岡崎城下家康公夏まつり花火大会2019に参戦するなら押さえておきたい、日程等の情報をまとめたのでシェアします!

岡崎城下家康公夏まつり花火大会(岡崎城を包む花火)

岡崎城と花火のコラボレーション!

今年も岡崎の花火はメチャメチャ楽しみですよね!僕もこれまでに何度も岡崎の花火にお邪魔した経験があるのですが、そのたびに、

  • 花火・屋台・観客

の3つが一体となったアツい雰囲気に酔いしれさせてもらってます。

ぼく(なごやっくす)
桜まつりの時期の雰囲気も好きですが、”熱気”という点においては、夏の季節の花火大会に軍配が上がります

で、何度も通っていると、まわりの友達や知り合いから、

岡崎の花火に行ってみたいんだけど、知っておいたほうがイイことってあるー??

なんていう質問をされることもありがたいことに増えてきました。

そこでココでは、今年2019年開催の岡崎城下家康公夏まつり花火大会に行くなら、知っておくと役立つ、

  1. 日程・時間や花火の打ち上げ場所
  2. 会場へのアクセス(電車とクルマ両方)
  3. 無料を含む花火大会当日の駐車場情報
  4. 花火鑑賞のおすすめスポット(定番&穴場)

以上4点について、大切な友達に伝えるつもりで、できるだけ分かりやすくまとめました。

ピンポイントで情報を得たい場合は、目次の気になる項目をタップすれば、該当の章まで一気に飛べますよ。

まずは、岡崎城下家康公夏まつり花火大会を楽しむうえで必須になってくる、日程・時間・場所といった基本情報からお伝えしますね。

スポンサーリンク

1. 岡崎市花火大会2019の日程と場所は?超基本!

さてさて、今年2019年に開催される岡崎城下花火大会の基本情報について、ビシッ!とまとめたモノがこちらです。

■ 岡崎城下家康公夏まつり花火大会

  • 日程:2019年8月3日(土)
    ※雨天決行・荒天順延
  • 時間:18:50~21:00
  • 場所:岡崎市康生町(乙川・矢作川河畔)

今年2019年の岡崎城下家康公夏まつり花火大会は8月3日(土)の開催。

そして花火の打ち上げ時間は、夜6時50分から9時までの2時間10分となっています(長丁場ですね!)。

また、花火の打ち上げ場所は、

  1. 乙川河畔(岡崎公園南側)
  2. 矢作川河畔(岡崎公園西側)

こちらの2か所。地図(マップ)で表すと以下のあたりになるので、ズームイン・ズームアウトしながら、参考にしていただければと思います。

で、先ほども言ったように、岡崎の花火は打上時間が2時間超とかなりの長丁場になるのが特徴。

ですので、快適に過ごすために、以下の記事も参考にしながら、いつも以上にレジャーシートなどの持ち物の準備を万端にしてから現地に向かうことをオススメします。

ぼく(なごやっくす)
おもにデート用に書いた記事ですが、どんな場面にもきっと役立つはず。上が男性向けで下が女性向けです

花火大会の男の持ち物!デートで便利&彼女も喜ぶのはこの11コ花火大会の男の持ち物!デートで便利&彼女も喜ぶのはこの11コ

花火大会のデートに持っていくと便利な、男性の持ち物を全部で11コ、その理由とともにご紹介しています。彼女や気になる娘と楽しい時間を過ごすために、この記事をフル活用してくださいね。

花火大会でのデートの持ち物!女子力アップ&メチャ使える7選花火大会でのデートの持ち物!女子力アップ&メチャ使える7選

女子が花火大会のデートに持っていくと、便利で快適に過ごせて、さらに彼氏(相手の男性)から好印象を持たれること間違いなしの持ち物(アイテム)を、全部で7つご紹介しています。

で、基本情報の確認が終わったら、次は会場にどうやって向かうか?というアクセス方法についてみていくと…

スポンサーリンク

2. 電車でのアクセス!最寄り駅はココ

電車で岡崎の花火大会に行く場合の最寄り駅は、以下の3駅。

  • 東岡崎駅(名鉄名古屋本線)
  • 中岡崎駅(愛知環状鉄道)
  • 岡崎公園前駅(名鉄名古屋本線)

どこからでも、歩いて10分程度で会場まで行けます。ただダントツで人気なのは(混むのは)東岡崎駅ですね。

東岡崎駅

その理由は、駅を出た瞬間から屋台がズラーッと並んでいて、スグにお祭り気分を味わえるから。

なので、人の波に飲まれてこそお祭り(花火大会)でしょ!という人は、迷わず東岡崎駅(通称:ヒガオカ)から。

人混みは苦手だから(でも花火大会には行きたい)、少しでも人が少ないほうがありがたいな~

という場合は、愛環の中岡崎駅or名鉄岡崎公園前駅で降りるのがオススメです(ぶっちゃけ電車の中はメチャメチャ混みますけどね)。

場所を示しておくと、こんな感じです

そして、クルマで岡崎花火に行く場合は…

スポンサーリンク

3. 車でのアクセス!おすすめの駐車場(無料アリ)は?

車の場合は、東名高速道路の岡崎インターで降りればOK。ICから10分程度で、例年大会当日、無料の臨時駐車場として開放される市役所の駐車場まで行けます。

なお無料駐車場は他にもあるので、車で現地に向かう人は、以下の記事も合わせてご覧ください。

で、駐車場同様、鑑賞スポットについても場所によっては激しすぎる場所取り合戦が繰り広げられるので、引き続き説明しますね。

スポンサーリンク

4. 穴場スポットは?定番は?花火を観る場所も決めよう

殿橋南西01(岡崎花火定番スポット)

定番スポットの1つ、殿橋の南西エリア。詳しい情報については下にのせる特集記事をご覧ください

この章では岡崎の花火を観るのにおすすめのスポットを、

  • 定番スポット:4か所
  • 穴場スポット:4か所

の合計8か所(+α)を、僕がその場所まで実際に足を運んで撮ってきた写真と一緒に紹介していたのですが…

長くなったので、別の記事にまとめ直すことにしました。ということで、岡崎花火の鑑賞スポットについては以下の特集記事をご覧くださいませ。

スポンサーリンク

まとめ&昔の僕に起こった悲しいエピソード

ではこの記事のまとめです。まず、基本中の基本である3大情報についてはこんな感じ。

■ 岡崎城下家康公夏まつり花火大会

  • 日程:2019年8月3日(土)
    ※雨天決行・荒天順延
  • 時間:18:50~21:00
  • 場所:岡崎市康生町(乙川・矢作川河畔)

そして、会場の最寄り駅は、

  • 東岡崎駅(名鉄名古屋本線)
  • 中岡崎駅(愛知環状鉄道)
  • 岡崎公園前駅(名鉄名古屋本線)

この3つで、東岡崎駅は降りてすぐ屋台があるってコトも説明しました。

それから”駐車場情報”と”鑑賞スポット”については以下の特集記事2つを参考にしてください。

しかし、岡崎の花火大会に初めて行ったときは僕自身、相当悲しい思いをしましたね。

かなり時間に余裕を持って出発したのに、国道248号線の渋滞にどハマりし、車中で花火が始まってしまいました

そのときは、彼女を助手席に乗せていたのですが、

当時の彼女
大丈夫だよ、ココからでもちょっとは花火観れるじゃん♪

と、なぐさめてくれたのが、唯一もの救いでしたね。そんな彼女が、今ではいつも僕をそばで支えてくれる…

ウソです。別れました(爆)

…とそれはともかく、この記事を参考にして、あなたが岡崎の花火で素晴らしい思い出を作ってもらえたら、僕はもうそれだけでコレを書いた甲斐があります。