御朱印のインクや墨書きが隣のページにうつらないようにと、神社仏閣の方が付けてくださる用紙「はさみ紙(挟み紙)」。

これって、家に持って帰ったあと、どうするの?

と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

若宮八幡社(名古屋市中区)の御朱印とはさみ紙(あて紙)01

僕は当初、無地の和紙(奉書紙)を挟んでもらうことがほとんどでしたので、深く考えずに処分していました

しかし、さまざまな神社仏閣で御朱印を授かるようになってくると、中には、

  • 神社のスタンプが押されている(上の画像)
  • 神勅が印刷されている

など、ポイと捨ててしまうには忍びない(勿体ない)はさみ紙も多く出てきたんですよね。

そこでココでは、御朱印とともに頂けるはさみ紙の保管方法について考えてみることにしました

■ 正式な名前はとくに無いようです

この記事では「はさみ紙」と表現していますが、正式名称はとくに無いようです。ほかにも、

  • あて紙
  • 押さえ紙(おさえ紙)
  • 吸い取り紙
  • 下敷き(コレは少数派)
  • 中の紙(コレはちょっと意味合いが違うかも)

など、さまざまな表現がみられて面白いですね。

スポンサーリンク

御朱印のはさみ紙の保管方法を考えてみたよ

御朱印のはさみ紙の保管方法3つ(クリアファイル・クリヤーブック・御朱印ホルダー)01

御朱印のはさみ紙をいざ保存しようとなったとき、僕の頭にパッと浮かんできた保管方法の候補は、以下の3つでした。

  1. クリアファイル
  2. クリヤーブック
  3. 御朱印ホルダー

1つずつ、サラリと考察・検討してみると…

保管方法1. クリアファイル

櫛田神社の御朱印のはさみ紙inクリアファイル01

もっともお手軽な保管方法がコレ。はさみ紙(御朱印)の数が少ないうちは、この方法で全く問題ないでしょう。

ただし問題は数が増えてきたとき。増えるにつれて紙の部分だけぷっくりと膨らんで、収納しづらくなるのが目に見えています。

ということで、最近は神社仏閣にお参りする機会が多くなってきたこともあり、この方法は見送ることにしました

スポンサーリンク

保管方法2. クリヤーブック

宗像大社の御朱印のはさみ紙(あて紙)とパンフレット01

次に考えたのがコレ。神社のパンフレットなどと一緒にクリヤーブックに入れて保管します。この方法なら、

  • 最初は都道府県ごとに分ける
  • 数が増えてきた都道府県は市町村ごとに分ける
  • さらに数が増えてきたら「区ごと」などに分ける

と、どんどん細分化していけそうです。コレは良さそう。そして、もう1つの候補は…

保管方法3. 御朱印ホルダー

書き置き御朱印専用ホルダー(景行天皇社と荒羽々気神社の御朱印)

本来は上のように、書き置き御朱印専用のモノ。左は荒羽々気神社(愛知県豊橋市)、右は景行天皇社(同長久手市)の御朱印です

さいご3つ目の候補は、書き置き専用の御朱印ホルダーを使う方法(僕は楽天の販売店で買いました。東急ハンズにもあるようです)。

いっそのこと、はさみ紙も一枚ずつホルダーに入れて保管してしまおうかと考えたのです。ただ、

  1. 御朱印とはさみ紙をそれぞれ別のホルダーで保管するにしても、御朱印とはさみ紙を同列に扱うのは何だか気が引ける
  2. 御朱印ホルダーは使い心地も良く気に入っているが、いかんせん購入コストがかかる

この2つのポイントが、どうしても引っかかるんですよね…。

ということで、とりあえずは「クリヤーブック」に入れて大切に保管することにしました。また気づいたことがあれば追記しますね。

■ とはいえ、捨てる場合もあります

もちろん、すべてのはさみ紙を保管するわけではありません。

  • 無地の和紙(奉書紙)
  • 印刷物を再利用した紙(電話帳・時刻表・新聞紙など)

などのはさみ紙は、いらなくなったら適切なタイミングで処分するつもりです。

時機としては帰宅して神社のパンフレットなどを見返し、ひと通り思い出に浸り終わったあとがベストかなって気がしますね。

それから、ほかにもいくつか、

  • はさみ紙の処遇についての事例(アイデア)

があったほうが参考になるかと思うので、3つほど紹介しておくと…

スポンサーリンク

御朱印のはさみ紙の処遇について。中にはこんな人も

処遇方法1. 御朱印帳に挟んだままにしておく

はさみ紙を挟んだ状態の御朱印帳(熱田神宮)01

上のような状態ですね。熱田神宮(名古屋市熱田区)の御朱印帳(御神印帳)です

御朱印巡り初心者でちらほら見かけたのが、御朱印帳に挟んだままにしておくというモノ。

コレならインクや墨がうつる心配はありませんね。しかし、はさみ紙を挟んだままだと、

  • 御朱印袋の中でわちゃわちゃする
  • 神職の方に気を遣わせてしまいそう(=マナー的に気になる)
  • (風などが気になって)外で開きにくい

など問題点も出てくるかと思います。

ですので、御朱印めぐりが進むにつれて、この処遇方法からは自然と卒業される方がほとんどのようです。

処遇方法2. 御朱印帳の裏に貼る

御朱印のあて紙(はさみ紙・宗像大社)02

(手で必死に押さえていますが)上のような状態ですね。宗像大社で拝受した蛇腹式の御朱印帳です

御朱印仲間から教えてもらった方法がコレ。残したいはさみ紙に出会ったら、当該の御朱印の裏にのりで貼って保管するんだそうです。

たしかに御朱印帳と”はさみ紙”をスグに紐づけられて便利そうですね。ただ、手先が不器用な僕は、

  • はさみ紙がはみ出るほど大きい場合ハサミで切る(折るのは微妙)
  • 御朱印帳にスティックのりなどを使って貼り付ける

という繊細な作業に一抹の不安を感じるので、採用する勇気が出ません(つまり貼れない)。

特にのりのほうは怖いですね。テープのりならまだしも、でんぷんのりやスプレーのりはもってのほかです。シミや変色も気になる…。

書き置きタイプの御朱印の保管に御朱印ホルダーを使っているのも、同様の理由からです。

とはいえ、ナイスなアイデアだと思いますので、貼り方に自信のある場合は検討する価値があるのでは?

スポンサーリンク

処遇方法3. 一枚だけ持ち歩く

熱田神宮の御朱印袋(御神印袋)と御朱印帳(御神印帳)とはさみ紙

ほかとは処遇の方向性(ベクトル)が違いますが、なるほどなと感じたのがコレ。こちらも御朱印仲間から教えてもらいました。

はさみ紙なしで御朱印を授かったときのために、無地の和紙(奉書紙)を予備のようなカタチで一枚御朱印袋に入れておくんだとか。

僕は未だかつて何も挟まない状態で御朱印を授かった経験はありません(和紙なしで神社のパンフレットのみを挟んで頂いたことはあります)。

が、もしものために一枚常備しておくと安心ですね。さっそく実行しよう!(持ち歩くはさみ紙は折り曲げても問題ないでしょう。)

神社でお参り(参拝)する女性

最後に、今までに頂いたはさみ紙の中から印象的なモノをいくつか紹介しますね。

[適宜更新]御朱印のはさみ紙コレクション

はさみ紙の趣の深さに気づかず、捨ててしまったモノも多いため、まだまだ数は少ないですがどうぞ。

御朱印のあて紙(若宮八幡社)

若宮八幡社(名古屋市)の御朱印のはさみ紙。本殿のスタンプ+色づいた葉っぱの組み合わせです。季節に合わせた色使いがいいですね(11月にお参りしました)。

三輪神社の御朱印のあて紙(はさみ紙)01

三輪神社(名古屋市)の御朱印のはさみ紙。こちらも11月に参拝しましたが、はさみ紙はすでに冬の装い。

ひらがなで書かれた「みわ」の文字がなんとも言えない可愛らしさです。

御朱印のあて紙(はさみ紙・宗像大社)01

宗像大社(福岡県)の御朱印のはさみ紙。天照大神の神勅が印刷されています。個人的にお気に入りです。

櫛田神社の御朱印のはさみ紙01

櫛田神社(福岡市博多区)の御朱印のはさみ紙。風神雷神や祇園山笠のスタンプが押されています。

参拝記念のしおり(北海道神宮・御朱印と一緒に頂いた)01

オマケ。北海道神宮(札幌市)では本のしおりを挟んでくれました。読書するたびにありがたみがスゴいです。ほかにも、

  • 御朱印のいわれ(例:御朱印とは?)
  • 御朱印の解説(例:当社の御朱印は…)
  • 由緒書き(神社の説明書き)
  • 神社のSNSアカウントの紹介

など、さまざまなバリエーションのはさみ紙が存在する模様。また随時追加しますね。

ちなみに、はさみ紙に少し関連して、御朱印帳の紙質が悪いと、インクや墨の乾きがどうしても遅くなります(裏写りしやすいケースも)。

ですので、紙質の良し悪しを見極められるようになるまでは、できる限り、

  • 神社仏閣に用意されている御朱印帳

を使うのがおすすめ(裏写り対策にもなります)。神社仏閣の御朱印帳であれば、紙質にまで気を配られている場合がほとんどですからね!