たこのゆで方!時間は?やわらかく&色鮮やかにするコツも!


「たこを、柔らかく茹でるための
 ゆで方や、時間を知りたい!」


なんて、思ってませんか??


たこ(タコ)のイラスト


ふだんは、茹で上がったタコ(蛸)を
買ってきて、それを料理して食べる
という人が、きっと多いと思います。


が、魚屋さんなんかで、
見るからに活きのいい、
生のたこを衝動買いしたりすると、

どうしても、自分でタコを
ゆでる必要が出てきますよね。



あと僕の場合、ありがたいことに
友人から、生のタコをもらったり
することもあります(笑)



そこでココでは、今まさに目の前に
生のタコが横たわっていて、コレを
どう茹でようか悩んでいる人のために、


  • タコを美味しく茹で上げるための時間
  • 柔らかく&色鮮やかに茹でるコツ


この2点について、参考になるYouTube
動画も、記事の中でご紹介しながら、
できるだけ分かりやすくまとめました。

ということで、さっそく、タコを
おいしく茹で上げるための時間から、
一緒に見ていきましょう^^

スポンサードリンク


タコをおいしく茹で上げるための時間は?


ストップウォッチ(タイマー)のイラスト


まずは、たこを美味しくゆでるために
最適な時間について。


調べていると、全身をお湯につけるのは
数秒だけとか、大きいタコなら15分ほど
ゆでるなど、色々方法が出てきますが、

一番おすすめのゆで時間は、
ズバリ3分から5分のあいだ。


これくらいの、ゆで時間で調理すれば、
噛み切りやすく、でも噛めば噛むほどに
うま味が出るという、

ゆでられるタコの立場からしても
ある意味本望な、理想の味わい方
できるようになります。


で、たこがイイ感じに茹で上がったか
どうかを判断する方法としては、

菜箸など、先の尖ったもので
たこを刺してみるのがオススメですね。


たこを刺したときに「プスッ」という
感触を感じることができれば、それは
タコが美味しく茹で上がった証拠です。

で、たこを茹でるなら、こちらも
確実に押さえておきたい、柔らかく&
色鮮やかに茹で上げるためのコツは…

スポンサードリンク


たこを柔らかく&色鮮やかに茹でるコツは?


で、たこを美味しく、柔らかく、
かつ、色鮮やかに茹で上げるためには、
ゆで時間も、もちろん大切なのですが、

やっぱり、下ごしらえの仕方や、
ゆでる時に、一緒に加えるモノも、
もの凄く重要になってくるんですよね。


ということで、ココからは、


  1. 柔らかく&香り良く茹でるために
    大切な、下ごしらえの2つのコツ
  2. 柔らかく&色鮮やかにするために
    ゆでる際に加えるべき3つのモノ


この2点について、
サクサクッと解説していきます。

まずは、たこを下ごしらえするときの、
2つのコツからです^^

スポンサードリンク


たこを下ごしらえする際の2つのコツ!


コツ1. たっぷりの塩でもみ込む

たこをゆでる時に、ぬめりが残ると、
生臭さまで残り、せっかくのタコの
美味しさが半減してしまいます。

生のたこをゆでる前には、たっぷりの塩
を振って、丁寧に揉み込み、ヌメリを
取るのを忘れないようにしましょう。


長く感じるかもしれませんが、30分ほど
かけて塩で揉みこむと、ゆで上がった
ときの旨さが、全然違ってきます^^

この動画を見ても、漁師さんがたこを
ゆでる時に、しっかりと塩で揉みこんで
いるのが、よく分かりますよね。↓



続いて、1つ目よりもはるかに
お手軽にできる、2つ目のコツは…


コツ2. 大根でタコを叩く

たこを、たっぷりの塩で揉みこんだら、
そのあと皮をむいた大根でドンドンと
叩きます。

こうすることで、単純に叩くことにより
たこの身がほぐれるのと同時に、

大根に含まれる、酵素のはたらきで、
たこの身が、柔らかくなるんです。


お料理屋さんによっては、大根おろし
を揉みこむことによって、柔らかく
しているお店もあるみたいですね。

続いて、たこを茹でるときに
お湯の中に一緒に加えるだけで、
タコがカンタンに、


  1. 柔らかく!
  2. 香りよく!
  3. 色鮮やかに!


なっちゃう、3つのモノのご紹介です^^


タコをゆでる時に加える3つのモノとは?


1. 番茶(お茶の葉)

番茶(お茶の葉)のイラスト


まず、はじめにご紹介するのが、
こちらの番茶(お茶の葉)

お茶の葉に含まれる、タンニンという
成分が、タコの色素と結合して、
たこが色落ちするのを防いでくれます。


味や食感だけでなく、見た目も
美味しさを左右する、大切な要素ですよね^^

続いて、2つ目は…


2. 小豆(あずき)

小豆(あずき)のイラスト


続いてご紹介するのが、
こちらの、小豆(あずき)

小豆を、お湯の中に入れておくと、
タコの色と香りを良くして、さらに
身を柔らかくしてくれるんです^^


そういわれてみると、確かに、
小豆の色と、ゆで上がったタコの色って
よく似ている気がしますよね!

そして、最後3つ目が…


3. 醤油(しょうゆ)

醤油(しょうゆ)のイラスト


そして、最後にご紹介するのが、
こちらの醤油(しょうゆ)

醤油を一緒にお湯の中に加えることで、
タコの持つ、あの鮮やかな赤い色が、
より一層引き出されます。


「これだけ色々加えたら、たこに
 余計な味が染みちゃうんじゃ?」



不安になる人も、もしかしたら
いらっしゃるかもしれませんが、

経験上、そんなことは一切ないので、
どうぞ安心してくださいね^^


ということで、ゆで方について、
一度シンプルにまとめましょう!

スポンサードリンク


まとめ&参考になる動画をもう一度!


今回は、
おいしいタコのゆで方について、


  • ゆでる時間
  • 下ごしらえするときのコツ
  • ゆでる時に一緒に加えるモノ


この3つを中心に、
ご紹介してきました。


最後にもう一度、今回の内容を、
ギュッ!と凝縮してまとめると、
こういったカタチになりますね。


  • たこをゆでる時間は、3~5分!
    (箸で刺した際プスッとなるくらい)
  • ゆでる前に塩で揉む&大根で叩く!
  • ゆでる際には番茶・小豆・醤油を
    加える!


それから、記事の途中でご紹介した
動画はプロの人がやっているだけ
あって、ホント参考になるので、

こちらにも、再度載せておきます。




実はこの記事を書いている日は、
真夏(というか猛暑日)です。

埼玉(熊谷)や群馬(館林)、岐阜
(多治見)の暑さも相当だと思いますが、
ココ名古屋だって負けてませんよ~。


何たって、この記事を書いている
ボク自身が、ゆでダコ状態になる
寸前ですから(笑)


当ブログ「教えたがりダッシュ!」
には今のところ、タコに関する
記事はコレだけしかありませんが、

ちょっとした料理のコツなんかを
ご紹介している記事は、
他にもまだまだありますので、

タコがゆで上がるまで、ちょいと
お時間のある人は、このまま下の
関連記事のところにお進みください^^

スポンサードリンク
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ