北海道旅行に行った際、念願の北海道神宮に参拝し、御朱印を頂いてきました!

北海道神宮と開拓神社の御朱印

左の「開拓神社の御朱印」も同じ場所(=北海道神宮)で頂いたモノです。詳しくは後ほど!

有名な一之宮の中ではもっとも北にあり、札幌中心部からのアクセスも良好ということで、札幌を訪れた際はぜひ参拝したいと思っていたんですよね~。

ですので、今この記事を書いている最中も、隣に御朱印帳を置いて、時おりソレを眺めながらニヤニヤしています。

ということで、ココでは、僕と同じように北海道神宮に参拝し、御朱印を頂こうと考えている方のために、

  • 御朱印が頂ける場所
  • 御朱印が頂ける時間
  • 御朱印の料金(初穂料)

といった情報についてまとめておきますね。

スポンサーリンク

北海道神宮で御朱印が頂ける場所・受付時間・料金はこちらです

■ 北海道神宮の御朱印

  • 場所:祈祷受付所
  • 受付時間:午前9時~閉門
    (閉門時間は後ほど記述します)
  • 料金(初穂料):500円

北海道神宮の御朱印が頂ける場所は、本殿(拝殿)の右手側にある祈祷受付。

北海道神宮御朱印受付場所001

だいたいの場所さえ覚えておけば、現地には案内表示もあったので大丈夫です♪

そして、受付時間は通常午前9時から閉門までで、閉門時間は時期によって異なり、以下の表のとおり。

期間 閉門時間
3月1日~10月31日 17:00
11月1日~2月末日 16:00

※お正月期間については公式サイトをご確認ください

また、御朱印の料金(初穂料)は「500円」となっていました(以前は300円だったようですね)。

スポンサーリンク

開拓神社の御朱印も同じ場所で頂けました

開拓神社(北海道神宮)と御朱印

それから、記事タイトルにあるように、僕は今回「3種類」の御朱印を頂いてきたんですよね。その3種類がこちら。

  1. 北海道神宮の御朱印
  2. 開拓神社の御朱印
  3. 北海道神宮頓宮の御朱印

で、1種類目の「北海道神宮の御朱印」は先ほど説明したとおりで、2種類目の「開拓神社の御朱印」も、北海道神宮の御朱印と同じ場所(=北海道神宮の祈祷受付)で頂けました。

料金(初穂料)も北海道神宮の御朱印と同じ500円(つまり2つ頂くと合計1000円)。

開拓神社も境内にありますので、参拝したのち、2つまとめて御朱印を頂くのがおすすめです。

開拓神社(北海道神宮)の場所

そして3種類目の「北海道神宮頓宮」の御朱印については…

スポンサーリンク

北海道神宮頓宮は札幌中心部にあります

北海道神宮頓宮(とんぐう)は、その昔、雪が積もると北海道神宮に参拝するのが困難だったため、札幌の中心部に作られたという経緯があります(初めは遙拝所として設置)。

北海道神宮頓宮の御朱印

狛犬がかわいい、北海道神宮頓宮の御朱印。こちらの料金(初穂料)は300円でした!

で、こちらの頓宮でも、上のような頓宮オリジナルの御朱印が頂けました。

北海道神宮から頓宮へは地下鉄一本で移動できるので(円山公園駅→バスセンター前駅)、時間があればぜひ僕と同じように、両方に参拝されてください^^

なお、北海道神宮頓宮の御朱印に関する情報やアクセス(行き方)については、以下の別記事にまとめています。

北海道神宮頓宮の御朱印とアクセス

最後に、北海道神宮の御朱印帳が気になる方もいらっしゃると思うので、紹介しておきますね。

スポンサーリンク

北海道神宮の御朱印帳は色合い・デザインともにかわいい!

Instagramから引用させていただいております。

北海道神宮の御朱印帳は、上のような可愛らしいデザイン。「白×水色」の色合いと雪の結晶がおしゃれで、買おうかどうかメチャメチャ悩みました…(今使っている、熱田神宮の御朱印帳にまだ余裕があるので諦めたけど)。

サイズは見たところ、一般的な御朱印帳と同じ「16cm×11cm」で、料金(初穂料)は1000円だったと思います。

それから、御朱印袋の画像もインスタグラムから拝借するカタチで載せておきますね。

デザインは変更されている可能性があります。現地でのお楽しみ♪

一度、記事の内容をまとめましょう!

さまざまな事情で、現地まで足を運ぶのが難しい方もいると思うので、境内で撮影した写真もいくつか載せますね。

スポンサーリンク

まとめ&境内の写真コレクション

北海道神宮の御朱印に関する情報をおさらいしておきましょう。

■ 北海道神宮の御朱印

  • 場所:祈祷受付所
  • 受付時間:午前9時~閉門
  • 料金(初穂料):500円

■ 北海道神宮の情報

  • 住所:北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
  • 電話:011-611-0261

なお、北海道神宮の最寄り駅は地下鉄の円山公園駅で、3番出口から一本道で公園口の鳥居に到着します(徒歩およそ5分)。

札幌駅から北海道神宮へのアクセス(行き方)については、以下の記事にくわしくまとめましたので、よろしければどうぞ~。

札幌駅から北海道神宮へのアクセス
※地下鉄・バス・タクシーの3パターンあるよ!

また、北海道神宮には駐車場も用意されており、参拝者は1時間無料で停められますよ。

北一条駐車場(西駐車場)01

ということで、ここからはお待ちかねの(?)フォトギャラリーです!

北海道神宮の本殿・拝殿

荘厳さが感じられる本殿(拝殿)。

北海道神宮神門

こちらは神門。注連縄(しめなわ)が飾ってある感じが好きです。

北海道神宮の表参道

メインの参道となる表参道。訪れたのが七五三の季節だからか、写真奥の手水舎近くには屋台もいくつか出ていましたよ。

北海道神宮の手水舎

こちらが手水舎。神門のすぐ近くにあります。

島義勇の像

手水舎と神門のあいだにある島義勇(しまよしたけ)の像。現地で見るとかなりの迫力!開拓神社の御祭神の一柱(一人)でもあります。

北海道神宮第三鳥居

金運アップのご利益があると言われる第三鳥居。

南一条駐車場(東駐車場)

第三鳥居をくぐりたいなら、この南一条駐車場にクルマを停めるのが便利です。

北海道神宮第二鳥居

一方、こちらの第二鳥居には縁切りのご利益があると言われています。

札幌鉱霊社(北海道神宮境内)

開拓神社の隣にある札幌鉱霊社。鉱礦業に従事していた殉職者を奉祀する神社です。

穂多木神社(北海道神宮境内)

さらにその隣にある穂多木(ほたき)神社。こちらは北海道拓殖銀行に永年勤務功労のあった物故役職員を祀っています。

北海道神宮のさざれ石

国歌・君が代にも登場するさざれ石。さざれ石の見た目ってエモくないですか??

北海道神宮公園口鳥居

公園口鳥居。円山公園駅から向かう場合はココをくぐることになります。

北海道神宮守札授与所

そして最後は、お守りなどが売っている守札授与所。もちろん、おみくじもありますよ。

スープカレー(すあげプラス)

オマケ!すすきの駅近くで食べたスープカレー(お店の名前は「すあげプラス」)。美味しかった♪

いやぁ、空気も澄んでいて、北海道神宮はやっぱり素晴らしいスポットでした!

次に北海道を訪れる際は、西野神社にもお参りしてみたいなぁ。

参考までに、僕が今回の北海道旅行でお世話になったホテルは「ベストウェスタン札幌大通公園」。

素泊まりだったのですが、清潔感もあって(シャワーの水圧も◎)、快適な夜を過ごせましたよ♪

■ 今回の旅行で使ったサービス