砥鹿神社(愛知県豊川市)の奥宮にお参りし、御朱印を頂いてきました!

砥鹿神社奥宮と荒羽々気神社の御朱印

右側の荒羽々気神社の御朱印も同じ場所で頂きました。くわしくは後ほど♪

先日、里宮のほうに参拝して御朱印を授かったのですが、そのときは時間の都合上、奥宮へのお参りは断念。

ですので今回、日を改めて参拝&御朱印を頂いてきた次第です(念願叶った!)。

ということでココでは、僕と同じように奥宮に参拝し、御朱印を頂こうと考えている方のために、

  • 御朱印が頂けた時間
  • 御朱印が頂けた場所
  • 御朱印の料金(初穂料)

などの情報についてまとめておきますね。

スポンサーリンク

御朱印が頂けた時間・場所・料金はこちらです

■ 砥鹿神社奥宮の御朱印

  • 受付時間:AM9:00~PM15:00(推定です)
  • 場所:社務所(本殿左)
  • 料金(初穂料):300円

僕が御朱印を頂いた時間は、平日の13時半ごろ。御本殿(下の写真)のすぐ左にある社務所でもらえました。

砥鹿神社奥宮の御本殿

隣接する形で社務所があります(スペースがコンパクトで、社務所の方が写り込んでしまうため、写真は撮っていません)

で、お宮参り(初宮詣り)などのご祈祷の受付時間が、

  • 午前9時から午後3時

となっているので、御朱印についても同じ時間内であれば、まず問題なく頂けるのではと思います

社務所の前には里宮と同様に、沢山のお守りやお札が並んでいましたよ(ただし、御朱印帳は見当たりませんでした)。

スポンサーリンク

荒羽々気神社の御朱印も同じ場所で頂けました

そして、荒羽々気(あらはばき)神社の御朱印も同じ社務所で頂けました。

(記事タイトルに「二体」とあるのはそういうことです。御朱印の数え方についての考察はこちらをどうぞ)

荒羽々気神社(砥鹿神社奥宮末社)と景行天皇社(長久手市)の御朱印

荒羽々気神社の御朱印(左)をもう一度。右側は景行天皇社(愛知県長久手市)で頂いた御朱印です♪

料金は奥宮の御朱印と同じ300円。こちらは一枚紙のタイプでしたので、御朱印ホルダー(上の写真)に入れて大切に保管しようと思います♪

荒羽々気神社の場所(砥鹿神社奥宮)

↑荒羽々気神社の場所はこちら。写真ものちほどのせますね。あとは、

  • 奥宮へのアクセス(駐車場や登山する場合の所要時間)
  • 境内の様子をおさめたフォトギャラリー

をどうぞ!(ちなみに、荒羽々気の々の名前や単独での出し方をさっき初めて知りました…)

スポンサーリンク

奥宮へのアクセス(車・徒歩)を説明しておくよ

車の場合は駐車場の閉門時間に気をつけよう

砥鹿神社奥宮への車でのアクセス(簡単な地図)

■ 砥鹿神社奥宮への車でのアクセス

  • 豊川ICから旧本宮山スカイライン経由で30分
    (里宮からでもほぼ同じ)

■ 駐車場情報

  • 開門時間:9:00~15:00
  • 収容台数:70台
  • 駐車料金:無料

クルマの場合は、豊川IC(東名高速道路)もしくは里宮からともにおよそ30分で奥宮の駐車場に到着

砥鹿神社奥宮駐車場入口(本宮山頂駐車場)

駐車場の入口には上のような看板が出ていたので、閉門時間には注意したほうが良さそうです。

砥鹿神社奥宮駐車場(本宮山頂駐車場)

↑平日だったからか、駐車場はこんな感じで、クルマ停め放題(?)でしたよ。

(車がない人のために、路線バスが1時間に1本でもあれば便利そうな気もしますが、需要がないのかな…)

スポンサーリンク

徒歩の場合は片道で2時間ほど見ておいた方がよさそう

■ 歩いて登る場合

  • 所要時間の目安:片道2時間
  • それなりの装備(とくに靴)は必須!

いっぽう、歩いて登る場合は片道で2時間程度は見ておいたほうが良さそう。

公式サイトにもそのような記載がありますし、僕の前を歩いていた二人組の女性(アラフォー世代?)が、

今日は2時間くらいかかったね~
そだねー!のんびり歩くとコレくらいはかかるわねー♪

なんて会話をしていたのが聞こえてきたので、目安としてはコレくらいで間違いないでしょう。

なお登山初心者の方のために、大学でスポーツを専攻&登山実習にも参加していた僕からは…

  • 歩幅を一定にして歩くと疲れにくい
  • 山頂で食べるインスタントラーメンは最高

この2点は間違いないということだけ、お伝えしておきます(笑)

スポンサーリンク

境内の様子を何枚か写真に収めさせていただきました

フォトギャラリーに移る前に、奥宮についての基本情報をどうぞ。

■ 砥鹿神社奥宮(三河国一之宮)

  • 住所:愛知県豊川市上長山町本宮下4
  • 電話:0533-93-2057
  • 御祭神:大己貴命(おなむちのみこと)
    ※別名 大国主命(おおくにぬしのみこと)
  • 何の神様?→縁結び・子授け・家内安全・金運などあらゆる分野でご利益が高いと言われています
  • 砥鹿神社公式サイト

そして、ここからはフォトギャラリー。

砥鹿神社奥宮の大鳥居

パッと見のインパクトが大きかったのは、やっぱり大鳥居。

砥鹿神社奥宮の鳥居

ですが、雰囲気的にはこちらの鳥居のほうが「わびさび」が感じられて好きです。パワースポットと言われる理由がわかった気がします。

砥鹿神社奥宮の参籠所

さらに奥へと進むと、参籠所と…

砥鹿神社奥宮の大福釜

参籠所の前には大福釜が。粥占祭というお祭りで使われるそうです。

さらにすぐ近くには、樹齢およそ千年の大きな御神木が。写真に収まりきらないので動画にしました(インスタ使いこなせてない…)。

守見殿神社(砥鹿神社奥宮)

もうすぐ御本殿に到着。その前に守見殿神社(もりみでんじんじゃ)。なんだか声に出して読みたくなりますね。

富士山遙拝所(砥鹿神社奥宮)

向かいには富士山遙拝所も。よ~く目を凝らしてみると、心のキレイな人には富士山が…(見えない)。

八柱神社(砥鹿神社奥宮)

御本殿にお参りしたあとは、八柱神社(やはしらじんじゃ)へ。その名のとおり八柱(8人)の神様を祀っています。

荒羽々気神社(砥鹿神社奥宮)01

お待ちかねの荒羽々気神社。東海唯一の健保健脚の守護神とされています。

足の神様としては、名古屋の近くだと、白山宮(日進市)の足王社も有名ですね。

砥鹿歩道橋

…と、ここまで来たところで駐車場へ戻るのですが、せっかくなので本宮山頂に寄り道することにしました。

山頂へは赤茶色の歩道橋を渡ります。あと6枚ほどお付き合いください。

スポンサーリンク

先ほどの砥鹿歩道橋を渡って、しばらく進むと…

本宮山頂

東三河で一番高い山・本宮山頂に到着!ほぼクルマで登ってきたのに達成感がすごい。

本宮山県立自然公園(桜・ミズバショウ)

道からは本宮山県立自然公園も見渡せます。季節になると桜やミズバショウを楽しめるようです。

岩戸神社(奥の院)入口鳥居

駐車場まで戻ってきましたが、奥宮には岩戸神社(別名:奥の院)もあるので、鳥居をくぐって向かいます。

岩戸神社(奥の院)鳥居

人気(ひとけ)のない道を進むとさらに鳥居が。さすがにこちらまで参拝される方は少ないようです。

国見岩(天の磐座)

鳥居の先には国見岩(別名:天の磐座)が。一見、ただの岩ですが、この岩を見ながら先の階段を降りていくと、

ぼく
え?コレって、さっきの国見岩の続きだよね?めちゃめちゃデカい!

と、岩の大きさにビックリします(なお、階段が怖すぎて写真は撮れていない模様)。

岩戸神社(砥鹿神社奥宮)

そしてついに岩戸神社に到着!分かりにくいですが、先ほどの岩がずーっと下まで続いてるってことです。

写真右下のスキマに神様が祀られています。実際の様子は現地でのお楽しみ

と、こんな感じで1時間ほど歩き回り、エネルギーをチャージしてきました。お参りに来てよかった!

ぜひあなたも時間と体力の許す限り、境内とその周辺をいろいろ散策してみてください♪

■ 砥鹿神社の近くで御朱印を授かれた神社仏閣