きのこの栄養別ランキング!8種類のキノコを5部門で徹底比較!


「有名な、きのこ(キノコ)たちの、
 栄養別ランキングを、知りたい!」


なんて、思ってませんか??


きのこ 栄養 ランキング


野菜中心の生活をしている人にとって、
味や食感のアクセントになることもあって、

毎日の食生活に、ちょくちょく
取り入れたくなる食材といえば、
きのこ(キノコ)類!


で、せっかく、きのこを料理に使うなら、
たっぷりの栄養が含まれている種類を
チョイスしたいのが、本音ですよね!


そこで、今回は、
きのこの栄養素ランキングと題して、


  • 生しいたけ(椎茸・シイタケ)
  • エリンギ
  • 生まいたけ
  • ほんしめじ
  • えのきたけ
  • 松茸(まつたけ・マツタケ)
  • マッシュルーム
  • なめこ


これら8種類の、超メジャーな
きのこたちを、五訂食品成分表に
記載の数値を元に、


  • カロリー
  • 食物繊維
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • カリウム


これら5つの栄養素ごとに比較し、
ランキング形式にして、まとめました。

きっとコレを読むことで、
新たな発見があること、
間違いなしですよ^^


ということで、まずは早速、
カロリーについてのランキングから、
一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク


一番栄養のあるきのこはどれ?部門別ランキング!


ダイエットに効果的なのは?カロリーランキング


ランキングきのこの種類カロリー(kcal)
第1位エリンギ24
第2位松茸23
第3位えのきたけ22
第4位生しいたけ18
第5位生まいたけ16
第6位なめこ15
第7位ほんしめじ14
第8位マッシュルーム11
(可食部100グラムあたり)


それぞれの、きのこに含まれるカロリー
(エネルギー)は、ご覧のとおり!


カロリーに関しては、ダイエットに興味の
ある方が多いと思うので、この先ご紹介
していく栄養素とは逆に、下位に注目すると、

可食部100グラムあたりのカロリーが、
一番低い(少ない)のは、マッシュルーム!


個人的にマッシュルームには、アメリカ
よく食されていることもあり、他のきのこより
カロリーが高いイメージがあったので、

正直、このランキング結果は意外でしたね^^


それからエリンギが、これらのきのこの中で
一番カロリーが高いのも、新たな発見。


他のきのこと比べて、含まれている水分
ちょっとだけ少ないのも、ランキングの順位に
影響していると思いますが、

1日の摂取カロリーを、できるだけ低く
押さえたい方は、マッシュルームやしめじを
食べるのが、賢い選択だといえそうです。


お次は、腸内環境を整えてくれる
キノコはどれなのか、食物繊維
関してのランキングに移ります。

スポンサードリンク


腸内環境に良いのは?食物繊維ランキング


ランキングきのこの種類不溶性食物繊維(g)
第1位松茸4.4
第2位エリンギ4.0
第3位えのきたけ3.5
第4位生しいたけ3.0
第5位ほんしめじ2.6
第6位生まいたけ2.4
第7位なめこ2.3
第8位マッシュルーム1.8
(可食部100グラムあたり)


腸内環境を整えてくれる栄養素
として有名な、食物繊維をもっとも
多く含むきのこは、松茸!


個人的に、食べているときの食感的には、
えのきが一番、食物繊維が多いのかな、
という印象を持っていたので、

こちらの、ランキング結果も、
意外といえば意外でした^^


便通を改善したい!と思っている方は、
松茸はさすがに高価なので、ちょっと
脇においておくとして、

エリンギやえのきを食べるように
すると、意識的にも、腸によい影響を
与えることができるかもしれません♪


ちなみに、記事を読み進めていくと
よく分かると思いますが、きのこの
中でも超定番のしいたけは、

ほぼすべてのランキング項目で、
安定的に中位に位置しており、
さすがだなって感じがします(笑)


なお、慣れていないと結構迷いがちな、
しいたけの切り方については、
この2つを参考にしてください。↓

しいたけの切り方!鍋に入れるならコレ!わかりやすい動画も!しいたけの切り方!鍋に入れるならコレ!わかりやすい動画も!

しいたけを鍋に入れるときのオススメの切り方について、動画も交えながら分かりやすく解説しています。かさ(傘)の部分に切り込みを入れる理由(ワケ)についても要チェックです。

しいたけの切り方!BBQにはコレがベスト!軸の美味しい食べ方も!しいたけの切り方!BBQにはコレがベスト!軸の美味しい食べ方も!

BBQ用のしいたけの切り方と下ごしらえの方法について、軸(石突き)の部分を美味しく食べるコツや、ジューシーなしいたけを味わうための焼き方についてもご紹介しながら、まとめています。

疲労回復に効くのはコレ!ビタミンB1ランキング


ランキングきのこの種類ビタミンB1(mg)
第1位生まいたけ0.25
第2位えのきたけ0.24
第3位エリンギ0.14
第4位T生しいたけ0.10
第4位T松茸0.10
第6位ほんしめじ0.08
第7位なめこ0.07
第8位マッシュルーム0.06
(可食部100グラムあたり)


炭水化物を、エネルギーに
変換してくれる栄養素として、
必要不可欠な、ビタミンB1。

疲労回復に効果がある、とも
言われているので、ぜひ積極的に
摂りたい、栄養素の1つですよね^^


で、そんなビタミンB1を一番豊富に
含んでいるきのこは、まいたけ!

第2位の、えのきたけとともに、
頭ひとつ飛びぬけた数値を、
記録しているので、


「最近、疲れが気になる…」


という方は、まいたけやえのきを
バターソテーなんかにして食べると、
エネルギーが湧いてきそうですよね。

そして、アンチエイジングも
期待できる、ビタミンB2
ランキング結果は…

スポンサードリンク


Let’sアンチエイジング!ビタミンB2ランキング


ランキングきのこの種類ビタミンB2(mg)
第1位ほんしめじ0.50
第2位生まいたけ0.49
第3位マッシュルーム0.29
第4位エリンギ0.28
第5位生しいたけ0.19
第6位えのきたけ0.17
第7位なめこ0.12
第8位松茸0.10
(可食部100グラムあたり)


ビタミンB2は細胞の再生や、脂肪・
糖質の代謝に関わるので、老化防止
のためにも、ぜひ摂取したい栄養素!


で、先ほどのビタミンB1ランキングも
ふまえたうえで言うと、

まいたけは、ビタミンB1(第1位)と
ビタミンB2(第2位)、どちらも豊富に
含んでいる、ビタミン優等生だと言えますね!


さらに、先ほどのランキングまで、
良くも悪くも、すべて最下位(第8位)に
位置していた、マッシュルームが、

このビタミンB2のランキングでは、
第3位まで躍進してきて、個人的には
ちょっと、ホッとしています^^


というのも、すべてのランキングで
下位に沈んでいたら、それはもう、
きのこと言うよりも、

ただただ、中身がスカスカの食べ物、
ってことに、単純に言えば
なっちゃいますからね(笑)


(といいつつ、なめこが、
 まだまだ、安定的に下位にいるのは、
 ココだけの話です^^;)


で、記事冒頭の2つのランキング
(カロリー・食物繊維)と比べて、
今ご紹介した、ビタミンB1・B2は、

より「栄養」を摂っているという、
実感が湧きやすいですよね。


なので、


「とにかく、栄養豊富なきのこを食べたい!」


という方は、ビタミンが豊富に含まれている、
まいたけやエリンギを積極的に食すのが、
大正解だといえますね^^

スポンサードリンク


高血圧の方にイチオシ!カリウムランキング


ランキングきのこの種類カリウム(mg)
第1位エリンギ460
第2位松茸410
第3位マッシュルーム350
第4位えのきたけ340
第5位まいたけ330
第6位ほんしめじ300
第7位生しいたけ280
第8位なめこ230
(可食部100グラムあたり)


カリウムは、体内の余計な塩分を
排出してくれるはたらきがあるため、
高血圧の方に、オススメの栄養素。

それから、筋肉のエネルギー代謝を助け、
疲れを取ってくれるとも言われています。


よく、カリウムを豊富に含むバナナ
食べると、足がつりにくくなる、なんて
言いますが、要はそれと同じですね^^


で、そんなカリウムを一番豊富に
含むきのこは、エリンギ!

エリンギは、カロリーも少し高めな分、
これまでのランキングを振り返ってみても
どの栄養素も、バランスよく含んでいるので、


個人的には、改めてこの結果を見て、
焼肉や焼き鳥を食べるときには、メニューの
片隅
にポツリと載っている、エリンギを!

常に、あわせて注文するようにしようと、
ひそかに、心の中で誓いましたね。笑


ちなみに、先ほどもチラッと触れた、
ランキング下位の常連・なめこは、
このカリウム部門でも、なんと最下位。


ということで、なめこは、


「独特の食感を楽しむ、低カロリー食品」


という、栄養的にはあえて
何も触れない位置づけにしておくのが、
一番かもしれません^^;


なめこ汁のイラスト


全てのランキングが出揃ったところで、
一度要点をスッキリまとめましょう!


まとめ&松茸の生産量が一番多い都道府県はどこ?


今回は、代表的なきのこ8種類を、
これまた、きのこに含まれている
代表的な5つの栄養素別に比較し、

それを、ランキング形式にまとめたうえで、
ズラリと、ご紹介してきました。


最後にもう一度、今回、きのこたちの
栄養を比較してみて分かったことを、
ギュッ!と、凝縮してまとめておくと、


  • ダイエットが気になるあなたに!
    カロリーが一番低いきのこは、マッシュルーム!

  • 便通を改善したいあなたに!
    食物繊維が一番豊富なきのこは、松茸!

  • ビタミンB1・B2を豊富に含む、
    ビタミン優等生のきのこは、まいたけ!

  • 高血圧が気になるあなたに!
    カリウムを一番豊富に含むきのこは、エリンギ!


こういったカタチになりますね^^


いや~しかし、今までは思い込みで、
マッシュルームはアメリカっぽいから
カロリーが高そうだなぁとか、

松茸は高級食材だから、食物繊維の
イメージなんて全然ないよなぁとか
思ってました。


しかし、今回のランキングを見て、
ヘンな先入観を持つのは良くないな、
と改めて感じましたね(笑)


「きのこのランキング」つながりで、
松茸の産地や輸入先をランキング形式
にしてまとめた記事はこちら。↓

松茸の産地ランキング!日本一なのは?海外からの輸入量は?松茸の産地ランキング!日本一なのは?海外からの輸入量は?

松茸の産地に関する2つのランキング「日本国内の都道府県別・松茸生産量ベスト9」と「日本の松茸輸入先・産地国ベスト8」についてまとめています。予想外の結果も出ていて面白いですよ。


さらに、この下の関連記事のところには
途中で出てきた椎茸の切り方に加え、


  • しいたけのイチオシ保存方法
  • 袋詰めのきのこに賞味期限が書いていない理由
  • 冷凍や加熱した際のキノコの栄養の変化


こういった、キノコについて
記事を多数ご用意していますので、

お時間のある人は、どうぞ
このまま下へとお進みください^^

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ