新幹線!名古屋から東京までの料金(往復)を安くするならコレ!


名古屋から東京方面への観光や出張
などで、メインの移動手段になるのは
時間的に見て、やっぱり新幹線!


新幹線のぞみ


で、どうせ同じ新幹線に乗るなら、
できるだけ安い値段(料金)で
東京まで行きたいですよね。

だって仮に料金を1500円節約できた
としたら、そのお金で東京でちょっと
いいランチ
が食べられるわけですから。



実際、僕はカフェ巡りが趣味なので、
新幹線代を上手く抑えられるように
なってからは、

東京のちょっとお高めのカフェでも
スイーツ「+ドリンク」を躊躇なく
オーダーできるようになりました。



(カフェのドリンクって、それなりの
 値段がするので、以前は注文するのを
 ためらってた自分がいたんです^^;)



ということで、ココでは、
そんな僕の経験もふまえたうえで

名古屋~東京間の新幹線の往復料金を
できるだけ安くする方法について
まとめました。



まずはさっそく、名古屋↔東京間の
新幹線の往復料金を、安い順に並べた表
から一緒にチェックしていきましょう!


スポンサードリンク


名古屋~東京の新幹線!往復料金を安い順に並べると?


名古屋↔東京の新幹線往復料金
のぞみ指定席22180円
ひかり・こだま指定席21760円
プラスEX21360円 ※会員登録必要
自由席20720円
指定席回数券
エクスプレス予約20220円 ※会員登録必要
学割指定席19660円
プラスEX IC早特(プラス)19540円 ※ひかりと朝6時台ののぞみに限る
金券ショップ19400円~20400円 ※相場
学割自由席18200円
こだま☆楽旅IC早特18000円 ※会員登録必要
ぷらっとこだま16200円
新幹線ホテルパック10600円~ ※宿泊費を8000円として計算


名古屋~東京間の、新幹線の
往復料金を高い順に並べると、
上の表のようになります。



ちなみに、よくある質問に、



「往復割引は、あったりしないの?」



というモノがありますが、
JRで往復割引が適用されるのは、
片道601kmを超えたトコロから。

ですので、営業距離片道366km
名古屋~東京間には残念ながら、
往復割引は適用されません^^;



で、上の表をもとに名古屋から
東京まで行く(往復する)のに、
安く済む方法を考えてみると…


スポンサードリンク


のぞみで安く買えるのは「エクスプレス予約」



  • のぞみなら、素直にエクスプレス予約
    (往復料金20220円)で買うのがイチオシ!


新幹線のぞみで名古屋と東京を
安く往復したいなら、イチオシは
エクスプレス予約。



基本乗車プランの、
EX-ICサービスで購入すれば、

通常よりも2000円ほど
お得な料金(20220円)で、
名古屋~東京間を往復できます。



ただしエクスプレス予約をする
ためには、年会費1080円を払って
会員登録をする必要があります。

なのでエクスプレス予約は、
仕事の出張などで、しょっちゅう
東京に行く人に向いていますね。



ちなみに、安く買うと聞いて、
頭に思い浮かべる人も多い、
金券ショップについては、

表を見てもお分かりの通り、
「格安!」と言えるほどの
お得感がないのに加え、

購入後に窓口での手続きが
必要だったりと、手間がかかる
ため、オススメしません^^;


スポンサードリンク


ひかりなら「プラスEX IC早特」が格安で買える



  • 利便性で少し妥協し、ひかりを使うなら、
    往復料金19540円のプラスEX IC早特が◎!


のぞみよりも本数がかなり減り、
名古屋から東京までの所要時間も
最大で30分程度増えますが、

ひかりでも問題ないという人には、
プラスEXのIC早特(プラス)が、
往復料金19540円とオススメ。



乗車日の3日前までに予約が
必要という条件付きですが、
東京に行くのが観光目的なら、

早い段階から日程が決まって
いる場合がほとんどなので、
特に問題はありませんね。



ちなみにこのプランは「朝6時台」
であれば、のぞみでも同じ料金で
予約購入することができます。

注意点としては、プラスEXを
利用するには会員登録&年会費
540円
が必要になるコト。



なお「のぞみ・ひかり・こだま」
それぞれの、名古屋から東京までの
所要時間のめやすはこちらです。↓


新幹線の所要時間(名古屋~東京)のめやす
のぞみ1時間40分
ひかり1時間45分~2時間10分
こだま2時間50分

こだまでOKなら「ぷらっとこだま」一択


JR東海の新幹線(こだま)



  • 時間に余裕があるなら、往復料金
    16200円の、ぷらっとこだまで決まり!


で、先ほどの表のとおり、
所要時間はのぞみと比べると、
1時間以上余計にかかりますが、

それだけ時間に余裕があって、
とにかく移動にかかるコストを
安く押さえたいなら、

往復料金16200円の、
ぷらっとこだまを使うのが、
間違いないセレクト。



日帰り出張なら、例えば、



  • 名古屋7:29発 → 東京10:17着
  • 東京での滞在時間およそ9時間
  • 東京19:26発 → 名古屋22:16着


こんなプランが組めますね。



ただし、コレが東京で1泊する
となると、状況は一変します。

どういうコトかというと…


スポンサードリンク


1泊するなら「新幹線ホテルパック」が断トツ安い!



  • 「新幹線ホテルパック」なら、往復料金
    実質1万円台前半で行けるプランも!


出張や観光で、東京に一泊する
予定があるなら「新幹線ホテル
パック」
を使うのがイチバン。



新幹線ホテルパックの最安値は、
「往復の新幹線代+宿泊代」で、
18600円なので(ホテルは2名1室)、

宿泊代を、一般的な企業の、
東京に1泊する場合の出張費
8000円として計算すると、

往復料金は実質10600円と、
相当破格になります(しかも、
のぞみ・ひかりに乗れます)。



ですので、東京に宿泊する予定
がある場合は、まずこの新幹線
ホテルパックをチェックして、

めぼしいプランが見つからない
場合だけ、先にご紹介した3つの
方法でのチケット購入を検討する、

という流れで進めていくのが、
賢い方法ですね^^↓

JR・新幹線+宿泊セットプラン往復新幹線代とホテルが一緒で超お得!「JR・新幹線+宿泊セットプラン」

名古屋~東京間を安く往復&1泊するのにオススメの方法は「新幹線ホテルパック」を利用すること。のぞみ・ひかりに乗れ、安心感のあるホテルに泊まれてこの価格はスゴくありがたい!

まとめ&名古屋からの電車に関するおすすめ記事


今回は名古屋~東京間
東海道新幹線の往復料金を、

できるだけ安く押さえる
ための方法について、
ご紹介してきました。


最後にもう一度、それぞれの状況
ごとのオススメをまとめておくと、
こういったカタチになりますね^^



  • のぞみ:エクスプレス予約(20220円)
  • ひかり:プラスEX IC早特(19540円)
  • こだま:ぷらっとこだま(16200円)
  • 宿泊:新幹線ホテルパック(実質10600円~)


しかし、新幹線の料金をリサーチした
経験をお持ちの名古屋在住の人なら、
きっと共感してくれると思いますが、

東京~新大阪間の料金例は腐るほど
出てくるのに、東京~名古屋間の料金
ってイマイチ分かりづらいですよね。



名古屋を訪れる人がもっと増えれば、
この辺りも改善されるかもしれませんが
まだまだ先は長そうです。

東京のみなさん、名古屋も大阪に
負けず劣らず、イイところですよー!笑



東京では、新宿に行く予定だと
いう人は、こちらの記事を。↓

名古屋から新宿駅まで新幹線!東京と品川どちらで降りるのがベスト?名古屋から新宿駅まで新幹線!東京と品川どちらで降りるのがベスト?

新幹線で名古屋から新宿まで行く場合、品川駅と東京駅のどちらで降りるのがオススメなのか、それぞれのルートの詳細(料金・所要時間)や、イチオシポイントをあげながらまとめています。


この機会に、大阪まで安く行ける
方法も知っておきたいという人は、
こちらの記事をどうぞ^^↓

名古屋から大阪まで電車移動!安いのは?近鉄・JR・新幹線を比較!名古屋から大阪まで電車移動!安いのは?近鉄・JR・新幹線を比較!

名古屋から大阪まで安く快適に移動するのにオススメの方法について、新幹線・近鉄特急(アーバンライナー)・在来線それぞれの料金や所要時間を比較しながらまとめています。

スポンサードリンク
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ