「七夕飾りに使う笹を、長持ち
 させる、保存方法を知りたい!」

なんて、思ってませんか??

七夕にも使える笹

笹を手に入れたはいいものの、家に置いて
おいたら、七夕を待たずして、葉っぱが
丸くなったり、茶色くなって枯れてしまった、

こんな、悲しい思いをしたことがあるのは、
きっと、一部の人だけではないはずです。

そこで今回は、今年の七夕は、
本物の笹を用意して、七夕飾りを
飾ろうと思っている、あなた必見!

ホンモノの笹(の葉・竹)を長持ち
させるための、保存方法
について、
ビシッ!と、まとめました^^

スポンサードリンク

必見!七夕の笹を新鮮なまま保存する2つの方法!

七夕飾り(笹と短冊)

まず初っ端から、厳しいコトを言うと、
笹はその特性上、新鮮なまま保存するのが、
ものすごく難しい植物なんですよね^^;

というのも、笹は水を吸い上げる力が
弱いので、根を切ってしまった瞬間から、
どんどんと、劣化が進んでいくんです。

なので、この記事を読んでいるあなたには、
まず、笹の生花を保存するのは難しいという
事実を、頭に入れておいてほしいと思います。

ただし、以下にあげる2つの保存方法を
駆使すれば、数日程度なら、ある程度
新鮮なまま、笹を保存することが可能です。

その2つの方法とは…

スポンサードリンク

保存方法1. 酢水に生けておく

七夕の笹の保存方法、まず1つ目は、
お酢と水を混ぜたものに、
笹を生けて(活けて)おく方法。

「水3:酢2」の割合でつくった酢水に、
買ってきた、本物の笹を生けておけば、
ただ単に、水にいけておくのと比べて、

笹の葉を、新鮮なまま
長持ちさせることができます^^

保存方法2. 笹の葉を濡れた新聞紙でくるむ

それから、1つ目の保存方法と
ぜひ合わせてやっておきたいのが、
笹の葉を、濡れた新聞紙でくるむ方法。

根から、水を吸い上げることが
できない分を、直接、笹の葉っぱに
水分を与えて、カバーする方法ですね。

この2つの保存方法を、組み合わせれば、
数日程度なら、笹の葉を極力イキイキ
させたまま、保存することができます♪

スポンサードリンク

ただし1週間以上持たせるのは厳しいかも…

ただし、今あげた保存方法を、
フルに活用しても、

正直なトコロ、1週間単位で、
本物の笹を、元気なまま
保存しておくのは、至難のワザ。

実際に、花屋さんを覗いてみても、
本物の笹は、七夕直前にならないと
仕入れない店が、多かったりするんですよね。

コレはもちろん、今まで述べてきたとおり、
笹の生花に、最適な保存方法が存在しない
からに他なりません。

植物のプロであるはずの、花屋さんですら
こんな感じなので、私たちが家で元気な
状態のまま、笹を保存しようとすることが、

どれだけ難しいことなのか、容易に
イメージしていただけるかと思います。

スポンサードリンク

裏ワザ!?それでも何とかしたいあなたへ!

でも、どうしても本物(生花)の笹を、
七夕で使いたい!という方に
オススメなのが、

ネット通販や農協などで、根のついた
状態で売られている、鉢植えの笹(竹)
購入すること。

こうすれば、1週間以上の期間でも、
七夕当日まで、笹を長持ちさせることが
できるようになります^^

この方法は、厳密には「保存」方法
とは、呼べないかもしれませんが、

家などで、本物の笹を七夕当日まで
しっかりと保存したいなら、これくらいの
覚悟・手配が必要だということですね^^;

で、ここまで読んできて、

「本物の笹の保存が、そんなに大変なら、
 少しでも本物に近い、造花もアリかも!」

という考えが、頭をよぎった
現実的&気持ちの切り替えが早い
あなたのために!

葉の色合いに、自然な濃淡があって、
部屋に飾ると、まるで本物の笹(竹)
のように見える、

値段も手ごろな、超オススメの
バンブースプレー(笹の造花)があるので、
こちらにご紹介しておきますね♪↓

⇒高品質&低価格なのはもちろん、
 何度も使えるのが嬉しい!笹の造花

あるいは、下の記事でも
折り方を、ご紹介していますが、

いっそのこと、お子さんと一緒に、
笹の葉を、折り紙で手作りしてしまうのも
アリかもしれません♪↓

笹の葉の折り紙の折り方!七夕飾りに使える簡単なのはコレ!笹の葉の折り紙の折り方!七夕飾りに使える簡単なのはコレ!

七夕飾りに使える、簡単な笹の葉の折り方を1ステップずつ画像とともに分かりやすく解説しています。七夕の折り紙を、イチから子供と一緒に手作りしたいママやパパは必見です。

まとめ&なぜ「七夕=笹」なのか知ってますか?

今回は、七夕に使う本物の笹を、
極力新鮮なまま、長持ちさせるための
保存方法について、まとめてきました。

最後にもう一度、今回の記事の内容を
ギュッ!と凝縮して、まとめておくと、
こういったカタチになりますね^^

  • 本物の笹を、新鮮なまま長持ちさせるのは、
    至難のワザであることを、初めに理解しておく!
  • 数日程度なら、以下の2つの方法で保存が可能!
    1. 酢水に活けておく
    2. 葉っぱを新聞紙でくるむ
  • 1週間以上、七夕飾りを楽しみたいなら、
    造花を買うか、手作りするのが無難!

で、今回の内容を踏まえたうえで、
さらに一歩踏み込んだ、具体的な
アドバイスをするなら!

本来の七夕同様、7月6日の夜
短冊などの七夕飾りを、笹に飾り、

七夕当日に、処分する(≒神様に持ち帰って
頂く)予定なら、七夕数日前に笹を購入し、
今回ご紹介した、保存方法を実行。

そうではなく、クリスマスツリーを
だいぶ早い時期から飾るように、笹も
家や幼稚園などで、1週間以上飾る場合には、

根のついた、鉢植えの笹を買って、それに
飾り付けをするか、生花は諦め、造花or
折り紙
にするのがオススメって感じですね!

ということで、続いて、そもそも
七夕に、笹を使うようになった由来が
気になる
方は、こちらの記事を。↓

七夕に笹を使う由来は?昔の人は笹にこんなイメージを抱いていた!七夕に笹を使う由来は?昔の人は笹にこんなイメージを抱いていた!

七夕に笹が使われるようになった由来について、わかりやすくまとめています。笹や竹が昔から、どんなモノとして扱われ、実際にどんな場面で使われてきたのかに注目です!

さらに一歩進んで、この機会に笹の
処分方法
まで軽く頭に入れておけば、
今年の七夕はもうカンペキですね!↓

七夕の笹の処分方法は?この3つからチョイスすればカンペキ!七夕の笹の処分方法は?この3つからチョイスすればカンペキ!

オススメの七夕の笹の処分方法を3つ、ドドン!とご紹介しています。この3つの処分方法の中から、あなた好みのモノを1つセレクトし、実行に移してみてくださいね。