岡山駅から後楽園のアクセス!バスや徒歩など4つの時間&料金を比較!


岡山駅から後楽園までのアクセスを、
さまざまな交通手段の料金や所要時間を
比較しながら、ご紹介していきます!


岡山後楽園03


岡山駅から、日本三大庭園の1つである
岡山後楽園までのアクセス方法
(交通手段)は、以下の4つ。↓



  1. バス
  2. 路面電車
  3. タクシー
  4. 徒歩


そして、当然どのアクセス方法にも
一長一短があります。

(まあ、実際には、
 「短」というほどでもありませんが)



そこでココでは、名古屋在住ながら
岡山に友達が住んでいるコトもあり、
岡山&後楽園に相当詳しくなった僕が、

(自分で言うのもアレですが、
 立場は観光客、でも詳しいという、
 理想的な立ち位置だと思います^^)

それぞれの行き方の所要時間や料金
比較しながら、あなたに合った一押しの
アクセス方法をご紹介していきます。



ということで、まず最初は、
パッと頭に浮かぶ人が一番多いであろう
バス(岡電バス)での行き方から!


スポンサードリンク


岡山駅から後楽園への4つの行き方!それぞれの特徴はコレ!


交通手段
所要時間
料金(片道)
一口メモ
バス
12分
140円
分かりやすいのがGood
路面電車
14分
100円
乗るコト自体が楽しい
タクシー
8分
980円
とにかくラクチン
徒歩
22分
無料
途中にグルメスポットあり

1. バス:分かりやすいのがありがたい!


岡電バスのりば



  • 所要時間:およそ12分
  • 料金:片道140円
  • 長所:わかりやすい!
  • 短所:意外と本数が少ない


岡山駅から後楽園までのアクセス、
まず最初にご紹介するのは、
バス(岡電バス)を使う方法。



岡山駅に着いたら東口に向かい、
東口を出ると正面にわかりやすく
岡電バスの乗り場があるので、

1番のりばから出るバスにのれば、
10分ちょっとで後楽園の目の前の
バス停「後楽園前」に到着します。



ちなみに、岡電バスは
後ろ(というか真ん中)から乗って、
前から降りるパターン。

乗るときに整理券を取っておき、
降りるときに整理券と運賃(140円)を
運転手さん横の機械に入れればOKです。



あっ、後楽園は終点ではないので、
ほかに誰も降りる人がいない場合は、
自分で停車ボタンを押すのも忘れずに。


スポンサードリンク



で、岡電バスのいいところは、
バスのりばが駅の真ん前にあって、
わかりやすいのと、

後楽園の目の前まで
連れて行ってくれるので、
歩くのが最小限で済むところ。



いっぽう、難点としては、
休日ダイヤでも20分に1本程度と、
意外に本数が少ないことですね。



「20分くらい全然待つよ!」



という人なら、
岡電バスを使ってもらえれば
全然問題ないんですが、僕みたいに、



「じーっと、バスを待つくらいなら、
 ちょっとでもイイから歩きたい!」



なんて人は、次にあげる
路面電車を使うアクセス方法も、
ぜひ候補に入れてみてください^^


2. 路面電車:乗ること自体がイベントに!


岡山路面電車01



  • 所要時間:およそ14分
  • 料金:100円
  • 長所:岡山城へのアクセスも◎!
  • 短所:駅を降りた後ちょいと歩く


岡山駅から後楽園までのアクセス、
続いて2番目にご紹介するのは、
路面電車を使う方法。

岡山駅に着いたら東口に向かい、
バスのりばを横目に見つつ、
正面にある信号を渡ります。



すると目の前に「岡山駅前駅」
という名前の駅があるので、
ソコから路面電車にのり、

後楽園の最寄り駅となる「城下駅」
で降りて、あとはのんびり8分ほど
歩けば、後楽園に到着します。



路面電車の乗り方については、
バスと同じで後ろから乗って

降りるときに運賃を
運転手さん横の機械に入れて、
そのまま前から降りるパターン。



ただし、岡山駅から乗る場合は、
整理券を取る必要はありません
(というかそもそも機械から出てない)。

(帰りは整理券を取る必要がありますが
 このあたりは運転手さんが丁寧に
 教えてくれたのでご安心を!)



で、バス同様、停車ボタンもあるので、
誰も降りる気配がない場合は、
ボタンを押しましょう。

(コレも観光客が多いだろうから、
 運転手さんが説明してくれそうな気が
 プンプンしますけどね^^)


スポンサードリンク



路面電車のいいところは、
本数が多い(5分に1本程度)のと、
岡山城へのアクセスも楽チンなところ。

いっぽう難点としては、
降りたあとにバスよりも
歩く距離が長くなるところですね。



まあ、今言ったポイントも、
実際はかなり細かい部分になるので、

バスと路面電車の2つには、
大して差がないのがホントのところ。



…ですが、ふだん路面電車に
乗る機会が少ない人にとっては、

路面電車に乗ることソレ自体が、
ちょっとしたイベントになるので、
その点、こちらがイチオシかな。



もっとじっくり比較したい人のために、
まとめの章でバス停や路面電車の駅、
さらには、

タクシーのりばや後楽園の入口の場所
などを一目でわかるようにまとめた地図
ものせるので、参考にしてくださいね^^



続いて、時間が押してしまった場合の
ことも考えて、タクシーを使う方法も、
サラッと確認しておきましょう!


3. タクシー:ラクしたい&急ぎならコレ!


岡山駅タクシーのりば



  • 所要時間:およそ8分
  • 料金:およそ980円
  • 長所:なにより楽チン!
  • 短所:イチバン割高


岡山駅から後楽園までのアクセス、
3番目にご紹介するのは、
VIPにタクシーを使う方法。

東口を出て、右手の方向
タクシーのりばがあるので、



「後楽園までお願いします!」



と、運転手さんにお願いすれば、
8分程度で後楽園の目の前まで
連れて行ってくれます。



運賃(料金)のめやすは980円なので、
2人でワリカンするなら約490円で、
3人いれば1人あたり約330円ですね。

言うまでもありませんが(でも言う)、
長所は早い&ラクに移動できることで、
短所はお金がかかることです。



それから、岡山駅から後楽園までは
決して歩けない距離ではないので、
徒歩についても説明しておくと…


4. 徒歩:途中に岡山の名物グルメスポットも!


味司野村(ドミかつ丼)



  • 所要時間:およそ22分
  • 料金:無料(当たり前や!)
  • 長所:途中にグルメスポットも!
  • 短所:歩き疲れるかも


岡山駅から後楽園までのアクセス、
最後にご紹介するのは、
テクテクと徒歩で向かう方法。

岡山駅前の道路を、路面電車の線路に
沿って真っすぐ歩いていけば、
20分ほどで後楽園に到着します。



20分程度なら、人によっては普通に
歩ける距離だと思いますが、後楽園でも
園内を歩き回ることまで考えると、

無難にバスや路面電車を使ったほうが
イイかなという気もしますね。


スポンサードリンク



ただ、岡山駅から8分程度のところに、
岡山のご当地グルメ「ドミカツ丼」
(章冒頭の画像です)が食べられる、

「味司 野村」という名店があるので、
ランチの時間がカブっているなら、
徒歩で行くのもアリかもしれません。



あっ、ドミカツ丼っていうのは、
カツ丼の上にデミグラスソース
かかっている、どんぶり飯です。

一見、名古屋の味噌カツみたいですが、
味は意外と(?)あっさりしていて、
僕はペロリといけちゃいましたよ。



通常の大きさの3分の2サイズや、
ハーフサイズのドミカツ丼も
用意されているので、

(僕が食べた上のドミカツ丼も、
 実は3分の2の大きさのモノです)

小食の人や、長旅で胃が疲れ気味…
なんて人でも安心です^^



【味司 野村】

  • 住所:岡山県岡山市北区平和町1-10 野村ビル1F
  • 電話:086-222-2234
  • 営業時間:11:00~21:00(L.O.)
  • 定休日:無休(年末年始を除く)
  • アクセス:岡山駅から徒歩8分




最後に、冒頭にのせた比較表と、
途中で言及したまとめの地図
両方をのせて、記事を締めます!


【マップあり】まとめ&あなたはドミ派?デミ派?


それぞれの交通手段の所要時間と料金
ひとまとめにした表がこちら。↓

交通手段
所要時間
料金(片道)
一口メモ
バス
12分
140円
分かりやすいのがGood
路面電車
14分
100円
乗るコト自体が楽しい
タクシー
8分
980円
とにかくラクチン
徒歩
22分
無料
途中にグルメスポットあり


そして、バス停や路面電車の
駅の位置などをひとまとめにした
地図が、こちらになります。↓




  • 【赤】バス停
  • 【青】路面電車の駅
  • 【黄】タクシーのりば
  • 【緑】味司 野村(ドミカツ丼)
  • 【黒】後楽園の入口
(カッコ内は地図上の印の色です)



ちなみに、今回出てきたドミカツ丼、
「ドミ」は「ドミグラスソース」
ことなんですが、

生まれも育ちも名古屋の僕は、
「デミグラスソース」って
ず~っと呼んでました。



岡山の友人によると、岡山県内には、
「ドミ派」と「デミ派」(?)、
両方いるとのことなんですが、

地域によって、呼び方に
どれくらい差があるのか、
ひそかに気になるところです(笑)



後楽園以外にも、岡山県内の
観光名所を回りたいと考えている人は、
こちらも参考にしてみてください^^↓

⇒【現在鋭意作成中!】
 岡山日帰りモデルコース

スポンサードリンク
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ