砥鹿神社(愛知県豊川市)に参拝し、御朱印を頂いてきました!

表神門と御朱印(砥鹿神社里宮)

愛知県に住んでいる僕としては、三河の国の一之宮に参拝できて、すがすがしい気持ちでいっぱいです。

ということで、気持ちが冷めないうちに、今回の参拝・御朱印についての情報を、コレを読んでいるあなたにもシェア!

僕と同じように、今回初めて砥鹿神社に参拝し、御朱印を頂こうと考えている人にきっと役立つ情報、具体的には、

  1. 御朱印情報(頂けた場所など)
  2. 最寄り駅とアクセス
  3. 駐車場に関する情報
  4. 奥宮(山の上にあります)について

以上4点についてまとめました。

まずは、コレを気にされている方が一番多いはずの、御朱印が頂ける場所と時間・値段から紹介していきます。

スポンサーリンク

御朱印は表神門近くの社務所で頂きました

砥鹿神社(里宮)の社務所

■ 御朱印を頂けた場所など

  • 場所:社務所
  • 時間:平日15時ごろ
  • 値段(初穂料):300円

御朱印を頂いたのは、表神門(正門)をくぐって左手側にある社務所(上の写真です)。

表神門をくぐった右手側に手水舎が、そして正面に御本社(拝殿)があるので、

  1. 手水舎で心と体を清め、
  2. 御本社(拝殿)でお参りする

この2つは最低限済ませてから(済ませるという言葉が適切かどうかはさておき)、御朱印を頂くのが良いでしょう。

御朱印が頂ける(社務所の)場所001

↑非常にシンプルかつ絵心がありませんが、御本社や社務所などの位置関係はこんな感じ♪

なお、僕が社務所で御朱印を頂いた時間は平日の15時ごろ

さすが一之宮というだけあって、境内もそれなりに広く、社務所には巫女さんが複数人常駐している様子でした。

なので、平日・週末・祝日に関係なく、朝9時から夕方17時のあいだ、さらに万全を期したいなら、

  • 朝10時から昼12時
  • 昼13時から夕方16時

このいずれかの時間帯に参拝し、社務所を訪れるようにすれば、まず間違いなく御朱印を頂けるのではないでしょうか。

そして、御朱印の値段(金額・初穂料)はほかの多くの神社と同じ300円。

御朱印を頂いたあとに、巫女さんがていねいに、

300円をお納めください♪

と伝えてくださったので、もしあなたが御朱印を頂くのに慣れていない場合でも、安心してお願いできると思いますよ^^

■ 御朱印帳もありました

社務所には御朱印帳も置いてあり、色(カラー)は、

  • 薄紫色
  • 白色

の2種類で値段(初穂料)は1000円。大きさについても多くの神社にあるような、一般的なサイズでしたよ。

熱田神宮の御神印帳(御朱印帳)と御神印帳袋(御朱印帳袋)01

↑僕が今使っている熱田神宮の御朱印帳(16cm×11cm)と同じサイズだと思います

…と、御朱印に関する情報は、これくらい頭に入れておけばカンペキ。

続いては、ストレスなく砥鹿神社までたどり着けるよう、神社までのアクセスについて見ていきましょう~。

  • 公共交通機関を使用する場合
    (最寄り駅とソコからのアクセス)
  • クルマで行く場合
    (おもに駐車場情報)

この順番で解説していきますね。

スポンサーリンク

砥鹿神社へのアクセス(行き方)を解説するよ

砥鹿神社の最寄り駅・三河一宮駅(JR飯田線)02

↑砥鹿神社の最寄り駅・三河一宮駅

■ 砥鹿神社へのアクセス

  • 最寄駅:三河一宮駅(JR飯田線)
  • 駅からのアクセス:徒歩5分

砥鹿神社の最寄り駅は、JR飯田線の三河一宮駅(上の写真です)。

そして駅からは歩いておよそ5分(距離にして約400メートル)で、神社の鳥居(参道の入口)に到着します。

三河一宮駅から砥鹿神社へのアクセス(行き方)001

駅前に案内地図(周辺観光案内)があり、神社までの道順も至ってシンプルなので、道に迷う心配もありませんよ。

■ 名古屋駅からのアクセスは?

名古屋駅から神社へ向かう場合は、JR東海道本線で豊橋駅まで行って、ソコで飯田線に乗り換えればOK。

JR東海道本線(特別快速・豊橋行)

また、東京や大阪など遠方から神社を訪れる場合は、東海道新幹線の、

  • こだま(すべて)
  • ひかり(一部)

が豊橋駅に停車しますので、ソコで飯田線に乗り換えて三河一宮駅へと向かうのも良いでしょう。

続いては、車は無料で停められるのか?収容台数は何台程度なのか?気になる人も多いはずの駐車場関連の情報です!

スポンサーリンク

駐車場は210台収容(しかも無料)と充実していました

表神門前駐車場(砥鹿神社里宮)

↑表神門前の駐車場

■ 砥鹿神社の駐車場

  • 収容台数:およそ210台
    (表神門前40台・大駐車場170台)
  • 駐車料金:無料

砥鹿神社には、表神門前(40台収容)と
境内北西(大駐車場・170台)の2か所に
無料の駐車場が用意されています。

これまでに数多くの神社に参拝してきた僕の経験と勘をふまえると、平日なら、高い確率で表神門前に停められるはず。

砥鹿神社里宮の大駐車場(170台収容)

↑こちらは170台収容の大駐車場

一方週末だと、満車になる事もありそうなので(そして少し道も狭い)、初めから大駐車場に向かっても良いと思います。

なお、どちらの駐車場に向かう場合も、下の地図を参考に、国道151号線の、

  • 信号交差点「砥鹿神社前」

から進入すれば、スムーズに辿り着くことができますよ。

砥鹿神社の駐車場001

現地には丁寧に案内看板も出ていたので、焦らず安全運転で駐車場に向かいましょう♪

■ 豊川ICからはわずか2分!

ちなみに、砥鹿神社から一番近い高速道路のインターチェンジは、問答無用で豊川IC。

インターの料金所を通り抜けると、その先の道が、

  • 豊川・豊橋(左方向)
  • 新城(右方向)

と、二手に分かれているので、
新城方面(右側)に進めば、そのまま自然と国道151号線に合流します。

ソコから約2分(距離にして1.3km)ほどで信号交差点「砥鹿神社前」に到着しますよ。

…で、実はココまで紹介してきたのは、砥鹿神社の、

  • 里宮(さとみや)

に関する情報。砥鹿神社にはもう1つ、里宮から少し離れた山の上に、

  • 奥宮(おくみや)

もあり、こちらでも御朱印を頂けるので、最後にそのお話をしますね。

(ビックリしました??僕は初めてこの事実をを知ったとき、かなりビックリしました!笑)

スポンサーリンク

砥鹿神社には奥宮も!ココでも御朱印が頂けます

砥鹿神社は里宮のほかに奥宮もあり(里宮から車で30分)、こちらでも御朱印を頂けます。

砥鹿神社奥宮と荒羽々気神社の御朱印

奥宮では、荒羽々気神社(右・書き置きタイプ)の御朱印も頂くことができました!

奥宮の御朱印に関する情報は、以下の記事にまとめましたので、ぜひあわせてご覧くださいませ。

砥鹿神社奥宮の御朱印情報

■ 里宮でも奥宮の御朱印が頂けます

なお、奥宮に参拝するのが難しい場合は(体力面など)、里宮境内のえびす社の左隣にある、

  • 本宮山奥宮遙拝所

に参拝すれば、本宮山奥宮の御朱印を「里宮の社務所」で頂けます。

僕が参拝したときには、遙拝所と社務所の2か所に、今書いた旨の案内が掲示されていました)

本宮山奥宮遙拝所とえびす社(砥鹿神社境内図)

↑えびす社や本宮山奥宮遙拝所の位置関係を示した地図がこちらです

御朱印料は里宮と別に納める必要がありますが、こういった配慮があるのは非常にありがたいですね^^

必要なことだけをコンパクトにまとめてきたつもりですが、少し長くなったので、一度記事の内容をおさらいしましょう!


スポンサーリンク

まとめ&境内の様子を何枚か写真に収めさせていただきました

今回の内容を、ギュギュギュッ!と凝縮してまとめましたので、どれだけ覚えていたかチェックしてみてください。

■ 御朱印を頂けた場所など

  • 場所:社務所(表神門くぐり左)
  • 時間:(僕は)平日15時ごろ
  • 値段(初穂料):300円

■ 最寄り駅とアクセス

  • 最寄駅:三河一宮駅(JR飯田線)
  • 駅からのアクセス:徒歩5分

■ 駐車場情報

  • 収容台数:およそ210台
    (表神門前40台・大駐車場170台)
  • 駐車料金:無料

■ 奥宮について

  • アクセス:本宮山スカイライン(無料)経由で30分
  • 特記事項:里宮でも「本宮山奥宮遙拝所」を参拝すれば御朱印を頂ける

■ その他の情報

そして以下には、砥鹿神社境内(里宮)で撮らせていただいた写真のいくつかをセレクトして載せておきます。

建物の様子等は生で見るのが一番ですがコレを読まれている方の中には、様々な事情をお持ちの方がいると思います

ですので、僕の写真で、少しでも境内の素敵な雰囲気を感じとっていただければ幸いです。

スポンサーリンク

まずは、記事で何度も名前を出してきた「表神門」。

表神門(砥鹿神社里宮)

そして「御本社」。

御本社(砥鹿神社里宮)

続いて、手水舎のすぐ近くにある立派な「太鼓楼」と…

太鼓楼(砥鹿神社里宮)

大きさ日本一と言われる「さざれ石」(個人的にかなり気に入りました)。

さざれ石(砥鹿神社里宮)

続いて、御本社左にある「えびす社」。

えびす社(砥鹿神社里宮)

中にはえびす様もいらっしゃいました。

えびす社の中のえびす様(砥鹿神社里宮)

「縁結び守見殿神社」(左) と、「本宮山奥宮遙拝所」(右)。

縁結び守見殿神社・本宮山奥宮遙拝所(砥鹿神社里宮)

縁結び守見殿神社の横にはかわいらしいハートの絵馬もありました(犬山城下町の三光稲荷神社が有名ですよね)。

ハートの絵馬(縁結び守見殿神社・砥鹿神社里宮)

さらに、すぐ近くには「神鹿絵馬殿」。

神鹿絵馬殿(砥鹿神社里宮)

載せ始めたら止まらないな…。あと5枚ほどお付き合いください。

スポンサーリンク

砥鹿神社前交差点から表神門へと続く道の途中にある「荒羽々気神社」と…

荒羽々気神社(砥鹿神社里宮)

その隣にある「八束穂神社」。

八束穂神社(砥鹿神社里宮)

JR三河一宮駅から歩く場合は、こちらの「西側鳥居」をくぐるのもオススメ。

西側鳥居(砥鹿神社里宮)

真っすぐに伸びた参道の雰囲気も良く、心が洗われました。

砥鹿神社里宮西側参道

最後に、大駐車場の北西隅にちょこんとあった「護国神社」。

護国神社(砥鹿神社里宮)

…と、なんだかんだで沢山の写真を紹介してきましたが、境内がめちゃめちゃに広いワケではありません。

イメージとしては、尾張国一之宮の、

  • 真清田神社(一宮市)

と同じくらいですね(なので、豊川稲荷と比べればかなりコンパクトです)。

ということで、あなたもぜひ砥鹿神社を参拝する際は、境内をすみずみまで散策してみてください♪