夏の車内の温度を下げる5つの方法とは?効果テキメン!


「炎天下のクルマの中の温度を、一気に
 下げる裏ワザって、何かないかな?」


なんて、悩んでませんか??


夏 車内 温度 下げる


暑い夏の季節にお出かけするときの
悩みの1つが、この車内の暑さ対策!

長時間にわたって屋外に停めてあった
クルマの中は、決して大げさな表現じゃなく
50℃を超えるサウナ風呂状態ですからね^^;


そこで今回は、あなたも効果を
実感できること間違いなし!

夏の炎天下に停めてあったクルマの
中の温度を、一気に下げる方法や、

あらかじめ車内の温度を上げないように
する
、超効果的な対策などを全部で5つ、
ドドン!とご紹介していきます^^

スポンサードリンク


夏に車内の温度を下げる&上げないための5つの方法!


方法1. サンシェード(日よけ)は必ず使用する!


まずクルマの暑さ対策として、駐車中に
フロントガラスにサンシェード
(日よけカバー)をしておくのは必須!

コレをするのとしないのとでは、
運転席に乗り込んだときの体感温度が、
まったくと言っていいほど違ってきます。

スポンサードリンク


方法2. 少しだけ窓を開けて駐車しておく!


そして、車を停める場所が安全だと
自分で判断できるのであれば、駐車中に
窓を少しだけ開けておくのもオススメ!

車の中に熱がこもらず、風通しが
よくなる
ので、車内がサウナ風呂状態に
なるのを防ぐことができます。

高さ(長さ)としては、2~3cm(センチ)
ほど開けておけば充分でしょう。


また、車を停める場所つながりでいえば、
外出の際は、できるだけ日陰の(直射日光が
当たらない)場所を選んで駐車するのがGood!

長時間クルマを停める場合は、太陽が
東から昇って西に沈んでいくことも考えて、

今日陰になっている場所よりも、のちのち
日蔭になっていく場所を見極めて(予想して)
駐車するのが、デキるドライバーですね^^

スポンサードリンク


方法3. ドアの開け閉めをして換気する!


で、こちらは実際に車内の
温度が上がってしまったときに、
ソレを一気に下げるための方法!

助手席側の後ろの窓だけを
全開にしてから、運転席のドアを
5回大きく開け閉めすることで、

車の中の暑い空気と外の空気とが
入れ替わるので、一気に車内温度を
下げることができます。


「助手席の側の後ろの窓×運転席のドア」


という組み合わせにしているのは、
できるだけ遠い位置に、空気の入口
(と出口)を作ったほうが、

よりスムーズに、空気の入れ替えを
することができるから。


似たような方法が昔、生活の裏ワザ
(裏技)を紹介するテレビ番組
取り上げられていたようですが、この、


「できるだけ遠い位置の2か所に、
 空気の出入口を作る」



というポイントは、部屋の換気
スピーディーに行なうときにも、とても
役立つので、ぜひ覚えておいてくださいね^^


さらに、この方法を実行したあとに唯一
熱が残りやすい(こもりやすい)場所である!

トランクのドアを1,2回
開け閉めしてあげれば、もうカンペキです♪


夏 車内 温度 下げる02

方法4. 瞬間冷却スプレーでシートを冷やす!


コレは、しっかりとスプレーの
管理
ができる方だけに行なってほしい、
炎天下の車内の暑さ対策ですが!

車内のシート、あるいは自分や
同乗者の背中に、スポーツで使用するような
瞬間冷却スプレーを吹きかけることで、

座席の背もたれに背中を付けたときの
不快感を、一気に軽減することができます。


車内の温度が下がっても、シートは地味に
熱いまま
、なんて場合も多いのでこの方法を
使ってソレを解消することができれば、

あなたも車内の暑さ対策に関しては、
かなりの知識&対策を身につけた、上級者
なっていること間違いなしですね^^


ただし最初にも述べたとおり
スプレー缶の扱いには最大限の注意が必要!

スプレーを使うとき、ガスが車内に
充満しないよう、車の窓やドアを開ける
必要があるのはもちろんのこと、

スプレーを炎天下の車内に放置する
ことは、爆発して事故になる危険が
あるので絶対にNGです。


この方法を実行する場合は、
決して大げさではなく


「冷却スプレーは、スマホを持ち歩くのと
 同じ気持ちで、必ず携帯する」



これくらいの心構えでいるようにしてください!

スポンサードリンク


方法5. 断熱フィルムを導入する!


最後にご紹介する、車内の温度を上げない
ための超効果的な対策が、この断熱フィルム
あなたの車のガラスに貼り付ける方法!

断熱フィルムを窓に貼ることで、
駐車中はもちろんのこと、

運転中にも、太陽の光が差し込んできて
車内温度が上がってしまうのを
ガッツリと防ぐことが可能になります^^


さらに断熱フィルムには、


  1. UVカット (紫外線カット)
  2. プライバシー保護 (盗難対策)
  3. ガラスの飛散防止


といった効果も期待できるので、
まさにいいことづくめですね。


で、車検証に載っているクルマの型番を
記載するだけで、あらかじめあなたの
車用にフィルムがカットされた状態で届く、

超オススメのクルマ用断熱フィルム
ネットショップがあるので、
こちらにご紹介しておきますね♪




⇒車種別にカットされた状態で届いて
 超便利!「断熱カーフィルム」


まとめ&夏の季節にオススメの記事はこちら!


今回は簡単にできて効果バツグンの、
夏場に車内の温度を下げる&上げない
方法を、全部で5つご紹介してきました。


最後にもう一度、今回ご紹介した
5つの車内の暑さ対策をまとめておくと、
こういったカタチになりますね^^


  1. サンシェード(日よけ)は必ず使用する!
  2. 少しだけ窓を開けて駐車しておく!
  3. ドアの開け閉めをして換気する!
  4. 瞬間冷却スプレーでシートを冷やす!
  5. 断熱フィルムを導入する!


ということで引き続き、今度は食べ物や
飲み物であなた自身のカラダをクールダウン!

夏の季節には欠かせない、かき氷や麦茶
関するオススメ記事は以下からどうぞ^^

かき氷のシロップの種類をランキングで!
 あなたは何位まで食べた?


夏の水分補給には麦茶!
 ガブ飲みしたくなる理由はこの3つ!


麦茶のおいしい入れ方!超簡単で
 ガブガブ飲めるオススメはコレ!

スポンサードリンク
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ