ラッキースター(Lucky Star・星の金平糖/こんぺいとう)が膨らまないときのコツを書きました。

ラッキースターが膨らまないときのコツ01

  • ラッキースターが上手く膨らまない…
  • 綺麗なカタチのラッキースターを作りたい…
  • いっぱい作れば慣れるって言うけど、やっぱりコツは知りたいよね…

こんな人に向けて書いた記事です。

ラッキースターの作り方の手順については、以下の記事をご覧ください。


スポンサーリンク

ラッキースターを膨らませるときのコツ

ラッキースターが膨らまないときのコツ(五角形から立体的な星へ)01

もっとも大事な、五角形から立体的な星のカタチに膨らませるときのコツです。

  1. 「3つの真ん中」を意識する
  2. 思い切り良く押す
  3. 反対側の手は添えるだけ
  4. 一回一回ひっくり返しながら押す
  5. 最初に押す場所

1つずつ解説します。

「3つの真ん中」を意識する

ラッキースターが膨らまないときのコツ(爪の真ん中で辺の中央を五角形の中心に向かって押す)

ラッキースターを膨らませるときは、

  1. 爪の真ん中で
  2. 折り紙(辺)の真ん中を
  3. 五角形の真ん中(中心)に向かって押す

この3つの真ん中を意識します。

このうち「折り紙(辺)の真ん中を、五角形の真ん中(中心)に向かって押す」というのは、理解しやすいと思います。

ということで、一番大切なポイントになってくるのは「爪」

ラッキースターが上手く膨らまない…

と悩んでいる人の多くは「指」で押して膨らまそうとしています。

しかし、「爪」のほうがピンポイントで押せますし、意識もしやすいです。

そして押すほうの手だけでなく、反対側の手も大切で…

反対側の手は添えるだけ

ラッキースターが膨らまないときのコツ(反対側の手は添えるだけ)

反対側の手、つまり五角形の折り紙を支えるほうの手は添えるだけにします。

写真左のように押さえつけて持つと、ラッキースターが膨らむのを邪魔するカタチになってしまいますからね。

井上雄彦さんが描いた、バスケットボールの名作漫画・スラムダンクの中で、桜木花道も言っていましたね!

左手はそえるだけ…

出典:SLAM DUNK 31(ジャンプコミックス)

最初に押す場所

ラッキースターが膨らまないときのコツ(最初に押す場所)

ラッキースターを膨らませるときは、三角形になっている部分を最初に押すのがおすすめです

三角形の頂点を目印にして、ソコをめがけて押すことで、自然と五角形の真ん中(中心)に向かって力が加わることになりますので。

ボウリングのレーン(スパットとは)

ボウリングでピンをめがけて投げるのではなく、スパット(レーンに付いている三角形の目印)をめがけて投げたほうがスコアが安定するのと同じ要領ですね。

スポンサーリンク

一回一回ひっくり返しながら押す

ラッキースターを膨らませるときは、折り紙を一回一回ひっくり返しながら押していくのがおすすめです。

表裏を交互に押すことで、バランスの取れたキレイな形のラッキースターが出来上がります。

そして、最後のコツは…

思い切り良く押す

ラッキースターが膨らまないときのコツ(思い切り良く押す)03

ラッキースターを膨らませるときは、思い切りよく「むぎゅっ!!!」と押し込みましょう。

押す力が弱いと、折り紙にかかる力が分散して、ラッキースターが上手く膨らまない原因になります。

強く押しすぎてカタチが崩れた…、なんてことは滅多にありませんのでご安心を。

瓶詰めしたラッキースターの折り紙

と、ココまであげてきたコツを押さえれば、以前よりもラッキースターがキレイに膨らむこと間違いなし!

さらに美しいカタチを目指すために「折り紙を切って、五角形を作るまでのあいだ」に意識したいコツを2つ紹介しますね。

スポンサーリンク

ラッキースターを膨らませる前のコツ

ラッキースターが膨らまないときのコツ(折り紙から五角形)

ココまでできればカンペキの、ラッキースターを膨らませる前、つまり、折り紙で五角形を作るときのコツは以下の2つ

  1. 折り紙の繊維の向きを意識する
  2. 折るのではなく巻きつける

こちらも1つずつ解説します。

折り紙の繊維の向きを意識する

ラッキースターが膨らまないときのコツ(折り紙の繊維の向きを意識する)

手元にある折り紙を、以下の2通りで折ってみてください。

  • 縦半分に折る
  • 横半分に折る

どちらか一方は、紙の抵抗をほとんど感じずに折れたはず。

そしてもう一方は、紙の抵抗があって重く感じたはずです。

ラッキースターが膨らまないときのコツ(折り紙の繊維の向きを意識する)02

ラッキースターが上手く膨らまないとお悩みの場合は、上の写真のように折り紙を切ってから、五角形を作ってみてください。

あえて、折りにくい方向に折って五角形を作ることで、自然とボリューム感が出ます。

そしてその結果、ラッキースターも綺麗に膨らみやすくなるというわけです。

折るのではなく巻きつける

ラッキースターが膨らまないときのコツ(強く巻きつけ過ぎない)01

ラッキースターが膨らまない人の話を聞いていると、五角形を作るときに、きっちり折っているケースが見受けられます

しかし、きっちり折ってしまうと、

  1. 折り紙からボリューム感が失われる
  2. 折り紙にヘンなクセがついてしまう

この2つの理由から、ラッキースターが上手く膨らまなくなってしまいます。

五角形を作るときは折るのではなく、折り紙を巻きつけていくイメージで、作業を進めましょう。

すると、五角形の中(スキマ)に適度に空気が入るので、ラッキースターが膨らみやすくなります。

スポンサーリンク

まとめ&僕の動画も参考にしてください

まとめとして、記事の内容を簡単に凝縮した僕(なごやっくす)のツイートを貼り付けておきますね。

そして、僕が実際にラッキースターを膨らませている動画ものせておきますので、よろしければ参考にしてください。

綺麗なラッキースターが完成することを心から願っております。それでは!

こちらも合わせてどうぞ教えたがりダッシュ!おりがみ部