松茸の保存方法は冷凍でOK?知らなきゃ損する注意点とは?


「松茸を、美味しく保存したいんだけど、
 冷凍庫に入れておけば、大丈夫かな?」


なんて、思ってませんか??


松茸(保存方法)


あの芳醇な香りがたまらない、
秋の味覚の代表格といえば、
松茸(まつたけ・マツタケ)!


最近では、輸入・国産に限らず、
近所のスーパーでは、決して手に入らない
ような、高品質な松茸を、

ネットショップで、すごくお得な
値段で購入することができるようになり、
うれしい限りですよね^^


ただし、買った松茸を一度には
さすがに使い切れず、その保存方法
探し求めている人が多いのも、また事実。

よく、松茸の保存方法は冷凍がベスト!
なんてウワサを耳にしますが、あれって
本当に正しいのでしょうか??


スポンサードリンク


松茸の保存方法は冷凍庫で合ってる?


結論から言うと、2~3ヶ月といった
長期保存を目的にする場合は、やっぱり
冷凍庫での保存がGood!ですが、

3~4日の短期保存の場合は、冷蔵庫や
チルド室
で保存したほうが、松茸が
食べるときに水っぽくならず、オススメです。


なので、


「松茸の保存方法は、冷凍がベストらしいよ!」


というウワサを、聞いたからといって、
何も考えずに、冷凍庫に松茸をポン!と放り込んで
しまうのは、凄く勿体無いということですね^^;


では、松茸を冷凍庫や冷蔵庫で保存する
ときには、どんなことに注意しながら
保存するのがよいのでしょうか??

スポンサードリンク


松茸の保存方法!冷凍・冷蔵ともに今一度チェック!


松茸の冷凍庫での保存方法と注意点とは?


松茸を冷凍庫で、長期保存する場合は、
松茸を、よ~く掃除したあと

サランラップで、2重3重に包んでから、
冷凍庫に入れて保存しましょう。

こうすれば、2~3ヶ月の長期保存が可能です^^


ただし、冷凍保存した場合、解凍した松茸は
どうしても水っぽくなってしまうので、
焼き松茸のような料理に使うのは不向き。

ですので、冷凍庫で保存しておいた松茸は、
凍ったまま、お吸い物や土瓶蒸しの出し汁の
に入れてしまうのがCool!です。

こうすれば、松茸の香りや旨みが、
そのまま、出し汁の中に溶けていき、
ムダがなくなりますからね^^


また、少し手間がかかってもいいから、
とにかく、香りを逃さずに冷凍保存したい
という場合は、

松茸を冷凍する前に、適当な大きさに
切って、お酒としょうゆで煮たあと、
煮汁ごと冷凍してしまうのがオススメです♪

スポンサードリンク


松茸の冷蔵庫での保存方法と注意点とは?


一方、松茸を冷蔵庫やチルド室で
保存する場合は、松茸を濡らさずに
新聞紙などで、ていねいに包み、

それをそのまま、冷蔵庫に入れて
保存するのがイチバン!

これで3~4日は、香りが損なわれるのを
最小限に抑えたまま、保存することが
できちゃいます^^

スポンサードリンク



で、せっかく保存方法を学んだから、
この機会に、松茸を追加で買っておこう
というあなたのために、大きさが中振りで、


  • 松茸ご飯
  • 焼き松茸
  • 土瓶蒸し
  • 天ぷら
  • すき焼き


などなど、どんな料理にも使いやすくて、
毎年リピーターも多い、ネットで大人気
松茸があるので、下にご紹介しておきますね^^↓




⇒手で裂いたときの香りが格別!
 中国産の絶品輸入松茸(まつたけ)



さいごに


今回は、松茸を冷凍庫で保存する場合と、
冷蔵庫で保存する場合、それぞれのイチオシの
保存方法
について、ご紹介してきました。


もちろん、松茸の最大の魅力である香りは
鮮度に比例するため、今回ご紹介したような
保存方法うんぬんよりも、

できるだけ早く、食べてしまうのが、
一番のオススメですよ^^

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ