先日、一人で車を運転して買い物に行き、パソコンデスクに置くための観葉植物を買ったんです。

ポトスの進化型・ポトスエンジョイっていう品種で、こんな感じのやつ。

観葉植物 ポトスエンジョイ ミニball

で、助手席に置くとバランスが悪かったので、何の気なしにドリンクホルダーに入れてみたら…

なんか、めっちゃイイ!!

車内が一気に爽やか&癒しの空間になった気がして、

・渋滞に巻き込まれたときのストレスが和らぐのでは?
・デート中に会話が途切れても気まずくならないのでは?
・というか、単純におしゃれでイイ感じなのでは?

と、ポジティブな妄想がパンパンに膨らんだんですよね。

ぼく(なごやっくす)
いっそのこと、パソコンデスク用に買ったモノをそのまま車内に留めておこうと思ったくらいです

でも、よくよく考えてみたら、車内に観葉植物を置くのはやはり現実的ではないんですよね…


スポンサーリンク

車内に観葉植物を置くのはNG!その理由とは?

枯れた観葉植物

■ 観葉植物を車に置くのはNGな理由

  • 観葉植物は高温や低温にものすごく弱い
  • 車内は夏メチャメチャ暑いし、冬メチャメチャ寒い
  • よって、観葉植物を車内に置くのは現実的ではない

基本的に観葉植物というのは、僕らが思っているよりもスゴくデリケート

そんな繊細な観葉植物を、

  • 真夏は炎天下
  • 真冬は氷点下

という過酷な条件の車内に放置したら、速攻で枯れてしまうのは目に見えていますよね。

ぼく(なごやっくす)
僕が観葉植物をドリンクホルダーに入れたときは脳内お花畑状態で、この視点が抜け落ちていました…

もちろん、コレはサボテンなどの多肉植物にも同じことが言えます。

ですので、どんなに魅力的でも、車内に観葉植物を置くのはNGだということになりますね。

ところで、流行りのエアプランツ(空気中の水分だけで育つ植物)はどうなのか?これなら車でもイケそうなのでは??

スポンサーリンク

ところで、車内にエアプランツを置くのはどうなのか?

注目!当店のエアープランツは「発根」してます!【育てやすいミニ観葉植物エアプランツ・発根コレクション】

それでは、車内に最近流行りのエアプランツ(空気中の水分だけで育つ植物)を置くのはどうなのか?

残念ながら、こちらも現実的ではありません。

なぜなら、エーアプランツは土がいらないとはいえ、本来は水が大好きな”生き物”だから

普段の霧吹きでの管理に加え、たまにお水の中にドボンとしてください。

章冒頭にのせたエアプランツの商品ページにも、上の記載があるくらいです。

スポンサーリンク

となると、現実的なのはやっぱり…

車内にフェイクグリーンを置くという選択肢はアリかも

シュガーバイン シサスアイビープラント 観葉植物 造花 インテリア 光触媒 CT触媒 ミニ フェイクグリーン 葉っぱ花 アレンジ おしゃれ リアル

車内に緑を増やしたい場合、一番現実的なのはフェイクグリーンを置くパターン。

これなら観葉植物には耐えられない、過酷な車内環境にも適応できそうですからね。

ぼく(なごやっくす)
ちなみに、上のフェイクグリーンは鉢が1辺6cmと、イイ感じの手のひらサイズです

ということで、僕と同じように、

クルマの中に緑を増やしたいな~

とお考えの場合は、フェイクグリーンの設置を検討してはどうでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ:車内に置くなら観葉植物よりもフェイクグリーン

今回の内容を3行でまとめるとこうなります。

  • 車内に観葉植物を置くのは現実的ではない
  • 意外にも(?)エアプランツについても同様
  • フェイクグリーンであれば検討する価値アリ

なお、ココまで読んできて、

所詮(しょせん)はフェイクグリーンでしょ?だったら癒しの意味ないじゃん…

と思ったそこのあなた、“偽物の自然”にもリラックス効果があるという実験報告が出ているんですよ。

詳しくは僕の愛読書「最高の体調」をどうぞ。↓

ちなみに、パソコンデスクの上のポトスエンジョイは予想通りにイイ感じ。

さりげなく緑が目に入ることで、一日単位で考えたときの集中力が目に見えてアップしております。やったね!