僕(なごやっくす)の業務の中心はデスクワーク。1日中パソコンの前で作業することも珍しくありません。

デスクワーク環境

それもあって、

  • 仕事への集中力アップ(パフォーマンスの向上)
  • 健康(肩こり&腰痛対策や座りっぱなしの防止など)

この2つを両立させるための環境づくりには、かなりの力を注いできたんですよね。

ぼく(なごやっくす)
「肩こりに悩む≒仕事に集中できない」なので、健康も集中力アップに含まれちゃうかも

ということで、僕のデスク周りの環境を、

  1. パソコン関連
  2. 机や椅子など
  3. デスクまわり(机の上)
  4. そのほか作業に集中するための環境づくり

この4ジャンルごとにまとめておくことにしました。

  • 事務職(デスクワーク業)の方
  • 在宅ワークをされている方(副業含む)
  • ブロガーさん
  • Webライター業を営んでいる方

は、ぜひ参考にしていただければと思います!

ぼく(なごやっくす)
ちなみに、ありがたいことにデスク周りがおしゃれだと言われることも多いです。モノが少なくてスッキリしてるからそう見えるのかな


スポンサーリンク

パソコン関連:使いやすさは集中力の面でもすごく大切

この章で紹介するのは、以下の5つのアイテム。

  • パソコン
  • モニター
  • キーボード
  • マウス
  • プリンター

使いやすさ(=使っていてストレスを感じない)や疲れにくさを重視して選んだ結果、今の環境に落ち着いております。

というのも、ストレスや疲れは集中力を損ねる大きな原因になりますからね。環境づくりをするうえで、僕の中でハズせない要素です。

ぼく(なごやっくす)
記事のタイトルを”集中力がすべて”としたのも、コレが理由です

それでは、1つずつ順番に紹介しますね。

パソコン:レッツノートを家でも外でも使っています

ノートパソコン(レッツノート・Panasonic)01

使っているパソコンはレッツノート(パナソニック)。自宅でも外でも同じノートパソコンを使っています。

自宅では下の画像のように、モニターと接続して使用しております。

デスクワーク環境

先ほどと同じ画像で恐縮です。ノートパソコンの画面を見ることはほとんどありません

ぼく(なごやっくす)
持ち運びするから丈夫なPCがいいな~

と思って購入したのですが、ココ最近は自宅での作業時間のほうが圧倒的に多いです。

使っているのは下のシリーズですね。「レッツノート=ダサい」なんて口コミも多いですが、僕は愛着を持ちながら使っていますよ。

モニター:EIZOのフレームレスモニター

モニターはEIZOのフレームレスモニター「FlexScan EV2456」を2つ並べて使っております。

EIZOフレームレスモニター

ロック画面は僕の好きなバンド[ALEXANDROS]です。ワタリドリっていう曲が有名ですね

  1. フレームレスで視線の移動がストレスフル
  2. 角度の調整がしやすい(手で簡単にできます)
  3. スペースを取らない(土台部分がコンパクト)
  4. 目が疲れにくい(明るさの自動調整やブルーライトカットなど)

このあたりが選んだ決め手(ポイント)ですね。

とくに「目が疲れにくい(目に優しい)」というのは長時間作業する僕にとっては重要でした。

ぼく(なごやっくす)
目の疲れを自覚した時点で、集中力が低下してるってコトですしね

もともと僕は眼圧が高く、眼科の先生から緑内障の気があると言われているので、目の健康にはかなり気を遣っております。

モニターについては現行モデルが販売中です。

キーボード:東プレREALFORCE91UBK-S(黒)

続いてキーボード。東プレという会社のリアルフォースシリーズ「91UBK-S」です。

東プレキーボードRealForce

ネットでべた褒めの口コミが多かったので、素直に買いました。

  • 静音タイプ(音が小さい)
  • 押し心地が快適(人間工学に基づいている)
  • ボタンのデザインがシンプル(ひらがな表記なし)

この3つが気に入っているポイントですね。

「A」や「Z」など小指のボタンが軽い(=指ごとにボタンの圧が違う)ので、以前ちょこちょこと感じていた、

ぼく(なごやっくす)
ちゃんとタイピングしてるはずなのに、また「A」だけ押せてないよ!なんでだよ!!

といったイライラが大幅に減りました。ただし、使い始めの1週間は慣れるのに苦労しましたが(笑)

今では快適に使えて大変満足しております。こちらも現行モデルです。

マウス:ロジクール ワイヤレストラックボール MX ERGO

ロジクールワイヤレストラックボールマウスMX ERGO01

そして、マウスはロジクールのワイヤレストラックボール MX ERGO。

  1. ワイヤレスでスッキリ
  2. トラックボールで場所を取らない
  3. 角度が付いていて疲れにくい

このあたりが決め手&実際に使っていて快適さを感じるポイントですね。

ぼく(なごやっくす)
上2つはデザイン的な意味でも気に入っています

とくに2つ目のトラックボールっていうのは、マウスを動かさずに親指(と人差し指)だけでサクサク操作できてありがたいです。

最近は自宅での仕事が多いですが、

  • 繁華街のカフェ
  • 新幹線の座席

など、外出先の狭いデスクで作業するときにメチャメチャ重宝していましたよ。

マウスを思うように動かせないと、どうしても仕事に対しての集中力も落ちてしまいますからね。

ロジクールワイヤレストラックボールマウスMX ERGO02

ちなみに、3つ目の“角度が付いていて…”というのはこんな感じ。左に少し傾いていますよね。

劇的な疲れにくさを実感しているわけではありませんが、

ぼく(なごやっくす)
人間工学に基づいているなら、気づかないところで疲労が軽減されているんだろうなぁ

という感じで、ありがたく使っております(笑)

こちらも現行モデルの取り扱いがありましたので、下にのせておきますね。

パソコン関連の最後はプリンターです。

プリンター:EPSON PX-048A

プリンターに関しては特にこだわりなく買いました。

EPSONプリンターPX-048A01

印刷できればソレでOKという感覚で、安心感のあるエプソンをチョイス。

純正インクがちょっと高いかな…と感じますが、まぁしょうがないですね。

ぼく(なごやっくす)
互換インクを使うのは、何だかためらわれるんですよね…

こちらは同シリーズの新型があるので載せておきます。

パソコン関連はココまで。続いてパソコンデスクやオフィスチェアーに移ります。

パソコンデスクやオフィスチェアーなど

パソコンデスク:BEKANTベカント コーナーデスク電動昇降式(IKEA)

NHKのテレビ番組・クローズアップ現代+で、

  • 1日に座る時間が11時間以上の人は、4時間未満の人たちと比べて死亡するリスクが40%も高まる

というのを見て以来、立って仕事ができる机はどうしても欲しかったアイテムの1つでした。

BEKANTベカント コーナーデスク電動昇降式(IKEA)01

コードをスッキリさせたいですね…

そこで買ったのが、イケア(IKEA)の電動昇降式コーナーデスク。

決して安くない買い物でしたが(8万5千円)、ボタン1つで高さ調節ができるので大変満足しております。

ぼく(なごやっくす)
とはいえ、座っての作業時間のほうが長いですけどね

卓上傾斜台 angle10を机の上に置いています

ちなみに、パソコンデスクの上には「angle10(アングル10)」という卓上傾斜台を置いています。

デスクワーク環境

キーボードの下にある銀色(シルバー)のやつです

コレがあることで、自然な後傾姿勢を保つことができ、

  • 背中が丸くなる姿勢(猫背)の改善
  • 腰痛の予防や改善

につながるかもと思い購入しました。僕は子供のから腰痛持ちなんですよね。

ぼく(なごやっくす)
小学生の時から定期的に病院に通い、腰に電気を流してもらっていたんです

腰の痛みが全くなくなった!などと大それたことは言いませんが、コレがあるのとないのとでは全然違いますよ(※個人の感想です)。

デザインもカッコよくてお気に入りです。ただしコレも安い買い物ではなかった(21,060円)…。

オフィスチェアー:オカムラのコーラル(Choral)

オカムラのコーラル(Choral)03

オフィスチェアーにもお金をかけました(13万2400円)。一日の大部分を過ごす場所ですからね。

オカムラ(okamura)のコーラルは、オフィスチェアーの中だとそこそこ有名な部類に入るのでは。

ぼく(なごやっくす)
肩こりや腰痛の予防&改善に期待して奮発しました

ちなみに僕の場合は試し座りを一切せず、「えいやっ!」と勢いでポチりました(満足しているので結果オーライ)。

コーラルはカスタマイズが豊富なので、参考までに僕の仕様を載せておきますね。こんな感じです。

  • ボディカラー:ブラック
  • クッションの色:ブラック
  • フレームカラー:ポリッシュ
  • ヘッドレスト:エクストラハイバック
  • アーム:アジャストタイプ(可変式)
  • ランバーサポート:あり(腰のサポート)
  • ハンガー:無

ちなみに、買ったお店は以下のオカムラ公式ショップ(楽天市場店)。

ですので、以下の商品ページから「カラー:ブラック」を選択すれば僕と全く同じモノが届きますよ。

なお、このオフィスチェアーのおかげで大量の楽天の期間限定ポイントをゲットできました。ありがたい!

※楽天の期間限定ポイントの使い道を以下の記事で紹介しています

ウォーキングマシン(作業中に使用):WalkRo

WalkRo(ウォークロ)

友達からネタにされることも多いですが、ウォーキングマシンで歩きながら作業することもあります。

とはいえ、さすがに歩きながら高速でタイピングするのはキツいので、

  • 調べもの(リサーチ)
  • メールチェック(と簡単な返信)

実際の作業はこの2つに限られますけどね。

ぼく(なごやっくす)
調べものはスマホや読書を含みます

なお、くわしいレビューは以下の記事で行なっていますよ。

続いて、デスクまわり(机の上)に置いているアイテムたちを紹介しますね。

パソコンデスクの上(照明や観葉植物など)

照明:バルミューダ ザ・ライト L01A

バルミューダのライト

照明はバルミューダの「ザ・ライト(写真左)」。

コレ実は子供向けのアイテムなんですが、目に優しそうなので導入してみました。

  • 手元に影ができづらい(医療用の手術灯をヒントに開発されている)
  • 自然界の光に近い太陽光LEDを採用

おもにこの2点に惹かれましたね。

ぼく(なごやっくす)
先ほど言ったように、目の健康にはかなり気を使っておりますので

こちらもお値段はそれなりにしましたが(39,960円)、長く活躍してくれそうですよ。

置き時計兼タイマー:スマホを近くに置かないために買いました

インテリア置き時計(タイマー)

デジタル時計も机の上に置いています。時間を区切って集中したいときに、タイマー機能を活用する感じですね。

もともとはiPhoneのタイマーを使っていたのですが、スマホが手元にあるとついつい見ちゃうんです(笑)

ですので、ソレを防ぐ目的で買いました。仕事中、スマホは部屋の隅に遠ざけて充電モードにしております。

デスクワーク環境

ぼく(なごやっくす)
机に置くとこんな感じ(マウスの右上)。デザイン性も高く、イイ感じです

こちらは500円とお値打ちでしたよ。

観葉植物:ポトスエンジョイ

観葉植物(ポトスエンジョイ)

観葉植物も僕のデスクに欠かせない存在ですね。

僕の愛読書「最高の体調」には、観葉植物に関する以下のような実験報告がのっています。魅力的。

  • デスクの上に観葉植物を置いた従業員ほど主観的なストレスが低く、病気で会社を休む回数は少なく、仕事の生産性まで高い傾向が見られた
  • 観葉植物の近くで働くオフィスワーカーは肌荒れが減った
  • 観葉植物を前にしながら作業をした被験者は幸福感が47%アップし、作業の効率が38%も上がった

最高の体調(鈴木祐,2018,クロスメディア・パブリッシング)をもとに作成

そして、数ある観葉植物の中からポトスエンジョイを選んだ理由は、おもに以下の3つ。

  1. お手入れが簡単(週に1回の水やりと元気のない茎葉の剪定)
  2. ある程度小さいサイズでキープできる(普通のポトスより育つのが遅い)
  3. NASAがポトスを推奨している

デスクワーク環境

ご覧のとおり、適度なサイズ感で気に入っております

観葉植物を取り入れてみたい、でも自分に育てられるか不安…

という場合は、ポトスエンジョイから始めてみてはいかがでしょうか。

ぼく(なごやっくす)
僕は実店舗(イオンの花屋さん)で買いましたが、楽天でポチるならコレかな~というアイテムをのせておきますね

花:定期的に花屋さんで買ってきます

花

観葉植物と同様の目的で、花もデスクに置くことが多いですね。

ぼく(なごやっくす)
こちらは毎日水を変える必要がありますが、ソレもまた気分転換になるとポジティブに捉えております

愛用の花瓶は、下にのせたホルムガードのFloraベースというアイテムですので、よろしければ参考にしてください。

商品ページで「medium クリア(中サイズの透明Ver.)」を選べば、僕と同じ花瓶が届きますよ。

ちなみに、花は花屋で購入しています。イオンやアピタで買い物するついでに買うことが多いですね。

花にも興味があるけど、お手入れの仕方がちょっと不安…

という場合は、以下の記事を参考にしていただければと。

そのほか集中できる環境づくり

最後はそのほかの集中するための環境づくり。

  1. 川のせせらぎ音(YouTube動画)
  2. 山の自然音(スマホ無料アプリ)
  3. 加湿空気清浄機
  4. ネタトモ(二酸化炭素濃度測定器)

この4つを順番に紹介していきます。

川のせせらぎ音(YouTube動画)

川のせせらぎ音(YouTube動画)

Amazon Fire TV Stickをテレビに繋いで動画を垂れ流しております

ふたたび書籍「最高の体調」からになりますが、

  • 自然の音
  • 自然の画像

に関する魅力的な実験報告があるんです。例えばこんな感じ。

  • 複雑な数学の問題を解いたあとに自然の写真を5分間見ると、都市の光景を眺める場合と比べて副交感神経が2倍活性化し、心拍数も優位に低下した
  • 風の音や虫の音を5分25秒ほど聞いた被験者は、車のエンジンやオフィスのざわめきを聞いたときよりも、優位にリラクゼーション反応が起きた

ということで、仕事中は川のせせらぎのYouTube動画をひたすら流し続けております。コレです。

実はこの動画、僕(なごやっくす)が川(愛知県豊田市の香嵐渓)で実際に撮影してきたモノ。

ぼく(なごやっくす)
自分が撮影したモノだと臨場感があって、さらに効果が増す気がするんですよね

川のせせらぎ音をテレビ画面で流すようになった結果、

  • テレビやYouTubeをダラダラ見てしまう

といった類のサボり回数が激減しましたので、思い当たるフシのある場合はとくにオススメかと!

山の自然音(スマホ無料アプリ)

HealingSound(自然音・スマホ無料アプリ)

さらに合わせ技で、スマホの無料アプリ「HealingSound」を使って山の自然音も流しています。

四季折々の山の音が収録されているので(春はウグイスの鳴き声など)、気分に合わせて音を変えられるのもイイ感じです。

癒しの環境音で・快眠・集中・リラックス!

癒しの環境音で・快眠・集中・リラックス!

Gokou Ruri無料posted withアプリーチ

加湿空気清浄機:「HEPA」フィルター付きがイチオシ

SHARP加湿空気清浄機(HEPAフィルター付)

続いて加湿空気清浄機。体調管理のために常時稼働させております。

ぼく(なごやっくす)
体調が悪いと、集中力もどうしても落ちてしまいますので
  • 花粉
  • 乾燥
  • ウイルス
  • カビの胞子

このあたりをスイッチ1つで一気に対策してしまうイメージですね。

ココでも書籍「最高の体調」が登場しますが、空気清浄機を選ぶときのポイントについては…

「HEPA」と呼ばれるフィルタさえ搭載していれば、何を選んでも大差はありません。
「HEPA」は0.3マイクロメートルのホコリを99.97%ブロックする性能を持ち、家庭用の空気清浄機としては最高の性能を持ったフィルタです。

出典:最高の体調(鈴木祐,2018,クロスメディア・パブリッシング)

このように「HEPA」フィルタの有無が重要とのこと。

ということで、僕が購入したのはHEPAフィルタ搭載の以下のアイテム。お店もココで買いました。

博多華丸さんのモノマネ「北社長」でおなじみのトーカ堂ですね。

Netatmo ウェザーステーション(二酸化炭素濃度測定器)

集中力を維持するために(脳に酸素を供給し続けるために)、部屋の換気は必要不可欠!…なのですが、

ぼく(なごやっくす)
窓を開け閉めしてるけど、ちゃんと空気は入れ替わってるのかな?

という不安な気持ちもどこかにありました。

ネタトモ(netatmo・二酸化炭素濃度測定器)

ソレを解消すべき導入したのがNetatmo(ネタトモ)のウェザーステーション。

部屋の二酸化炭素濃度に応じて、中央のランプの色が以下のように変化するんです。

  • グリーン(非常に良い/425ppm)
  • イエロー(平均的/1180ppm)
  • オレンジ(警告!/2250ppm)

それなりに値段もしましたが(23,965円)、二酸化炭素濃度の可視化により、

  1. 換気のタイミングに迷わなくなった
  2. やる気が出ないのを二酸化炭素のせいにしなくなった(できなくなった)

という2つのメリットを享受できております。

部屋の換気、ワタシも大事だと思います!

という場合はぜひご検討を。


デスクワーク環境としては、とりあえずこんな感じですね。あとは冷えが気になるときは、レッグウォーマーを着けて作業しています。

ぼく(なごやっくす)
良いものを見つけたら、適宜追記修正していきますね

そして集中力と体型を維持するために、仕事中の間食にも気を配っております。

以下の記事にまとめてありますので、ぜひ合わせてご覧ください。それでは!