父の日にバラを贈る由来は?なぜ黄色?知らなきゃソンソン!


「父の日に黄色いバラを贈るように
 なった、由来について知りたい!」


なんて、思ってませんか??


父の日 バラ 由来


母の日に贈る、赤いカーネーションの
由来
は、何となく知っている方も
きっと多いでしょうが、

父の日にバラ(薔薇)、しかも黄色いバラ
贈るようになった由来を、知っている人は、
まだまだ少ないはず。


そこで今回は、父の日にバラを贈るように
なった由来
と、バラの中でもなぜ黄色が定番に
なったのか、その理由についてまとめました^^

スポンサードリンク


まずはこっちから!父の日にバラを贈る由来は?


父の日に、バラを贈るようになった
由来に、深く関係している人物は、
アメリカの、ソノラ・スマート・ドットさん。


このソノラさん(女性です!)は、
何を隠そう、「父の日」それ自体の
提唱者でもあるのですが、

ソノラさんが父の日に、お父さんの墓前に、
白いバラを供えたことが、父の日にバラを
贈るようになった由来だとされています。


で、「白い」バラと聞いてピンときた方も
いらっしゃると思いますが、もともとは
母の日のカーネーション同様

存命の父親には赤色のバラを、亡くなった
父親には、白色のバラを贈る(供える)のが、
一般的だったんですよね。


それがなぜ日本では、赤でも白でもない、
「黄色い」バラが、父の日に贈られるように
なったのでしょうか??

スポンサードリンク


お次はこっち!「黄色い」バラを贈る理由は?


日本には、1981年に設立された、
「日本ファーザーズ・デイ委員会」
が開催している、


「父の日黄色いリボンキャンペーン」


というキャンペーンがあります。


で、名前のとおり、このキャンペーンでは、
幸せや幸福の象徴である、「黄色」を、
父の日のイメージカラーにしているんですよね。


で、このキャンペーンが次第に、
父の日に贈る、バラの花の色にも
影響を与え、

現在のように、父の日に黄色いバラを
贈る風習が、定着したと考えられています。


ただし、父の日黄色いリボンキャンペーン
では、父の日に黄色い「バラ」を贈ろうとは
言っておらず

日本ファーザーズ・デイ委員会
ウェブサイトには、


父の日はお父さんへの感謝の気持ちを黄色いリボンに託して贈り物をしましょう。 贈り物は、お父さんへの「似顔絵」でも感謝の「作文」でも良いのです。プレゼントする時は黄色いリボンを添えることを忘れないで下さい。

出典:http://www.fdc.gr.jp/


といった感じで、父の日ギフトには、
黄色い「リボン」を添えよう、といった
旨の内容が、書かれているんですよね。


なので、ここから推測するに、現在、
黄色い「リボン」よりも、黄色い「バラ」
のほうが、父の日に定着しているのは、

花・フラワー業界の、すさまじい
プロモーションの力が、見えないところで
はたらいている印象を受けますね^^

スポンサードリンク


知らないと冷や汗モノ!?黄色いバラの花言葉!


それからもう1つ、この機会にぜひとも
あなたに知っておいてほしいのが、
実は、「黄色いバラ」の花言葉には、


  • 嫉妬
  • 別れましょう
  • 薄れゆく愛


といった、父の日に贈るには、
全くもって、ふさわしくない意味も、
含まれているんですよね^^;


ですので、黄色いバラを父の日に贈るな、
とは、さすがに言いませんが

贈るときは、他の花とあわせてプレゼント
するなど、花束の中身が黄色いバラ「だけ」に
ならないよう配慮することを、オススメしますね。

スポンサードリンク



まあ正直、ほとんどの父親が
黄色いバラの花言葉なんて知らないし、
知っても、気にしないと思いますが、

万が一、あらぬ誤解を招いてしまったら、
悔やんでも悔やみきれませんからね^^


で、ネットショップで、賢くお手軽に、
父の日のフラワーギフトを手配しようと
考えている、あなたには!

黄色いバラも選べる、組み合わせ自由の、
イチオシの、バラのアレンジギフトがあるので、
こちらにご紹介しておきますね♪↓




⇒あなた&父親好みの組み合わせが
 きっと見つかる!バラのアレンジ



なお、それでも、


「シンプルに、バラの花束を贈りたい!」


という人には、以下の記事でも
くわしく触れているとおり、

最愛の親(両親)に贈るのにオススメ
の本数である、「11本」のバラを
花束にして渡すのがイチオシです^^

バラの花束!本数ごとの意味は?7つのシーン別おすすめも紹介!バラの花束!本数ごとの意味は?7つのシーン別おすすめも紹介!

両親へのプレゼントや恋人への告白・プロポーズ、さらには恩人や友人へのギフトなど、全部で7つのシーンごとに、おすすめのバラの花束の本数と、その意味についてご紹介しています。

まとめ&父の日のオススメ関連記事!


今回は、父の日にバラを贈る由来と、
バラの色の定番が、黄色になっている
理由について、ご紹介してきました。


ただ、母の日のカーネーションと比べれば、
父の日に黄色いバラを贈る風習は、まだまだ
完全に定着したとはいえないのが事実。

なので、


「せっかく由来も知れたから、今年の
 父の日は、黄色いバラを贈ろうかな」



と思った方は、今回の記事の中で
ご紹介した、フラワーギフトを贈れば、
カンペキですし、


あなた自身、もしくは父親に好きな花が
元々あるなら、その花を父の日に贈っても、
それはそれで、もちろんOK

花と一緒に、何か他のモノも贈ろうと
考えている方は、以下の記事にも目を通し、
色々とアイデアを膨らませてみてくださいね^^↓

父の日(2016年)特集!プレゼント選びに役立つまとめ【13記事】父の日(2016年)特集!プレゼント選びに役立つまとめ【13記事】

ギフト選びに役立つモノを中心に、今年の父の日に関連するイチオシ記事を、全部で13コまとめてご紹介しています。気になるモノから斜め読みするなど、状況に応じてご活用くださいね。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ