をから始まる食べ物

好評の「●●から始まる食べ物シリーズ」、この記事には「を」から始まる食べ物をまとめておきます。

いつもは「しりとりや献立のヒントにご活用ください」と申し上げているのですが、今回はどちらにも使う機会はなさそうですね(笑)

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

そもそも、をがつく食べ物はあるのでしょうか? トリビア(豆知識)感覚で読んでもらえればと思います



をから始まる食べ物

をちこち


両口屋是清の公式Instagramからです

まずは「をちこち」。僕の地元・名古屋の老舗和菓子店「両口屋是清りょうぐちやこれきよ」の人気スイーツです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

口の中でほろりほろりと崩れていく食感がたまりません(ココ数年は食べてないけど←)。「をちこち」には古文の中で「遠い近い」という意味があるそうです

>>をちこち|両口屋是清 公式オンライン

をぐら山春秋


小倉山荘の公式Twitterからです

続いて「をぐら山春秋(をぐらやましゅんじゅう)」。京都の老舗おかき専門店「小倉山荘」の代表的銘菓です。

引用させていただいたツイートにもあるとおり、小倉山の四季を「あられ」で表現したお菓子だそう。商品が生まれた背景を知ると、ステキな気持ちになりますね。

をぐら屋【昆布の老舗】

もう1つ、大阪の昆布の老舗「をぐら屋」についても触れておきます。をぐら屋のギフトセット「昆布詰合せ」の中には、以下の6種類が入っています。

をぐら屋 昆布詰合せ(GJ-30)
山海昆布たら子きくらげをぐら煮
朝倉大判汐冨貴をぐらちりめ

「をぐら煮」「をぐらちりめという名前が見えますね。これも立派な食べ物の名前と言えるのではないでしょうか。

>>昆布詰合せ GJ-30|をぐら屋 大阪戎橋筋

【おまけ】アヲハタ

オレンジマーマレード(ジャム)

おまけ! をのつく食べ物関連の言葉として、ジャムでおなじみの「アヲハタ」がありますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

昭和3年に「アオハタ」から「アヲハタ」へ変更したそうです。理由は広告などに載せたとき、文字の上部が揃ってバランスよく見えるからなんだとか(参考:アヲハタ公式サイト)

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。歴史的仮名遣いの時代に生まれた食べ物(会社)が、現代仮名遣いになった今もその名前を残している、といったところでしょうか。

ちなみに、オコゼ(虎魚・上の写真左)やおかひじき(陸鹿尾菜・同右)といった食べ物も、歴史的仮名遣いでは「をこぜ」「をかひじき」と表記していたようですよ(参考:広辞苑)。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

興味本位で書き始めた記事ですが、仮名遣いの歴史にも触れられて良かったです。勉強になりました!

るから始まる食べ物
「る」から始まる食べ物たち。左上はルッコラ、右下は台湾の定番グルメ・ルーローハン(魯肉飯)です

しりとりの最難関「る」をはじめ、そのほかの「●●から始まる食べ物」は以下からどうぞ。それでは!

そのほかの「●●から始まる食べ物」

「●●から始まる食べ物」【Part1】
「●●から始まる食べ物」【Part2】
「●●から始まる食べ物」【Part3】


【みんな大好き】食べ物系の人気記事厳選まとめ