「初心者の私でも、花束を簡単に
 長持ちさせる方法を知りたい!」

なんて、思ってませんか??

ガーベラとカーネーションの花束(花瓶)

歓送迎会やデートなどで、
花束をもらったとき、ふだん
生花(せいか)を飾っていないと、

花束をもらったことソレ自体は
嬉しくても、家でどう飾ろうか
悩んでしまう人も多いですよね。

で、心の優しいあなたなら当然、
花束をできる限り長持ちさせたい、
という思いもあるはずです。

花束をもらうということは、
花の「命」を預かり、その最期を
見届けるコトでもありますからね。

そこでココでは、切り花なんて
ほとんど飾ったコトがないという、
超初心者のために、

もらった花束(生花・切り花)を
簡単に長持ちさせるための、
基本的な4つの方法について、

僕自身がやらかしてしまった
失敗談なども交えつつ、
わかりやすくまとめました^^

ということで、さっそく、
1つ目の方法から見ていきましょう~。

スポンサードリンク

この4つさえ守ればバッチリ!生花を長く楽しむ方法!

1. 家に着いたらまず水切り!

花の水切り

  • 水の中で、ハサミで茎をチョキンと切る!
  • 切り口が斜めになるように切ると、なおよし!

もらった花束を長持ちさせる、
超基本的&簡単な方法、1つ目は、
家に帰ったら水切りをするコト。

バケツや大きいピッチャーなどに
たっぷりの水を張り、上の画像の
ように、水中で花の茎を切ります。

一人暮らしだと、バケツや
ピッチャーが家にない人も
いらっしゃるかもしれません。

そんな場合でも、上の画像の
ピッチャーは、僕が実際に
ダイソーで買ったモノですので、

サッと100円ショップ(100均)まで、
足を伸ばして買ってきましょう。

水切りする長さのめやすは、
5mm~1cmくらい。

あまり大胆に切り過ぎると、
茎が一気に短くなってしまい、

せっかくのキレイな花束が、
飾ったときに不格好になって
しまうので注意が必要です。

スポンサードリンク

また、茎を切るときは角度が
斜めになるように、ハサミを
入れるのもポイント。

コレで、花がたっぷりの水を
吸い上げられるようになり、
元気に長持ちしますからね。

水切りしたら、あとは花瓶
花束を生ける(活ける)だけ。

花瓶がない場合は、コップ
500ml・350mlのペットボトル
でも、充分に代用が可能です。

家にめぼしいモノがなければ、
先ほどのピッチャーと同じように、

近くの自動販売機で「いろはす」
などをサクッと買ってきましょう。

なお、僕自身も使っている、
初心者にオススメの花瓶は、
以下の記事でご紹介しています^^↓

花瓶!おしゃれ&北欧ブランド&ガラス製限定!おすすめランキング!花瓶!おしゃれ&北欧ブランド&ガラス製限定!おすすめランキング!

はじめて花瓶を買う人のために、「おしゃれ」「北欧ブランド」「ガラス製」という3つの条件をすべて満たした人気&おすすめのアイテムを、ベスト3のランキング形式にしてご紹介しています。

そうそう!花瓶に花束を飾る際、
茎が水に浸かる長さについては、
3~4cmがめやす。

短すぎると、花が水を上手く
吸い上げられませんし、

長すぎると茎が傷みやすくなり、
結果として、花全体の寿命を
縮めてしまいますからね^^

で、水切りが終わって、
花束を花瓶に移し替えたら、
次に考えるコトは、

  • 花瓶(花束)を飾る場所

についてですよね!

スポンサードリンク

2. 人間と同じ!エアコンの風は絶対に避ける!

  • エアコンの風が直接当たる場所に飾るのはNG!
  • 人間は風をよけられるが、花は自分で動けない!

もらった花束を長持ちさせる、
超基本的&簡単な方法、続いては、
花を冷房や暖房に当てないコト。

僕ら人間がクーラーなどの風に
直接当たっていると、すぐに
体調を崩してしまうように、

花もエアコンの風が直接あたる
場所に飾っていると、極端に
寿命が短くなってしまいます。

僕らは、自ら動いてエアコンの
風をよけるコトができますが、
花は自分では動けません。

もらった花束は、エアコンの
風があたらない、暗めの涼しい
場所
に飾るようにしましょう。

ちなみに、僕は最初

「花は自然の中だと、太陽の下で
 咲いているから、日の当たる場所に
 飾ったほうがイイんじゃない?」

と思っていたのですが、
直射日光があたる場所に、
花束を飾ると、

水の中の細菌が一気に増えて、
花の寿命を短くしてしまうので、
コレまたNGです。

飾る場所について押さえたら、
お次は、

  • 毎日の(簡単にできる)
    お手入れ方法

について見ていきますよ~。

スポンサードリンク

3. 水は毎日代える!茎は毎日洗う!

  • 毎日のお手入れでやるのは、
    1. 水を代える
    2. 茎のヌメリをとる
    3. 水切りをする

    この3つだけ!

もらった花束を長持ちさせる、
超基本的&簡単な方法、3つ目は、
毎日のお手入れについて。

「毎日のお手入れ」と聞くと、
なんだか面倒に感じる人も
いらっしゃるかもしれません。

でも、やることはスゴく
シンプルで、以下の3つだけ。

  1. 水を新しいモノに代える
  2. 水に浸かっていた
    茎の部分を洗う
  3. 水切りをする

さいごの水切りについては、
はじめに説明したとおりですし、
毎日新しい水に代えるのも、

知らない人はいない基本中の
基本ですので、ココで説明するのは、
茎のヌメリを毎日とること。

流水(水道水でOK)で、水に
浸かっていた部分のヌメリを、
やさしくこすりながら落とします。

ついつい強くこすってしまうと、
茎がもげてしまうコトがあります
(僕も過去に経験済みです^^;)。

それから花束を、もらった綺麗な
形のまま
、花瓶に活けておきたい
気持ちは痛いほどよく分かりますが、

茎と茎が触れ合った状態が長く
続くと、その部分から傷んで、
せっかくの美しさが台無しに。

ですのでヌメリを取る際は
できる限り、まとめてではなく、

1本ずつ、ていねいに洗って
あげるようにしましょう。

花束、あるいは最初に花瓶に
飾った状態で、写真(写メ)を
1枚パシャリと撮っておくと、

飾りなおす(生けなおす)ときの、
参考になってスゴく便利ですよ^^

スポンサードリンク

なお、花瓶の汚れやヌメリが
気になるなら、やっぱり花瓶
自体
も洗うのがベスト。

この場合は、普段のお皿に使う
食器用洗剤で洗えば大丈夫です。

ただし衛生上、洗うときに使う
スポンジやブラシについては、
花専用に1つ用意したいですね^^

そして、最後4つ目の方法は…

4. さらに長持ちさせたいなら延命剤を使えばカンペキ!

  • さらに花を長持ちさせたいなら、
    上のような延命剤を使えばカンペキ!

もらった花束を長持ちさせる、
超基本的&簡単な方法、最後
4つ目は、延命剤を使うコト。

ココまであげた3つの方法だけ、
実行に移せば、あなたもすでに
脱初心者の仲間入り!

…なのですが、折角の花束を
さらに長持ちさせたいなら、
切り花延命剤を使いましょう。

使い方はとってもカンタンで、
例えば上の画像の延命剤なら、

水100mlに対して3mlを目安に、
チョビッと注ぐだけです。

延命剤は上のリンクから買っても
もちろんOKですが、この機会に
一度お花屋さんを覗きに行くのも、

いざ自分で花を飾るようになると、
店の中で見える景色が違ってきて、
スゴく勉強になるのでオススメです。

僕と同じ男性で、花屋に行くのは
恥ずかしい、なんて場合でも、

近所のスーパーの生花コーナー
くらいなら、それほど抵抗なく
足を運べると思いますしね^^

毎日の花束のお手入れを、
よりスムーズに行うためにも、一度、
記事の内容をおさらいしましょう!

スポンサードリンク

まとめ&花を飾る場所のオススメはココ!

今回は、もらった花束を
長持ちさせる基本的な方法を、
全部で4つご紹介してきました。

最後にもう一度、その方法を
ビシッ!とまとめておくと、
こういったカタチになりますね^^

■ 今回のポイントのまとめ

  1. 家に着いたらまず水切り!
  2. 人間と同じ!エアコンの風は絶対に避ける!
  3. 水は毎日代える!茎は毎日洗う!
  4. さらに長持ちさせたいなら延命剤を使えばカンペキ!

ちなみに、花を飾っておくのに
おすすめの場所はズバリ玄関!

記事の途中で出てきた、
「暗く涼しい場所」の条件に
バッチリマッチしますし、

仕事から帰宅した際、いの一番
綺麗な花が目に飛び込んでくると、
その瞬間に心がホッと癒されます^^

多少花持ちは悪くなりますが、
家での主婦(主夫)業・受験勉強・
デスクワークの時間が長い人なら、

もちろんリビングや書斎などの、
部屋に飾るのもOKです(ただし
エアコンの風だけは要注意!)。

花の手入れの、基本的な方法が
わかると、花への興味も自然と
今まで以上に広がりますよね♪↓

バラの花束!本数ごとの意味は?7つのシーン別おすすめも紹介!バラの花束!本数ごとの意味は?7つのシーン別おすすめも紹介!

彼女へのプレゼントやプロポーズ、さらには友人やお世話になった人へのギフトなど、全部で7つのシーンごとに、おすすめのバラの花束の本数と、その意味についてご紹介しています。

バラの色ごとの意味は?贈る相手やシーン別のおすすめも紹介!バラの色ごとの意味は?贈る相手やシーン別のおすすめも紹介!

バラの色(全部で8種類)が持つとされる、それぞれの意味や花言葉と、「この色のバラは、こんな相手へのプレゼントにおすすめ!」というイチオシのシチュエーションについてまとめています。