「名古屋から大阪まで、できるだけ安い料金で、電車移動したい!」

なんて、思ってませんか??

近鉄電車(近鉄名古屋線)

名古屋から大阪まで行くのに、車だと運転が疲れる&ガソリン代や高速代がかかって意外と割高。

そして高速バス(夜行バス)だと座席が窮屈だったり、軽く車酔いになったりするというコトで、何だかんだで一番現実的で便利な移動手段となると、電車の右に出るモノはいませんよね。

ただ、一口に電車と言っても、その種類はザッとあげるだけでも、

  • 新幹線のぞみ
  • 新幹線ひかり
  • 新幹線こだま
  • 近鉄特急アーバンライナー
  • JR在来線
  • 近鉄在来線

これだけあって、どれを選べばよいか迷ってしまうなんて人も、(以前の僕を含め)これまた沢山いますよね。

そこでココでは、名古屋から大阪までできるだけ安く快適に電車で移動しようと考えている人向けに、新幹線・JR・近鉄それぞれの運賃や所要時間を比較しながら、おすすめの方法についてまとめました。

スポンサーリンク

名古屋から大阪まで電車移動!料金を順番に並べると?

ということで、まずは
名古屋から大阪までの電車賃(料金)を
高い順番に並べた表がこちら。↓

名古屋~大阪間の電車賃(片道)
移動手段運賃
新幹線のぞみ(指定席)6560円
ひかり・こだま(指定席)6350円
新幹線自由席5830円
新幹線金券ショップ5800円 (相場)
ぷらっとこだま4300円
近鉄特急アーバンライナー4260円 (相場)
JR在来線3350円 (乗換2回程度)
アーバンライナー金券ショップ3350円
新幹線ホテルパック2950円~ (宿泊費を8000円として計算)
近鉄在来線2360円 (乗換3回程度)

こうして見てみると、
一番高い新幹線のぞみの指定席と
一番安い近鉄在来線の料金には、

下手したら3倍近くの差があって、
料金にかなりの違いがあるコトが
よく分かりますよね^^;

で、この表をもとに、
電車で名古屋から大阪まで安く
快適に移動する方法を考えてみると…

スポンサーリンク

「早い」にもこだわりたいなら「ぷらっとこだま」!

JR東海の新幹線(こだま)

  • 安さと早さの両方を求めるなら、
    「ぷらっとこだま」がオススメ!

ただ安いだけでなく、
早さも求めるなら、名古屋から
大阪まで1時間ちょっとで到着する、

  • ぷらっとこだま

を利用して、
電車移動するのがおすすめ。

ぷらっとこだまなら、
新幹線のぞみと比べ、所要時間は
20分程度しか変わりませんが、

料金は片道4300円と、
往復で考えると、のぞみよりも
なんと約4500円も安いですからね。

ちなみに参考までに、それぞれの
移動手段ごとの所要時間のめやすは、
以下の表のようになっています。

電車の所要時間(名古屋~大阪)のめやす
のぞみ50分
ひかり50分~1時間10分
こだま1時間10分
近鉄特急アーバンライナー2時間15分
JR在来線2時間45分
近鉄在来線3時間45分

それから、もう少し料金は安くしたい、
でも快適さも重視したいという場合は、
次にあげる移動手段もイチオシで…

スポンサーリンク

安く「快適に」行きたいならアーバンライナーがGood!

近鉄アーバンライナー(しまかぜ)

  • もう少し料金を安く抑えたいなら
    近鉄特急アーバンライナーが◎!

で、もう少し料金を安く抑えたいなら
新幹線ではなく、

  • 近鉄アーバンライナー

を使うのがイチオシ。

通常料金は4260円と、ぷらっとこだまと
変わりませんが、金券ショップに行けば
3350円程度で購入できます。

仮にこの値段で
格安チケット(格安切符)を
購入できれば、往復で考えると、

  • ぷらっとこだま :8600円
  • アーバンライナー:6700円

と、2000円近くも
お金を浮かせるコトができますよ^^

アーバンライナーの座席は
すべて指定席なので、
移動中もゆったり快適ですし、

新幹線が到着する新大阪駅より、
近鉄特急が到着する大阪難波駅のほうが
オシャレな店が多かったり
と、

特に観光目的で行く場合は、
移動の1時間の差なんて、
経験上ほとんど気にならないですしね。

■ 在来線での移動はどうなの?

ちなみに、料金的には新幹線や
アーバンライナーに比べて安く済む
在来線での移動については、

  • 所要時間が長い(当然ですね)
  • 乗り換えの手間が余分に発生する
  • 席に座れない可能性がある

こういった理由から、
いくら料金的に安いといえども、
ココではオススメしません^^;

で、ココまでご紹介してきたのは、
基本的に名古屋と大阪のあいだを
「日帰り」で移動(往復)する場合の話。

コレが大阪で一泊するとなると、
状況が一変します。

どういうコトかというと…

スポンサーリンク

1泊するなら「新幹線ホテルパック」が超有力候補に!

新幹線(N700系)

  • 大阪に泊まる場合は
    「新幹線ホテルパック」を使えば、
    3000円程度で行けるプランも!

ココまでは
日帰り前提での話をしてきましたが、
大阪に1泊する予定があるなら、

新幹線の往復代と
ホテル代が一緒になった、

  • 新幹線ホテルパック

を使うのが賢い選択。

新幹線ホテルパックの最安値は、
「往復の新幹線代+宿泊代」で、
13900円なので(ホテルは2名1室)、

宿泊代を8千円として計算すると
(一般的な企業の、大阪に1泊する
場合の宿泊手当がこのくらいです)、

片道の実質的な運賃は3000円程度と、
アーバンライナーよりも
さらに安くなります。

そして、宿泊施設(ホテル)に関しても
ただ安いだけでなく、安心感のある
ホテルたちが勢揃いしていますよ^^↓

JR・新幹線+宿泊セットプラン往復新幹線代とホテルが一緒で超お得!「JR・新幹線+宿泊セットプラン」

名古屋~大阪間を安く移動&1泊するのにオススメの方法は「新幹線ホテルパック」を利用すること。のぞみ・ひかりに乗れ、安心感のあるホテルに泊まれてこの価格はスゴくありがたい!

ココまでオススメの移動手段3つを
立て続けにご紹介してきたので、
一度、スッキリとまとめましょう!

スポンサーリンク

まとめ&電車代を節約したあかつきには…

今回は、名古屋から大阪まで
できるだけ安い値段で、
かつ快適に(&できれば早く)、

電車移動するための方法について
ご紹介してきました。

最後にもう一度、
それぞれの目的別の一押しをまとめると
こういったカタチになりますね^^

「安い」は当然として…

  • 早さも重視:ぷらっとこだま(4300円)
  • バランス重視:アーバンライナー(3350円)
  • 1泊するなら:新幹線ホテルパック(実質2950円~)

電車代を節約したあかつきには、大阪だったらたこ焼きやお好み焼きを。名古屋だったらひつまぶしなどの名古屋めしにお金を回して、舌鼓を打ちましょう!

あつた蓬莱軒本店ひつまぶし01

ひつまぶしの銘店「あつた蓬莱軒」のひつまぶし。控えめに言っておいしすぎた♪