
まとめてしまうのがポイント。


例えば「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」の
サビの最初の部分。


So everybody ever be buddies


ココを日本語読みで発音すると、


「ソー・エブリバディ・
 エバー・ビー・バディーズ」



こうなりますが、実際に歌うときには、


「ソ! エビバリッ!
 エッ! バッ! ビッバリッズ!」



これくらい極端に短く区切って
歌ったほうが、むしろ自然
カッコよく見えます^^


11. 卒業の歌、友達の歌。 (19/1999年)


卒業の歌、友達の歌。(19)
出典:http://www.amazon.co.jp/dp/B00DFX795I/




  • カラオケでも歌いやすい!歌詞に
    共感する人続出の、定番卒業ソング!


男性向けの、カラオケで
歌いたくなる卒業ソング13選、
11曲目は「卒業の歌 友達の歌」。

今回の卒業ソングの中では、
唯一「20世紀」にリリースされた
曲になります(時の流れは速い…)。


友達がカラオケで歌っているのを
聴いて、この曲を知った場合、
シングルA面だと思いがちですが、

実は「卒業の歌、友達の歌。」
は、こちらも19の超代表曲


「あの紙ヒコーキ くもり空わって」


B面(ざっくり言ってしまえば
カップリングのようなモノ)。


Wikipediaの「あの紙ヒコーキ
くもり空わって」の項目には、
実際に、こんな記載もあります。


本来は「卒業の歌、友達の歌。」のシングルB面として発表されるはずであったが、1999年春にTBSの「1999・春」キャンペーン・ソングとして当曲が起用され、「この曲は誰の曲なのか?」という問い合わせが殺到し、急遽A面を「あの紙ヒコーキ くもり空わって」に変更したという経緯がある。

出典:Wikipedia「あの紙ヒコーキ くもり空わって」


カラオケでのポイント!


  • シンプルで歌いやすい曲!「のっぺり」
    しないよう、感情を込めて歌おう!


先ほどの「青いベンチ」は、
あえて脱力感を出して
歌うのがポイントでしたが、

この「卒業の歌、友達の歌。」は
逆に感情をこめて歌ったほうが、
カッコよく聞こえます。


感情を込めるためのポイントを
3つほどあげておくと、


  1. 歌詞に思い切り感情移入する

  2. (それが難しいなら)
    顔の表情だけでも作ってみる

  3. 曲の強弱を大げさにつける


こんな感じですね。


12. YELL~エール~ (コブクロ/2001年)


yell~エール~(コブクロ)
出典:http://www.amazon.co.jp/dp/B00005HVWY/


  • 卒業の季節になるとカラオケで歌いたくなる、
    コブクロのメジャーデビューシングル!


男性向けの、カラオケで
歌いたくなる卒業ソング13選、
12曲目は「YELL~エール~」。


純粋な卒業ソングというよりは、
「未来に向けた曲」という
位置づけですが、


  • 4月から東京の大学に進学する、
    地方の高校生

  • 4月から新社会人として働く、
    大学4年生(短大2年生)


こういった人(&経験者)には、
ドンピシャでハマる、カラオケ
でも歌いやすい曲ですよね。


カラオケでのポイント!


  • 歌いやすさはかなりのモノ!
    周りを巻き込んで大合唱するのもアリ!


「YELL~エール~」については、
コブクロの中でも相当歌いやすい
部類に入るので、歌うコツは割愛。


ということで、ちょっと違った
角度
から、1つ話をすると、

この「YELL~エール~」は、
まわりを巻き込んで、みんなで
大合唱するのに向いている曲。


男性も女性もちょうどイイ感じに
歌える音域になっているのが、
その大きな理由です。


13. サクラ咲ケ (嵐/2005年)


サクラ咲ケ
出典:http://www.amazon.co.jp/dp/B0007INZE8/


  • ラップを歌うのに抵抗がなければ、
    メロディもポップで盛り上がる卒業ソング!


男性向けの、カラオケで
歌いたくなる卒業ソング13選、
ラスト13曲目は「サクラ咲ケ」。

嵐の曲なので、歌いやすい&
知名度も高い、カラオケ的にも
テッパンの卒業ソングです。


「ラップをどうするか問題」
除けば、メロディもポップなので、
場を盛り上げるのにも最適です。


カラオケでのポイント!


  • ラップをカッコよく歌うには、
    「強弱」が命!


ラップ調の曲をカッコよく
歌うには、強弱が重要。


「サクラ咲け」の場合だったら、


  • 「み」ぎへならえから
    「ふ」みだす「こ」の「い」っぽを


といった感じで、「 」で
囲った4文字を、特に強く
発音するのがポイントです。


何も意識せずに歌ったときに、
自然とこの4文字にアクセントが
くる人は、かなり少ないため、

ラップ部分に関しては、
実は意外と難易度高め
「サクラ咲ケ」。


口だけでなく、腕を振るなど、
全身を使うと、強弱のイメージは
より掴みやすくなりますよ。


まとめ&オマケの3曲でおしまい!


今回は、卒業の季節になると
無性にカラオケで歌いたくなる、
男性向けの人気&定番の卒業ソングを、

それぞれの歌をカラオケで
歌うときのポイントもあげながら、
ドドン!とご紹介してきました。


最後にもう一度、今回ご紹介した
全13曲の卒業ソングを、

リリース日が新しいモノから
並べなおしてまとめておくと、
こういったカタチになりますね^^


  1. 桜の季節 (EXILE ATSUSHI/2015年)
  2. 友 〜旅立ちの時〜 (ゆず/2013年)
  3. C.h.a.o.s.m.y.t.h. (ONE OK ROCK/2011年)
  4. 遥か (GReeeeN/2009年)
  5. 道 (EXILE/2007年)
  6. サクラ咲ケ (嵐/2005年)
  7. 青いベンチ (サスケ/2004年)
  8. 奏(かなで) (スキマスイッチ/2004年)
  9. 3月9日 (レミオロメン/2004年)
  10. さくら(独唱) (森山直太朗/2003年)
  11. 大切なもの (ロードオブメジャー/2002年)
  12. YELL~エール~ (コブクロ/2001年)
  13. 卒業の歌、友達の歌。 (19/1999年)


あとは「定番過ぎて」
あえて今回の記事の中では
ご紹介しませんでしたが、


  1. 贈る言葉 (FLOW・海援隊)
  2. 卒業 (尾崎豊)


この2曲は、間違いのない
テッパン卒業ソング。


個人的には最近、高橋優さんの
「卒業」なんかも好きですね。



ココでご紹介した、
人気&定番の卒業ソングと、


  • 学校の行き帰りに、電車に乗りながら
    (自転車をこぎながら)いつも聴いていた曲

  • 部活やサークルの打ち上げで、
    毎回歌っていたカラオケソング


など、あなた(と友達)だからこそ、
この時期に歌っておきたくなる、
思い出の曲を組み合わせて、

3月のカラオケを、思いっきり楽しい&
少しセンチメンタルな気分にも浸れる、
特別なモノにしちゃってくださいね^^

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ