フランスパンの種類!それぞれの違いや特徴は?画像も使って確認!


バゲットやバタールなどの、さまざまな
フランスパンの種類をそれぞれの画像や
特徴と共にまとめたのでシェアします!


ぱん兄弟(天白区)のバゲット


昔は「長くて切れ目の入った固いパン」
くらいのイメージしかなかった、
フランスパン。



しかし近年は、お洒落なパン屋が増え、
さらにソレをインスタなどで手軽に
リサーチできるようになったので、

私たちも、さまざまな種類
フランスパンを手に入れられる&
食べられるようになりましたよね。



で、これだけ種類が増えてくると、
それぞれの違いや特徴が気になる人も
これまたドンドン増えてきました。



そこでココでは、全部で10種類
フランスパンを取り上げ、
それぞれの違いや特徴について、



  • 見た目(長さやクープの数など)
  • 名前の意味(フランス語)
  • 食感や味わい方


↑こういったプチ解説を加えながら、
美味しそうな画像(インスタなど)と
一緒に、分かりやすくまとめました。



なお、フランスパンの定義は
パン屋さんによってさまざまなので、
ココで、なんとなくの傾向を掴んだら、

あとは実際にパン屋さん巡りをする中で
あなたなりの定義を作っていくのが
確実ですし、なにより楽しいですよ^^



ということで、初めにご紹介するのは、
「フランスパンといえばコレ!」
という人も多い、バゲットから!


スポンサードリンク


フランスパンの種類を一覧で!クープの数や言葉の意味にも注目!


種類1. バゲット:まずはやっぱりコレから!



フランスパンの種類、まずはじめに
ご紹介するのは、バゲット。

この「バゲット=フランスパン」という
イメージを強く持っている人も、
きっと沢山いらっしゃいますよね。



実際に、数あるフランスパンの中でも、
もっとも主流になっているのは、

このバゲットだと言っても
過言ではないでしょう。



で、一般的にバゲットの長さは
70~80cmほどで、重さは300~400g
そしてクープの数は7~9本がめやす。

あっ、クープ(クーペとも言います)
っていうのは、フランスパンの表面に
付いている、あの切り込みの事ですね。



ただし、クープが3本程度、
あるいは縦にスーッと、
1本だけ入っているパンでも、

パン屋さんによっては、普通に
バゲットとして売っていたりするので、
ソコは心を柔らかくいきましょう^^


スポンサードリンク



ちなみに、バゲットという単語は、
「棒」や「杖」といった細長いもの
意味しているんですよ。



ということで、このあと次々と
登場してくる、沢山のフランスパンも、

このバゲットを基準として、違いを
意識しながら見ていくと、その特徴が
スッと頭に入ってくるはずです。



続いては、バゲットが主流になる前に、
フランスパンの王様として君臨していた
パリジャンのご紹介!


種類2. パリジャン:ボリューム満点!

ももさん(@mogumogu_momo)が投稿した写真



フランスパンの種類、
続いてご紹介するのは、パリジャン。

バゲットが主流になる前は、
なにを隠そう、このパリジャンが、
フランスパンの王様的存在でした。



なんてったって「パリジャン」は、
名前の通り「(フランスの首都)パリの」
という意味のフランス語ですからね^^



で、そんなパリジャンの長さは
50~70cmが一般的で、重さは500g前後、
そしてクープは5本程度と、

バゲットを一回り大きくしたような
イメージになっています。



ということは、食感の面でいえば、
バゲットがクラスト(表面の皮)の
パリパリ感を主に楽しめるのに対し、

パリジャンは、クラム(中身)の
モチモチ感のほうを、最大限楽しめる
パンになっていると言えるでしょう。



続いて、3番目のフランスパンは、
バゲットとの違いを気にする人が多い、
バタールについてです!


種類3. バタール:外は「パリッ!」中は「もちっ♪」



フランスパンの種類、
3番目にご紹介するのは、バタール。



バタールの太さは、先に出てきた
バゲットとパリジャンの中間で、

長さは約40~50cm、重さは300gほど、
クープは3本程度となっています。



これらをふまえると、バタールは、



  • クラスト(表面の皮)のパリパリ感
  • クラム(中身)のもっちり感


この両方をバランスよく味わいたい
(楽しみたい)人に、とくにオススメ。



グルメ番組でもおなじみの(?)、



「外はパリッ!としていて、
 中は、ふっくらもちもち~♪」



という感覚をリアルに体感できるのが、
こちらのバタールだと言えそうです^^


スポンサードリンク



で、最近では、
特徴的にはどちらかというと
「バタール」に近いフランスパンが、

「バゲット」という名前
パン屋さんに並んでいるケースも
スゴく多いです。



これは察するに、パン屋さんに、



「食感的にはバタールが人気だけど、
 名前の認知度的にはバゲットのほうが
 高いから、名前はコッチにしとこう」



といった(もちろんお客さんに
とっての利便性を考えたうえでの)
考えがあるんでしょうね。

続いて、4番目にご紹介するのは、
ダイレクトに楽器の名前が付けられた、
こちらのフランスパン!


種類4. フルート:楽器のように細く長いフランスパン



フランスパンの種類、
4番目にご紹介するのは、フルート。

フルートは、おそらくあなたが
今まさにイメージしているとおり、
楽器(笛)のフルートが名前の由来。



サイズ的には、重さが200~250g程度、
長さは約50~60cm、そしてクープの数は
7本程度(もしくは縦に長く1本)と、

まさに、楽器のフルートのような、
すらっとした細長い見た目が特徴の
フランスパンですね。



で、細長いぶん、必然的に
クラム(中身)の量は少なくなるので、

食べる楽しみとして、クラストの
パリパリ感に、より重きを置きたい人に
フルートは断然オススメです^^



続いては、フルートよりさらに細い、
「紐(ひも)」を意味する名前を持つ、
こちらのフランスパン!


種類5. フィセル:フランス語で「紐(ひも)」の意味



フランスパンの種類、
5番目にご紹介するのは、フィセル。

フィセルは、フランス語で「紐(ひも)」
を意味する言葉で、バゲットを一回り
小さくしたようなフランスパンですね。



クープは5本ほど入ったモノもあれば、
先ほどのフルートと同じように、

それこそ、細い紐(ひも)のように、
スーッと縦に1本入ったパンも
数多く見られます。



で、一回り小さくなり、
クラムの量が減っているぶん、
フィセルは、これまたフルート同様、



「私は、クラムのもちもち感より、
 クラストのパリパリ感が好き!」



なんて嗜好の人に、
ドンピシャでオススメできる、
フランスパンだと言えるでしょう^^

続いては、ベーコンなどの
アレンジパンでお馴染みの、
こちらのフランスパン!


種類6. エピ:ベーコンなどのアレンジパンでおなじみ



フランスパンの種類、
6番目にご紹介するのは、エピ。

ベーコンエピや、チーズエピなど、
アレンジパンとしての人気が高いのが
特徴ですよね。



ちなみに、エピのあの独特なカタチは、
細長いバゲットやフィセルの生地に、
ハサミで深い切れ目を入れたあと、

生地を左右交互に倒すことによって
作られているんですよ^^



なお「エピ」という単語には、
見た目からもイメージできるとおり、
「麦の穂」という意味があります。

続いては、ふわっふわのクラムが
たまらない、あのフランスパン!


種類7. ブール:ふわっふわのクラムがたまらない

@akemi4378が投稿した写真



フランスパンの種類、
7番目にご紹介するのは、ブール。



「ブール」というフランス語が、
「ボール」を意味しているとおり、

大きくて真ん丸な、ボールのような
形をしている、丸いフランスパンです。



たしかに”ball(ボール)”を
フランス語っぽく言うと、”boule
(ブール)”って聞こえますもんね^^

(ただし、”ball”という英語は、
 フランス語からきている訳ではない
 とされています)



と、それはともかく、ブールは
バゲットの生地をそのまま丸め

そのあと、表面に十字、あるいは
シャープ(#)のようなカタチをした
クープを入れて焼き上げます。



そのカタチの特性上、バゲットなどの
棒状のフランスパンと比べると、
クラム(中身)の量が多くなるので、

フランスパンの中でも、特にふわふわ
クラムをたっぷりと味わえるのが、
ブールの特徴だと言えるでしょう。



続いては、ライ麦の風味が特徴的な、
昔はパリ近郊で作られていたとされる、
こちらのフランスパン!


種類8. パン・ド・カンパーニュ:ライ麦の風味がポイント

Hiroe Koashiさん(@kagwh)が投稿した写真



フランスパンの種類、
続いて8番目にご紹介するのは、
パン・ド・カンパーニュ。



「カンパーニュ」という単語は、
フランス語で「田舎」を意味し、その昔
パリ近郊で作られていた、このパンが、

パリに運ばれ、売られていたことから、
パン・ド・「カンパーニュ」という
名前がついたと言われています。



カタチはブールに良く似ていますが、
ライ麦粉など、少し変わった材料が
使われているのが特徴ですね。

こういったところから、フランスの
昔の農業事情や歴史を伺い知れるのは、
地味に面白いですよね^^



続いては、キノコのような見た目が
可愛い、こちらのフランスパン!


種類9. シャンピニオン:きのこような見た目のかわいいパン

kaon*さん(@kaon73)が投稿した写真



フランスパンの種類、9番目に
ご紹介するのは、シャンピニオン。



上のインスタ画像を見て、
ピンと来た人も多いと思いますが、
見た目がキノコの形に似ている事から、

フランス語でキノコを意味する
「シャンピニオン(Champignon)」という
名前が付けられているんですよ。



ちなみに、あの独特なカタチは、
生地を2つに分けたうえで、1つは
くるくると丸めて、下の球状のほうに。

そして、もう1つを麺棒で平たく伸ばし
それを先ほどの丸めた生地の上に
のせることによって作られています。



カタチの特性上、上の平たい部分は
クラストのサクサク感、下の丸い部分は
クラムのふわふわ感が味わえるので、

人によって、どちらから食べ始めるかの
違い(個性)が出るのも、この
シャンピニオンの面白いところですね^^



そして、最後にご紹介する
フランスパンは…


種類10. クッペ:お手軽サイズの定番フランスパン



フランスパンの種類、最後となる
10番目にご紹介するのは、クッペ。



クッペという単語に「切られた」という
意味がある通り、バゲットと同じ生地を
小さなラグビーボールのような形にし、

その後、生地の表面のド真ん中に、
1本の大きなクープを大胆に入れ、
焼き上げるのが特徴です。



クッペは、
クラスト(表面の皮)とクラム(中身)を
バランスよく味わえるので、

バタールをはじめから食べやすい
大きさ(形)にして作ったパンだという
イメージを持っておけばOKでしょう。



ちなみに、日本の「コッペパン」は、
このクッペを元に作られたパンで、

「クッペ」が、時とともに「コッペ」に
変化した結果、今ではコッペパンと
呼ばれるようになったとされています。



コレも覚えておくと、いつの日か
役に立つかもしれない(?)、
パンに関する豆知識(トリビア)ですね^^

おさらいとして、ココまで紹介してきた
フランスパンの種類とその特徴を、
一覧にしてまとめましょう!


スポンサードリンク


まとめ&バゲットのおすすめの食べ方はコレ!


今回ご紹介してきた10種類の
フランスパンの違いや特徴について、
一覧にしてまとめると、こうなります。

名前(種類)
特徴など
バゲット
現在のフランスパンの主流
パリジャン
バゲットを一回り大きくしたイメージ
バタール
バゲットとパリジャンの中間的存在
フルート
フルートのように細長いパン
フィセル
こちらも細長い(仏語:ヒモ)
エピ
アレンジパンでおなじみ(仏語:麦の穂)
ブール
クラムたっぷりの丸いフランスパン
パン・ド・カンパーニュ
ライ麦粉などが使われている
シャンピニオン
キノコのようなキュートな見た目
クッペ
お手軽サイズのパン(仏語:切られた)


ココまでの内容を頭に入れて、
パン屋さんに向かえば、

今までは経験したことのなかった、
新しい世界が、目の前に広がること
間違いなしです(←大げさ)。



そういえば僕は、[Alexandros]っていう
ロックバンドが好きなんですが
(下の「ワタリドリ」という曲が有名)、




9番目のシャンピニオン(Champignon)
という文字を見るたびに、[Alexandros]
のコトが頭に浮かんできます。



なぜかって??



それは[Alexandros]が、その昔
[Champagne](シャンペイン)という
バンド名で活動していたからです。

ほら、スペル(綴り)
なんとなく似てませんか??



ちなみに、”Champagne”も
フランス語で、(知っている人も
多そうですが)シャンパンという意味。

[Champagne]が売れ出して、
知名度がジワジワと上がってきた際、



  • “Champagne”という単語がフランス・シャンパーニュ地方の原産地名称として保護されていた
  • シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会日本支局から(改名についての?)要請があった


こういった理由から[Alexandros]に
改名することになったという経緯が
あるんですよ。

以上、フランスパンとはまったく
関係なくなっちゃった、明日
使えるかもしれない豆知識でした(笑)



バゲットの、カンタンで美味しい
オススメの食べ方や、イチオシの
保存方法については、以下の2つを。↓

バゲットの食べ方!超簡単&本場フランスでも一般的なオススメ5選!バゲットの食べ方!超簡単&本場フランスでも一般的なオススメ5選!

買ってきたバゲット(フランスパン)のおすすめの食べ方を、簡単にできるモノを中心に、本場フランスでも一般的となっている食べ方についても触れながら、全部で5つ順番にご紹介しています。

バゲットの簡単な保存方法(冷凍・常温・冷蔵)!手順と期限を確認!バゲットの簡単な保存方法(冷凍・常温・冷蔵)!手順と期限を確認!

バゲットの保存方法について、代表的なモノを3つ取り上げ(冷凍・常温・冷蔵)、それぞれの手順と保存期間のめやす、さらにはどんなときにどの保存方法が向いているのかまとめています。


フランスパンのお供にもピッタリな、
美味しいブドウジュースについては、
以下の記事も参考にしてください^^↓

ぶどうジュースのおすすめランキング!果汁100%で絶品なのはコレ!ぶどうジュースのおすすめランキング!果汁100%で絶品なのはコレ!

人生の早い段階で一度は飲んでおきたい、人気&おすすめのぶどうジュースを、イチオシポイントやオススメの飲み方などとともに、ベスト3のランキング形式にしてご紹介しています。

スポンサードリンク
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ