「しいたけを鍋に入れたいんだけど、どうやって切るのがいいのかな?」

なんて、悩んでませんか??

ザルに入った椎茸(しいたけ)

どんな鍋を作るにしても、しいたけ(椎茸・シイタケ)は具材から外せないでしょ!という人は多いはず。

でも椎茸っていつも食べている割に、自分で鍋に入れようと思って切ろうとすると、

あれ?いつも、鍋に入ってるシイタケって、どう切ってあったっけ??

なんて感じで、切り方が分からなくなってしまう人も多いんですよね。

そこで今回は鍋に入れるしいたけの切り方を、参考になる動画も交えながらわかりやすく紹介していきます。

まずは、全体のイメージがパッと掴める動画からお見せしますね。

ぼく(なごやっくす)
通信制限が気になる場合はスルーしてもらってもOKです


スポンサーリンク

鍋に入れるしいたけの切り方!まずは動画をチェック

ということでまずは、ざっとイメージをつかむため、たったの1分弱で終わるこの動画に目を通しておきましょう。↓

こんな綺麗な飾り切り(花切り)ができれば、見た目からして美味しさがアップすること間違いなしですよね!

で、鍋に入れるしいたけの切り方の具体的な手順はこんな感じ。

■ 鍋のしいたけの切り方

  1. 石突き(軸の部分)を切り落とす
  2. かさの部分にV字の切り込みを入れる
  3. あと2,3回繰り返せば完成!

1ステップずつ、順番に説明しますね。

ステップ1. 石突き(軸の部分)を切り落とす

しいたけ 切り方 鍋01

以降の画像は冒頭のYouTube動画のキャプチャです

まず、鍋に入れる分だけのしいたけを手元に用意し、石突き(いしづき)という軸の部分を切り落としていきます

切り落とすのは以下の3通りの方法がありますが、

  1. 包丁を使う
  2. ハサミを使う
  3. 手でちぎる

手でちぎるのは、かさの裏の部分がぐちゃぐちゃになるリスクが大きく、個人的にあまりオススメしません^^;

参考までに、このあとV字に切りこみを入れる段階で包丁を使うこともあり、我が家ではもっぱら包丁
軸を切り落としていますね。

ちなみに、しいたけは水や湿気に弱いので洗うときはチャチャッと手早く。

しいたけの旨みを、絶対に外に逃がしたくない!

というこだわりを持つ、僕のママ友の中には、あえて水洗いをせず、

  • キッチンペーパー

で汚れを拭き取るだけにする、という子もいるくらいですので。

そして、かさを切り落としたら…

スポンサーリンク

ステップ2. かさの部分にV字の切り込みを入れる

しいたけ 切り方 鍋02

しいたけの石突き(軸の部分)を切り落としたら、次にかさの茶色い方を上にして置き、切り込みを入れます。

具体的には、先ほどのYouTube動画のように、

  • 30度から45度くらい

の角度をつけて、かさに包丁を入れていくのが良いですね^^

右利きの場合は、包丁を右手に持ったらまず、左下に向かって切り込みを入れる。

そして次にしいたけを180度クルッと回転させて、また同じように切り込みを入れていくとスムーズにいきますよ。

また切り込みを入れるときには、包丁を切る方向に向かってギュッ!と押すのではなく、

  • 30度(45度)の角度を保ちながら

包丁を前のほうにスーッと動かしていくイメージで切るとラクチンです。

ちなみに、切り込みを入れるのは、鍋の見た目を良くするだけでなく、しいたけの表面積が増えることにより、

  • 熱の通りが良くなる
  • ダシが染み込みやすくなる

こういった2つの効果も期待できるからなんですよ^^

そして、いよいよ最終ステップ!

スポンサーリンク

ステップ3. あと2,3回繰り返せば完成!

しいたけ 切り方 鍋03

あとは、90度(あるいは60度)ずつしいたけを回転させながらV字の切り込みを入れていけば、飾り切りしたシイタケの完成!

しいたけは、鍋に入れると縮むので、V字の切り込みを入れるときは、

ちょっと、切り込みの幅(or深さ)が広すぎ(or深すぎ)かな~??

と思うくらいが、実はちょうど良かったりしますよ^^

最後にココまでの内容をまとめて、記事を締めますね。

スポンサーリンク

鍋に入れるしいたけの切り方まとめ

記事内で紹介した切り方の手順をもう一度まとめておきます。

■ 鍋のしいたけの切り方

  1. 石突き(軸の部分)を切り落とす
  2. かさの部分にV字の切り込みを入れる
  3. あと2,3回繰り返せば完成!

しいたけと同じように、切り方によって鍋の味の仕上がりに少なくない差が出る、

  • 白菜(はくさい)
  • 人参(にんじん)

のオススメの切り方については以下をどうぞ。

この記事を見ながら、キッチンで楽しく下ごしらえをしてもらえたら嬉しいです。それでは!