デスクワークの冷え対策(健康足首ウォーマー)

僕は相当な寒がり。水泳の授業では、いの一番に唇が真っ青になり、プールサイドでガタガタ震えておりました(水泳どころじゃなかった…)。

そんなわけで、デスクワーク中の寒さ対策には、人一倍気を使っているつもりです。

ぼく(なごやっくす)
水泳ならまだしも、寒さで仕事どころじゃなくなったら、人様に迷惑をかけてしまいますので

で、僕の寒さ対策の基本中の基本となっているアイテムが、ずばりレッグウォーマー

ということでこの記事に、レッグウォーマーがデスクワークの冷え対策に向いていると感じるポイントを3つまとめておきます。

(足に限らず)オフィスでの冷えに悩んでいる方の参考になれば幸いです。まずは僕が使っているレッグウォーマーを紹介しますね。


スポンサーリンク

僕がデスクワーク中に使っているレッグウォーマーがこちらです

デスクワークの冷え対策(株式会社山忠健康足首ウォーマー)

くるぶしをすっぽりと包み込むように付けるのがオススメです

僕が使っているのは、株式会社山忠の「健康足首ウォーマー」(上の写真)。

とはいえ、デスクワーク中の冷えに悩んでいる方は、レッグウォーマーであればこのアイテムに限らず、とりあえず何を買ってもOKかと。

ぼく(なごやっくす)
というのも、足首には「三陰交・太谿・解谿・申脈」と、冷えに関する4つのツボが集中しているんです(参考:健康足首ウォーマーの商品ページ)

「頭隠して尻隠さず」ではありませんが、冷え対策の基本はまず足首から。こう考えておいて損は無いはずですよ。

引き続き、僕がレッグウォーマーを使っていて実感しているメリットを3つ紹介しますね。

スポンサーリンク

デスクワークの冷え対策にレッグウォーマーがおすすめの理由

1.集中力の妨げにならない

デスクワーク環境

僕のデスクワーク環境です

デスクワークの冷え対策にレッグウォーマーがおすすめの理由、まず1つ目は集中力の妨げにならない点。

僕は「三首(首・手首・足首)」を重点的に暖めていますが、この中だと足首がもっとも集中力を落とさずに暖を取れるんです。

ぼく(なごやっくす)
首はPCモニター&手元の資料に交互に目を通す際に。手首はキーボードを打ったり、文字を書いたりする際に気になりがち。このあたりは個人差があるかも

スポンサーリンク

2.見た目が変わらない

スーツの足元

デスクワークの冷え対策にレッグウォーマーがおすすめの理由、続いて2つ目は見た目が変わらない点。

首や手首を暖めていると、周りから見てスグに分かりますが、足首なら滅多に気づかれることはありません

ぼく(なごやっくす)
1つ目の理由とつながってきますが、周りからの目が気になると、仕事に集中できませんからね

とはいえ、社内規則でスーツスカートが義務付けられている女性はこの限りではないのかな。

僕が経営者の立場だったら、デスクワーク中は見た目を気にせず、しっかり冷え対策して欲しい気もしますが…。

スポンサーリンク

3.のぼせにくい

デスクワークの冷え対策(健康足首ウォーマー)

足首ウォーマー)は3組セットを色違いで購入しました(黒・紺・茶)。色違いだと順番に使えて、長持ちするかなと思ったので!

デスクワークの冷え対策にレッグウォーマーがおすすめの理由、最後3つ目はのぼせにくい点。

「のぼせる」という表現は大げさかもしれませんが、足元から暖めると、首や上半身を暖める場合と比べて、頭がボーっとしにくくなる実感があるんです。

ぼく(なごやっくす)
足湯って、のぼせにくい&全身がぽかぽかになりますよね。アレに似た感覚です

僕と同じレッグウォーマーを試してみたい場合は以下からどうぞ。参考までに、楽天市場で購入しております。


効率的にデスクワーク中の体を暖めたいなら、レッグウォーマーがイイ感じだよというお話でした。

ぼく(なごやっくす)
コレに味を占めた僕は、就寝&外出時にもレッグウォーマーを着けるようになりました。重宝してます

途中でチラッとお見せした、僕のデスクワーク環境については、以下の記事に詳しくまとめていますよ。